FC2ブログ
YCさんからは先月メールをいただいて、お会いするお約束をしていました。お会いするまでの間もメールのやり取りをしていましたので、YCさんの雰囲気とかはお会いする前から分かっていた気分です。40代で私よりも少し年下の独身の方です。用賀の駅で待ち合わせをしましたが、メールの感じと同じようにちゃきちゃきした感じの小柄な方でした。家までご一緒する道すがら、かなりきょろきょろされていたのですが、帰り道をしっかりと覚えておられたようです。まぁ、駅からすぐなので分かりやすいのですが。

部屋へ着いてからリビングでお話をしました。メールでも最初はゆっくりと時間をとって欲しいとおっしゃっていましたので、持ってきていただいたお菓子などをいただきながら、いろいろとお話をしました。メールではセックスも長くしていないので、年齢を考えて女性としての楽しみを解放してみたいと考えられて、連絡をしてみたとおっしゃっていました。挿入とか胸とかもあまり感じないとのことですが、最近は少し自分でもされるようになられたとのことです。ゆっくりとお話をしていたので、お会いしてからずいぶん時間が経ってしまいましたが、そろそろしましょうか、ということでシャワーを浴びていただきました。

201503082242438fd.jpg

裸の上にバスタオルを巻いて出てこられたので、寝室へご案内しました。私が歯を磨いている間に、布団の中にくるまって暖かそうにされていました。横へするりと入って少し脚のあたりを触らせていただいてから、せっかく暖まっておられたのですが、掛布団をはずして足元の方へ移動します。脚の間に入らせていただいて、太ももから舐め始めます。まだ緊張されているのか脚に力が入っいて、脚の付け根あたりへ舌が進んでいくと、くすぐったいのか感じてこられたのか、腰をくねらすようにして、やはり脚が突っ張った感じになっています。ソフトに小陰唇のひだまでゆっくりと舌を進めていくと、少し脚の力も緩んできましたが、声を漏らしながら感じ始めておられるようです。

YCさんは身体も小柄ですが、小陰唇も小さくて舌全体で全部を覆うことができるくらいです。小陰唇のひだの両脇を舌で上下すると気持ちがよいらしく、少し声も大きくなってきます。ひだの間にはしっかりと愛液が溢れています。やはりクリトリスのあたりが一番感じるらしく、クリトリスの上あたりを舌で軽く舐めているときが、声が一番大きくなるようです。クリトリスはかなり小さめなのですぐには分かりませんでしたが、ゆっくりと時間をかけているうちに舌の感触で固くなって盛り上がってきているのが分かりました。久しぶりの舌の感触に戸惑っておられるところもあったようですが、だんだんと慣れてこられたのか、リラックスして身体を私の舌に預けてくださるような感じになってきました。

途中で身体が力んだところですっと力が抜けた感じになったので逝かれたのかと思ったのですが、そうでもなさそうでしたので、続けて舐めさせていただいていました。だんだんと太もものあたりも熱くなってきましたので、小陰唇のひだでクリトリスを包み込むようにしながら少し強めに押してみると、YCさんの腰の動きもぴたりと止まって快感が高まっていくのをしっかりと感じておられるようでしたので、そのままクリトリスのあたりに圧力がかかるように押しながら舐めていたところ、それまでよりもはっきりと分かるくらいに大きな声を出されて逝かれたようです。

逝かれた後はかなり敏感になっておられるようで、軽く小陰唇に触れても腰をくねらすようにして、声を出されます。しばらくしたらまた普通に舐めても大丈夫かなと思いながら、クンニを続けていたのですが、腰をくねらせて逃げるようにされるので、YCさんは逝ったあとに舐めるのはダメな方なのだなと分かってきました。そこで、とりあえず休憩にさせていただいて、布団をかぶってしばし抱き合うようにしていました。乳首が感じないとメールでおっしゃっていたのですが、クンニをしながらならもしかしたら違うかもしれないと、逝きそうになってこられたところで、手で乳首も触るようにしていたのですが、やはりそんなには感じないとのことでした。それよりも背中とかを手で撫でるようにした方が、ぞくぞくっとするとのことです。

しばらく休憩したあとで、再びクンニをさせていただきました。もう敏感すぎる状態はなくなって、軽く舐めるだけでも気持ちよさそうにしておられましたので、クリトリスが再び固くなってきたのを確認しながら、クリトリス周辺を丹念に舐めていきます。感度も高まったままだったからでしょうか、1回目よりもずっと短い時間で逝きそうな兆候が見えてきましたので、1回目と同様に小陰唇のひだでクリトリスを包み込むようにして、強めに押していくと、声を大きくして再び逝っていただけました。そのあとも少し舐めさせていただきましたが、やはり軽く舐めてみても敏感になり過ぎているようですので、再び休憩とさせていただきました。

20150308224305abf.jpg 20150308224321fa5.jpg

休憩中はやはり抱き合うようにしていましたが、布団をかぶって暖かくしているので、私もちょっとうとうととしてしまいました。1回目よりもちょっと長めにゆっくりとさせていただいたので、そろそろ大丈夫かなと思い、もう一度クンニをさせていただきます。ゆっくり休んだのですが、YCさんの敏感さはまだ少し残っているようです。それでも、YCさんがどんな風にすると逝っていただけるのかだいたい分かってきましたので、軽く舐めていきながら、そろそろかなというところで、同じように舐めてみるとやはり同じように逝っていただくことができました。

ちょうど時間のほうも周りが暗くなってきましたので、3回逝っていただけたところで、舐め犬の方は終了させていただくことになりました。今日初めてお会いしますし、YCさん自身も久しぶりのことでしたので、どうかなと思ってはいましたが、しっかりと3回も逝っていただけてよかったです。やはり40代の方は若い方よりも逝きやすいような気がします。身体が成熟して快感を受け入れやすくなっているのでしょうか。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/764-4c759197