FC2ブログ
昼間は少し寒さも和らいだかと思ったのですが、やはり夜になるとかなり寒さが身に沁みますね。寒いからかこのところちょっと腰がだるい感じだったのですが、今日はかなり背中のほうまでつらいくらいに凝っていました。そういえばと、ロキソニンが残っていたなと思って飲んでみたのですが、1時間ほどするとすっきりと何のだるさも感じなくなりました。ロキソニン恐るべしですね。まぁ、鎮痛剤ですから痛みを感じなくなっているだけで、腰がよくなったわけではないですから、明日はマッサージでしっかりとほぐしていただこうと思います。

以前に黒ストッキングの話をしましたが、会社への行き帰りなど電車に乗っているとやはり女性に目がいくものです。そんな時に女性のどこを見ているのかを考えてみると、舐め犬でたくさんお会いさせていただけるようになってから変わってきたのではないかと思うようになりました。

クンニをさせていただくという点では、やはり腰から下、太もも、ふくらはぎ、足首あたりを見てしまうのですが、単にスタイルを見ているというよりもこの女性にクンニをさせていただいたとしたらどんな感じになるかなと妄想を膨らませながら見ています。しっかりした腰回りの方の場合は、その腰に手をまわしながら太ももの間に挟まれる感触を思いながら、短めのスカートで太ももが見えている場合は、太ももに挟まれて暖かな感触を思いながら、見ていたりします。

直接の感触から妄想は広がって、クンニのときの表情とかに移っていきます。舐め始めるまでのちょっとした恥ずかしさと緊張が含まれた表情、クンニで舌の感触を楽しみながら少しのんびりとベッド横になっておられる時の表情、そして、逝きそうになってから逝ってしまわれるまでの苦しそうな表情、何度も何度も逝ってしまって余韻を楽しみながらまどろんでおられる時に完全に無防備な表情。クンニのそれぞれのステップでこの方ならどんな表情になっていくのだろうかと考えていると、電車の中も暇を持て余すことはありません、反対に楽しくなってきますね。

舐めの視点とは関係ないですが、寒くなるとパフパスした感じのブーツみたいなのを若い方はよくはいていますよね。着ぐるみの足のところだけ切り取った感じで、靴底もぺったんこだし、色気はないのですが、あれはいて歩いているのを見ているの結構好きなんですよ。ブーツの深さは微妙で、そんなに深くもなく、かといって短くもない中途半端な深さのがいいですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/752-559c9c98