FC2ブログ
LLさんからはLINEで昨年に初めてメッセージをいただいて、少しお話などをさせていただいていましたが、今日お会いすることになりました。30代半ばの独身の方ですが、待ち合わせ場所では服装ですぐに分かって、もっと若く見えてすらっとしたスタイルの方でした。待ち合わせ場所に早く着き過ぎたとのことで、その間に私が甘いものが好きとブログに書いているのを思い出されてシュークリームを買って待っていてくださいました。綺麗な方なのですが気さくにお話もできて、途中でおにぎりと飲み物などを買ってラブホへ向かいました。

ラブホへは久しぶりに入るとのことでちょっとテンションが上がっておられましたが、とりあえず、おにぎりを食べながら少しお話をさせていただきました。そのあと、シャワーを浴びていただいて、白いガウンを着てでてこられました。入れ替わりに私がシャワーを浴びに行って、その間に、ラブホの照明などをいろいろ触りながらちょっと楽しそうにしておられました。お話しているときにはすごく緊張されていると言っておられましたが、そんな感じで緊張も和らいだかと思っていましたが、私がシャワーを終えてベッドの横へ入ると、やはり緊張されているとのことです。

2015011323251947a.jpg

布団の中ではLLさんの太もものあたりを触らせていただきます。すべすべして気持ちのよい太ももをされています。スマートな方なのでムチムチというよりもプルンとした感じです。実際に舐め始めたほうが早く緊張もほぐれるかなと思い、掛布団をはいで足元のほうへ移動します。脚の間に入らせていただいて、太ももの内側にソフトに舌を這わせていくと、それだけでも少しピクンと反応されて感じておられるのが分かります。脚の付け根から小陰唇の周りを舐めて、徐々にひだへと近づいて行きます。少し肉厚なひだの上を、そっと下から上へと舌を動かしていくと、LLさんの声も大きくなってきました。

今日が初めてですので、どんな舐め方がお好みかを確かめるようにゆっくりと舌を動かしていきます。膣の入り口あたりを舐めさせていただくと、LLさんの声のトーンも変わって、ここも気持ちがよいのが分かりましたので、じっくりと舐めさせていただくと、LLさんも少し腰を浮かすようにして舌が全体に届くようにしてくださいます。そのころにはひだの中は愛液のヌルヌルでいっぱいです。それを舌に絡めるようにして、ひだからクリトリスの周りへと舌を絡めていきます。だんだんとクリトリスも固さを増して、大きくなってきているのが分かります。少し太ももの裏あたりも熱を帯びてきたので、かなり感じていただけているのが分かります。

徐々にクリトリス周りを舌で押すのを強くしていって、それとともに腕を伸ばして、LLさんの胸へ手を伸ばします。指の先でLLさんの柔らかな乳首が固くなっていくのを感じながら、指先でかるくはじくようにしていると、LLさんの声も大きくなってきます。何度かクリトリス周りを強めに舌で押すようにして舐めているうちに、LLさんが、あ~、とおっしゃって逝っていただくことができました。LLさんは緊張で逝けないかも知れないと思っていらっしゃったそうですが、舐め始めたときからすごく感じやすい身体をされているなと思っていましたので、そのとおりに逝っていただけてよかったです。逝ったあとも舌を離さずに押し付けるようにしていましたが、その間、LLさんは、あ~、とかなり長い間声を出し続けておられました。

後でお話を伺うと、ずっと逝っているというのではなくて、逝ったあとの敏感になったところを続けて刺激されて、思わず叫んでおられたとのことです。一度逝っていただけたので、そのあとはしばらく身体を落ち着けてくださるようにと、ソフトに舐めさせていただきます。落ち着かれたかなというところで、クリトリスをむき出しにして直接舐めてみるようにしました。痛くはないかと思いましたが、気持ちいいとおっしゃるので、時折唇を押し当ててクリトリスをむき出しにした状態で舌で刺激させていただきました。強くすれば逝けるというものでもないので、クリトリスから膣の入り口あたりを交互に舐めさせていただきながら、もう一度くらい逝っていただけそうかなと思いながら、舐め続けてみます。

はやり乳首はかなり感じるらしく、舐めながら胸の方へ腕を伸ばすとLLさんの声のトーンが変わります。何度か逝きそうな感じになりましたが、最後にはLLさんも身体をこわばらせて逝けるように頑張ってくださって、もう一度逝っていただくことができました。この時も舌を離さないでいたらLLさんがずっと叫ぶようにして、かなり長い間身体をガクガクとさせておられました。私が舌をはずすとLLさんの呼吸も落ち着かれたので、横に並んで少し乳首を舐めさせていただきましたが、敏感になり過ぎてもう無理ということで、休憩させていただきました。

20150113232550f0c.jpg

買ってきてくださったシュークリームをおやつに食べながらお話をしましたが、逝くときにはやはりかなり身体に力を入れないとダメだそうで、2回目は逝きそうな感じがかなり長く続いたので、結構疲れてしまわれたそうです。ラブホで時間も限られますので、ちょっと逝っていただくことに集中してしまいましたが、軽いクンニでまったりと楽しんでいただくのも大切だと思いました。またお会いできたら今度はゆっくりと時間をかけてクンニをさせていただきたいところです。オナニーの話をしていた時に、LLさんもムラムラする時は朝からすることもあるそうで、お会いしている独身の30代の方の多くがそんな風におっしゃっているので、射精するとちょっとだるくなってしまう私からすると、なんだか楽しそうで羨ましいです。

今日初めてお会いするわけですが、ブログを読んで私のことも少し知っていてくださったりして、楽しくお話もさせていただけました。駅までご一緒しましたが、行き先が反対で私の電車が先にきましたので、向かいのホームにいらっしゃるLLさんと手を振ったりしてお別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/748-350f2fc5