FC2ブログ
お昼にLINEでYOさんから連絡をいただいて、仕事帰りに自宅でお会いしました。YOさんはいつも当日にLINEで連絡をくださるのですが、平日ですと仕事の関係もありなかなかお会いできずにいたのですが、このところ仕事のほうもさほど忙しくないのでようやくという感じでお会いできました。

YOさんは歩いて帰ることができるくらいお近くなので、仕事帰りにちょっと寄っていくという形で舐め犬を利用されています。そういうこともあり、他の方とは違って、大変短い時間でさっさと気持ちよくなって帰られるのです。前回同様に、長くしていないのでムラムラが溜まって我慢できない状態とのことです。お会いしてからリビングでちょっとお話をして、すぐにシャワーを浴びていただきました。シャツは着たままで、下半身だけを脱いで、シャワーで洗う感じです。私が歯を磨いている間に寝室でお待ちいただきました。

ベッドで横になっておられるYOさんの足元へ移動して、太ももの下へ腕を通して抱きかかえるようにして、太ももの内側から舐めさせていただきます。いつもすぐに逝ってしまわれるので、できるだけゆっくりと楽しんでいただくために、かなりソフトになじめました。脚の付け根から感じてこられたところで、YOさんは少し大きく息をして、気持ちを整えられています。小陰唇のひだへ舌が達すると、少しだけ、あ~、と声を上がられながら、ひだの上から舌を上下させると、気持ちいい、とおっしゃいます。ひだの間へはすぐには舌を差し入れないようにして、ひだの両側をもてあそぶように舌で左右に動かしたりします。

ようやくひだの間に舌を差し入れたところで、YOさんも脚に力が入ってきて、すでにかなり感じておられるようです。ペロペロと舐める感じから、唇を付けたままで舌を離さないようにして左右に動かすようにし始めると、ヒクヒクとしてくるのが分かりました。そろそろ逝かれるかなと思いつつも、普通ならば少し押し付ける力を入れるところなのですが、まだ10分の経っていないくらいでしたので、できるだけ長く楽しんでいただくように、あくまでソフトに舐めていました。それでも、ヒクヒクは止まらずに、あ~逝きそう、とおっしゃって逝ってしまわれました。逝かれている間は舌を少し押し付けるようにしますが、逝き終わると舌を離さないとくすぐったいとのことで、舌を離してしまいます。

いつもは1度逝かれるとそれで終わりになるのですが、今日はもう一度逝けそうということで、少し落ち着いてから再びクンニをさせていただきましたが、ほんの少し舐めているだけで、再びヒクヒクとなって、あっと言う間に2回目も逝ってしまわれました。それで、多分2回逝っていただいたのは、最初にお会いした時以来のような気がします。どうやら、軽く舐めさせていただいていたので、1回目は軽く逝ったので、2回目もできたとのことです。

YOさんは満足されるとシャワーへ行かれて、帰り支度です。家に来られてから、ここまででまだ30分も経っていないくらいです。YOさんとしては時間をかけてゆっくりというよりも、こうしてムラムラする時に、仕事かえりにちょっと立ち寄ってクンニで逝かしてもらうのが合っているとのことです。お近くの方だからこその舐め犬の使い方ですが、今のところYOさんだけですね、こんな風な使い方をされるのは。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/736-2a1cbe91