FC2ブログ
この連休はお約束していた方が生理になって舐め犬の予定はなくなったので、のんびりと過ごしていたのですが、お昼前にITさんから久しぶりにメールをいただいて、今日お会いできれば、ということでしたので、うまい具合に今年最初の舐め犬としてお会いすることができました。ITさんとお会いするのは2回目になりますが、前回はなんと2年半くらい前になります。昨年の同じ時期にも連絡はいただいたのですが、予定が合わずにそのままになっていました。当時は20代半ばで就活に東京へ来られた時の空いた時間にお会いしたのですが、就職されてこちらの方へ引っ越して仕事をされているとのことでした。

でも、2年半ぶりにこうしてお誘いいただけるのも嬉しいことですね。今も舐め犬を続けていてよかったと思います。結構時間はかかるのですが、用賀の方まできてくださいました。2年半ですが、しっかり社会人になった感じがしました。お会いする前に最初にお会いした時のブログを読み返してみて、そうそうこんなことをおっしゃっていたなと思いだしたりしていました。用賀の駅でお会いして、家の方まで来ていただきました。リビングで少しばかりお仕事のことなどをお話をしてから、シャワーを浴びていただきました。バスタオル1枚を身体に巻いて出てこられたので、暖かくしておいて寝室の方へご案内します。

201501121932492d0.jpg

挿入されるのが痛くて、それで舐め犬が合っているとのことで、最初にメールをいただいたのですが、今でもやはり挿入は少し痛いのだそうです。ベッドで横に入らせていただいて、太もものあたりを触らせていただきます。ムチッとした感触がとても気持ちのいい太ももをされています。ベッドの中央で横になっていただいて、足元の方へ移動して、太もものあたりから舐めさせていただいたのですが、それだけでもかなり感じておられるようでした。前回は最初で緊張もあったとはおもいますが、そのころよりは感じやすくなっておられるような気がしました。脚の付け根のあたりまで舌を進めて、小陰唇のひだの行側あたりと舐めているうちに、脚を閉じてこられて、声ももれて、気持ちよさそうにされていました。

前回は結局逝ってはいただけなかったので、今日はどうかなと思っていたのですが、感じやすそうなのでぜひとも逝っていただきたいなと思いました。小陰唇のひだをゆっくりと下から上へ舐めあげたりしながら、少しひだの間にも舌を這わせてみます。溢れてきた愛液の味を楽しみながら、徐々に舐める範囲を広げていきます。膣の入り口あたりを念入りに舐めた後は、アナルのあたりもゆっくりと舐めていきます。アナルを舐めていると時折膣がきゅっと締るときがあって、感じておられるのかなとは思いますが、もしかしたらくすぐったかったのかも知れません。

舌を平たくしてクリトリスも全体を覆うようにして舐めていましたが、割とすぐにクリトリスも固くなってきて、形がはっきりと舌で感じられるようになってきました。太ももの裏あたりも熱も持ってきましたので、腕を伸ばして乳首も触りながら舐めさせていただいていると、ITさんも、あ~、と声をあげられて、逝かれたような気がしました。ITさんは逝くときに、逝く、とはおっしゃらないので、後でお聞きしたところ何度か逝ってしまわれたそうなので、多分この時も逝かれたのだと思います。少しこわばっていた身体から力が抜けています。

そのまま続けて舐めていましたら、ITさんが徐々に身体を横向きにされたので、それに合わせて横になって舐めていましたが、くるっと反対をむいて、お尻の方を舐めさせていただいたりもしました。プルンプルンしたお尻に顔を押し付けるようにして舐めるのも気持ちがいいものです。多分何度目か逝っていただいた後に、ITさんから電マを使ってみたいとおっしゃるので、引出しから取り出して用意をしました。メールをいただいたときにも、クンニとともに電マとかも使ってみて欲しいとおっしゃっていました。普段のオナニーもオモチャを使っておられるとのことです。

電マをクリトリスの上あたりに当てて、感じていただきながら、途中からは空いた舌で乳首も舐めさせていただきました。ITさんは乳首がかなり感じるらしくて、電マとかなくても乳首を舐めているだけで逝きそうな感じでした。電マで逝きそうになられたのですが、おしっこが出そう、ということで途中で電マはOFFにしました。通常のクンニに戻りながら、身体中も手のひらでまさぐるようにしていましたが、そのころには身体のいろんなところの感度を上がって気持ちよさそうにされていました。クンニをしているとITさんが自らクリトリスが剥けるようにされたので、直接舐めるくらいのほうが気持ちがよいのかと思い、そのあとはクリトリスを直接舌で舐めさせていただきました。前回はちょっと痛くなってしまったとのことでしたが、十分に感じてこられたので、直接でも大丈夫になったのでしょうね。

最後にクンニで逝かれた後にうつ伏せになっておられたので、私が後ろから背中を舐めながら、下半身は手で軽く触ったりしていましたが、ここで再び電マをONにして、後ろから股間に差し入れる体勢で感じていただきました。少し振動を強めにして電マをあまり動かさずにクリトリスへあたるようにしていましたが、だんだんITさんが自ら腰を使って電マへ擦り付けるようにされて、最後には電マでも逝ってしまわれました。

201501121932314d1.jpg

外ももう暗くなっていましたし、ITさんは今日はあまり遅くなれないとのことで、ここで舐め犬は終わりになりました。久しぶりにまた写真のほうも撮らせていただいて、ブログも書かせていただきました。前回逝きそうで逝かなかったのが嘘のように、とても感じやすい身体になられて再開ができて、私も嬉しかったです。独身でいらっしゃるし、仕事が忙しくないときには、ちょくちょく舐め犬として使っていただけたら嬉しいなと思います。用賀まで来ていただくのはちょっと遠いかもしれませんので、平日の仕事終わりなんかもいいかもしれないですね、とかお話をしました。

何度か逝かれてちょっと眠くなられたそうですが、シャワーを浴びていただいて、用賀の駅の方までお送りしました。3連休の最後で、こうしてクンニを楽しませていただけて、よい休暇でした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/747-c172f6f9