FC2ブログ
金曜日の仕事終わりに少し時間が空きましたがSMさんとお会いしました。しばらくお誘いの連絡が来ないと思っていたら、そうでした、SMさんはお引越しをされていたのでした。仕事帰りで時間も短いですから2回目のラブホでの舐め犬になりました。まだそんな遅い時間でもなかったのですが、金曜日の夜ということでしょうか、よく行くホテルの部屋は2つだけしか空いていませんでした。ちょっと狭い部屋でしたが、部屋へ入って、SMさんが買ってきてくださったこしひかりのおにぎりと、ホテルのサービスのケーキをいただきました。

SMさんは暖まりたいからと湯船にお湯をはって浸かっておられたので、シャワーするなら一緒にどうぞ、というわけでSMさんが湯船で暖まっているあいだにシャワーを浴びさせていただきました。お風呂からでて、ガウンに着替えると、ベッドへ移動して横になりましたが、SMさんが、何もしてないのにもう濡れてよ~、とおっしゃって恥ずかしそうにされます。いつものように最初は少し抱き合って、手で胸のあたりを触らせていただいていると、ガウンのボタンをはずして直接触って欲しいとおっしゃるので、少し手で触った後に乳首を舐めさせていただきます。脚はSMさんの太ももの間に差し入れていますが、それだけで腰がキュッキュと動いてきてしまっています。

20150221092934c76.jpg

落ち着いたところで掛布団を下へ下ろして、SMさんの足元の方へ移動して、太ももから舐めさせていただきます。脚の付け根へと舌が進んでいくと、舐めやすいようにSMさんも脚を少し広げてくださいます。小陰唇には触れないように徐々に脚の付け根からひだの近くまでを舐めていくと、SMさんから少し声がもれてきます。ひだの両側を舌で上下させるうちにしっかりと感じてこられて、ひだの上に舌を軽く乗せてゆっくりと左右に動かしていると、SMさんのほうが待ちきれないかのように、腰を動かして舌の感触を楽しむようにされています。いつもすぐに逝ってしまわれるので、今日はいつもよりもずっとソフトにと心がけながら舐めているのですが、それだけでもSMさんの腰が小刻みに震えるようになってきます。

ここで少し強めに舌を押し付けるようにすると、多分逝ってしまわれるだろうなとは思いながら、それでもソフトにゆっくりと舌を動かしていきます。クリトリスがだんだんと露出してくるようになると、軽く舌を乗せているだけでも快感が増してしまってもうほとんど逝きそうになっておられるので、最後は少し舌を押し付けるようにしてしっかりと逝っていただきました。SMさんは腰を浮かすようにして、唸るような声を出しながら逝ってしまわれました。一度逝ってしまわれるとあとはいつでも何度でも逝けてしまわれるので、今日はやはりソフトに舐めることにして、限界になったところで逝っていただけるようにします。

逝かれる時には舌を強めに押し当てるようにしていたのですが、あとでお話したところでは、それも必要なくて感じてしまうとあまり続けて逝かないように我慢しているほどなので、ソフトに舐めているだけでも逝くときにはしっかり逝ってしまうそうです。ここまで逝きやすい方はお付き合いさせていただいている女性の中でもめずらしいのだと思いますが、普通は逝きそうになるとちょっと身体を力ませて逝く女性が多いのですが、SMさんは油断していると逝ってしまうので、逝かないようにしているとか。そういうわけで、だんだんと逝かれるときにはクリトリスへも直接舌を押し当てたりしていたものですから、快感が強すぎて長い間唸るようにして、舌を離したところぐったりと脱力されるようになっていました。

どうもクンニではすぐに逝きたいという方は別にしても、ソフトに軽く舌で触れるようにして、真綿で首を絞める、ではないですが、ゆっくりと快感を高めていただいたほうが、最終的には得られる快感の長さを深さは大きいような気がしてきました。それもあって、ソフトに舐めるのを昨年終わりから続けているのですが、最後はしっかりと逝っていただいた方がいいと思い、少し強めに舌を押し付けていたのですが、SMさんは、途中から違うじゃ~ん、といいながら快感に耐えておられました。

舐め奉仕ではめずらしく笑いの絶えないSMさんとのクンニなのですが、今日はいつもよりはやく限界になってしまってぐったりされたので、横に並んでしばし休憩させていただきます。お話をしながらSMさんは私のものを手で触って元気にしてくださいます。いつものようにそのあとは口でしてくださって、私の上に乗って挿入をされます。上に乗っていただくと女性の方の好きに動いていただけたりしていいかなと思うのですが、SMさんは好きにできるからかえって快感を貪ってしまっていつまでも終わりにできないとおっしゃいます。今日も時々腰を使って逝きそうになるとじっとされて快感をかみしめておられるのですが、だんだんと膣の締りもきつくなってきて、動かなくても気持ちよすぎるくらいになってしまい、抜くタイミングが見つからなくなってしまいました。その時に、部屋の電話がなって、結局ホテル側の間違いだったのですが、そのタイミングで抜くことができました。

2015022109301676e.jpg 2015022109294854b.jpg

最後に少し軽くクンニを再開させていただきましたが、すぐに限界に達して、再び休憩です。いつもなら落ち着いたところで、またクンニをさせていただくのですが、前回ラブホでお会いした時には時間がきてすぐに出ていくと身体に快感が残ったままで大変なことになったのを反省して、まだ時間のあるうちに終了して身体を落ち着けることにされました。そうは言ってもだいたい終わりの時間になっていましたので、SMさんは再びお風呂でかるく湯船につかってから、帰り支度をしました。

バレンタインの時も帰りに渋谷はすごい人でしたが、今日もラブホから駅への帰り道はすごい人です。金曜日というのもありますし、多分学生さんが春休みというのもあるのでしょうね。寒さもそんなに厳しくもなかったので、ゆっくりと道玄坂を下りながら駅まで帰ってきました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/761-5a8c70e0