FC2ブログ
珍しく平日で2日連続になりましたが、MDさんとお会いしてきました。今日で試験が終わったとのことで、しかも生理だったので全然オナニーもできずにいたところで、いつもは家においでになっていましたが、ラブホへも行ってみたいとのことで、外でお会いしました。やはり平日は空いているみたいですが、今日のラブホも飲み物とかフリーでケーキとかもあるところで、MDさんはこういうラブホは初めてらしく少しテンションが上がっていました。

今日の部屋は洗面が部屋にあるので脱衣場所が独立してないのでシャワーを浴びるときに見えてしまいMDさんはかなり恥ずかしそうでしたので、ベッドの方の見えないところまで移動してシャワーから出てこられるのを待っていました。ガウンを着て出てこられて、かわりに私がシャワーを浴びます。その間に部屋の照明を少し暗くして、待っておられましたが、もう何度もお会いしているのですが、やはり始まりは恥ずかしいみたいで少し抱き合うようにして落ち着いていただきました。その時にガウンの上から乳首を軽く触らせていただいたのですが、それだけでも身体がぴくっとなるくらいに敏感になっておられます。

2015012800173080f.jpg 20150128001852ad2.jpg

落ち着いたところで、掛布団を全部下へ落として太ももから舐めさせていただきます。太ももに舌が触れただけでもやはりピクッとなって感じておられます。最近は最初は軽くという方向で舐めさせていただいていますが、小陰唇に舌が近づくにつれてMDさんはもう声を出してしまうくらいに感じておられて、クリトリスのあたりに舌が触れると、すでにかなり大きく形もはっきりとする状態です。皮の上からかるく舌でさわるだけで、ヒクヒクとしています。試験終わりで存分に楽しみたいのではないかと思い、いつもより早目にクリトリスを中心に舐めさせていただくことにします。

クリトリスの上あたりでほんとに軽く舌を左右に動かしているだけで、ヒクヒクが連続します。さすがに時々はクリトリスから舌をはずして、膣の入り口あたりを舐めさせていただきますが、こちらもかなり気持ちがよいようで、こちらに舌を移動するたびに愛液の量が増えています。ほんの短い時間で逝ってしまわれたのですが、そのまま舐めていても大丈夫そうなので、舌を軽く触れるようにしているだけでクリトリスが固さを取り戻します。まだクリトリスを直接刺激するのは早そうでしたので、皮のうえからクリトリス全体を覆うようにして、少し強めに舌を押す付けるとすぐに逝ってしまわれます。徐々にクリトリスを直接刺激するようになっていきますが、クリトリスもどんどん大きく固くなって、吸い込むようにしながら先端の下側を刺激するととても気持ちよさそうです。

何度も続けて逝っていただいている間に、気が付くとMDさんは腰から下が汗でびっしょりになってしまっています。MDさんは気持ちよくて逝きそうになると舌からクリトリスをはずすように腰を上下させたりするのですが、腰をしっかりと両手で押さえて逃げられないようにしながら、クリトリスをどんどん舐めていきます。深く逝っているときはクリトリスも柔らかくなってしぼむのですが、そのあとまたすぐに固くなって大きさもどんどん大きくなってくるようです。連続して逝っていただいているとさすがにMDさんの呼吸もかなり激しくなってきていましたので、少し休憩にして休んでいただきました。

呼吸が整うとそんなに疲れていらっしゃらないようで、起き上がって私のものを手で触りながら大きくしてくださいます。そのあと口でしてくださってしっかりと立ったところで、挿入したいとおっしゃって、私の上に乗って挿入をされました。何度も逝かれたあとなので、挿入するとかなりきつくて、入れているだけでもやはりヒクヒクしているのがわかりました。かなり長い間上に乗って挿入を楽しんでいただきましたが、今度は私が上になって正常位でしたいとのことで、身体を入れ替えて私が上になって挿入させていただきました。感じておられる時はかなり呼吸も乱れておられるのですが、少し静かにしていうとすぐに元気になられるようです。やはり若いので元気なんですね。

挿入をたっぷりと楽しんでいただいたので、そのあとはちょっと休憩してお話などをしていました。挿入を終えた後はほんとに身体中が汗でびしょびしょになるくらいでしたが、汗もひいてきたとことで、再びクンニを開始しました。最後はとにかくクリトリスを中心に舐め続けて、逝ったと思ったらさらに唇を押し当ててクリトリスを無理に固くして、舐め続けていると今までにないくらいに大きな声をあげて感じてくださいます。

20150128001910ec1.jpg 201501280019282ef.jpg

呼吸が荒くなったところで少し軽くするのですが、するとすぐに呼吸も落ち着いて、再び快感の中に溺れる準備ができています。最後は逝かれたあとも舌がクリトリスから離れないように腰を抱き込むようにしながら連続して逝っていただきました。少し脚がガクガクするような状態でしたが、そろそろ帰る時間となりましたので、終了とさせていただきました。今までは家でゆっくりと時間をかけてクンニをさせていただいているのですが、それにしても今日のMDさんの乱れ方は激しくて、時間もあっという間に過ぎてしまいました。

外へ出てみると少し雨がぱらついていましたが、天気予報で言っていたほどには寒くはなっていなくてよかったです。駅へ向かっている途中で雨のほうもほど止んで、改札のところでお別れしました。MDさんは試験であまり睡眠もとれていなかったとのことで、帰ったらすぐに寝るとおっしゃっていました。試験が終わった解放感と久しぶりのクンニで存分に楽しんでいただけたようで、よかったです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/756-1ec9d372