FC2ブログ
今日はバレンタインデーでしたが、少し前にメールをいただいたMMさんとお会いしてきました。40代の元奥さまですが、私と同じくらいの身長ですらっとした感じの方でした。待ち合わせ場所から芝居の話などをしながらいつも行くラブホへ向かいました。土曜日の夜ですし、バレンタインデーですので空いているかなと思ったのですが、やはりかなり多くのカップルがロビーで待っていましたので、諦めて別のホテルを探すことにしました。次のホテルも部屋のランプは全部消えていたのですが、受付のおばちゃんから今掃除中だからと声がかかって、少し待って部屋に入ることができました。シティホテルみたいな感じでシックな落ち着いた部屋でした。

MMさんに先にシャワーを浴びていただいて、続いて私がシャワーに入ります。その間、ホテルのガウンを着てソファーで待っておられました。一緒にベッドへと上がって、少し身体を触らせていただいてから、舐め始めようとしたところで、最初は少しハグしてほしいのおっしゃるので、少し抱き合いながらキスをして、気持ちを落ち着けていただきました。初めてですし、いきなり脚から舐め始めると緊張してしまいますよね。ガウンの上から身体を軽くまさぐるようにしているだけで、すでにMMさんは感じ始めているようです。落ち着いていただいたところで掛布団をすべて下に落として、脚の方へ移動して舐め始めさせていただきました。

2015021501304758c.jpg 201502150131129e4.jpg

身長が高いほうなので、MMさんは脚もすらっとして、太ももは筋肉が少しついた心地よい固さをされています。太ももの内側から舐め始めましたが、舌の感触に感じてくるのを呼吸を整えようとして耐えておられるような感じです。すでにパンティははいておられなかったので、脚の付け根あたりをゆっくりと舐めながら、徐々に小陰唇のひだの近くまで舌を進めていきます。ひだの両側を上下に舐めたりしているうちに感じてこられたようで声も徐々に漏れてくるようになります。膣の入り口あたりに舌を置いて軽く動かすようにすると、ここが気持ちがよいポイントのようで、かなり声も大きくなって、両手で脚を抱えるようにして舐めやすくしてくださいます。最後にクリトリスの上あたりを舐めていきましたが、少し固くなったクリトリスの形が皮の上からわかります。

膣の入り口とクリトリスを交互の舐めているうちに、クリトリスではかなり感じてこられたようです。舐め始める前には強すぎる場合は言ってくださいといつもお伝えするのですが、もっとしてもらっていい、とおっしゃるので舌を強めに押し付けるようにしてみると、これまでで一番大きな声をあげられました。MMさんは強いのがお好きなのだと思って、舌をクリトリスへ押し付けるようにすると、MMさんも腰を動かしながらクリトリスを私の舌へ押し付けてこられます。MMさんの声の大きさも持続していますので、そのまま皮をめくってクリトリスを直接刺激してみたところ、ほとんど叫ぶようにしながら逝ってしまわれました。そのあとは少しソフトにして舐め続けてMMさんも呼吸が落ち着いてきました。しかし、すぐに固さを取り戻したクリトリスを再び強く刺激すると、同じように大きな声を出して感じておられます。

一度逝った後は膣の入り口あたりもこれまで以上に感じるらしく、舌を少し挿入するように舐めていると、クリトリスとはまた違った感じで声をあげられます。何度か逝かれたあとに、少し休憩にさせていただいて、乳首の方を舐めさせていただきました。乳首もかなり感じるようでしたが、そのまますぐにクンニを再開させていただきました。最初は舐めながらでは私の手が乳首までは届かないかなと思っていたのですが、途中のタイミングで届きそうな感じがしたので、手をばしてみると今まで以上に大きな声をだして逝ってしまわれました。MMさんも他の女性の方と同様にかなり乳首が感じる方のようです。

もうすでにクリトリスは何度も逝ってかなり敏感になっていますので、軽く舐めながらクリトリスの固さが戻るのをまって、舌全体でむき出しになったクリトリスを覆うようにして舐めていると簡単にまた逝ってしまわれるようになりました。逝かれた後はしばし呼吸が整うのを待つようにだらんとしておられるのですが、乳首とともに大きく逝かれたあとに少し休憩をさせていただいえ、MMさんと並んで横になりました。そこで、抱き合いながら身体を触らせていただいてたりしているうちに、MMさんが私のものを触ってこられて、元気になったところで、舐めてもいい?、とおっしゃって口で元気にしてくださいました。そのあと、MMさんが上になって挿入されました。何度も逝かれたあとでしたので、挿入しているうちにかなり強く締め付けるようになってきます。(MMさんには自覚はないみたいですが)。

腰を使ってぐいぐいと奥の方へ入るとかなり気持ちよさそうにされています。ときどき、私の上にかぶさるようにしてしっかりと抱き合いながらじっとされていますが、私のものがピクッとすると、それに合わせて、あっ、と声を出して感じておられます。その時も、キュッと締るようになります。MMさんが起き上がっているときには、やはり乳首を指でつまむと感じ方が倍増するようで、クンニで逝くときのように声をあげられていました。

20150215013130508.jpg 20150215013146d57.jpg

挿入している途中でセットしてあったアラームが鳴りだしたのですが、気持ちがよすぎてそのまま放置しておいたらしばらくしたら鳴りやみました。そのままもうしばらく挿入を続けていましたが、挿入しながら指でクリトリスを触ってみると、アッと言う間に2回ほど続けて逝かれてしまいました。その拍子に抜けてしまいましたが、そのまましばし抱き合いながら余韻を楽しんで終了とさせていただきました。

最初ですし、こんなにたくさん逝っていただけるとは思っていなかったのですが、クンニの気持ちよさで緊張も取れてしまったのか、途中からはしっかりと欲望に忠実に快感を楽しんでいただけたようでよかったです。お子さんもいらっしゃるので、いつでもというわけにはいかないですが、時には今日みたいにお母さんであることは忘れて、一人の女性として快感を貪っていただきたいですね。

帰りに渋谷を通ってきましたが、ものすごい人だかりでびっくりです。学生さんはもう春休みの方が多いのでしょうね。渋谷だったらホテルの部屋も空いてなくてあっちいったりこっちいったりラブホ難民になっていたかも知れなかったですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/760-2e2fabde