FC2ブログ
KTさんはいつも時間は空くのですが数か月に1度くらいの頻度でお誘いをいただきます。今回も割と早くからお会いする日にちを決めていました。そんなにテンションが高くはなく落ち着いた感じでお話もされるのですが、不思議といろいろお話が進んでしまう感じです。用賀の改札で待ち合わせをして、家まできていただきました。リビングで少しお話はしましたが、お会いした時間がいつもより遅いので、あまり時間もないようでしたので、さっそくシャワーを浴びていただくことにしました。花柄の春らしいスリップで出てこられて、寝室のほうへご案内しました。

前回お会いした時のブログを読んでみると、舐め方がKTさんにとってはちょっと強すぎたようでしたので、今回は出来るだけソフトにゆっくりと逝っていただけるようにしようと思います。強いのが好きな方が続くと、ついつい舐め方にも力が入ってしまうもので、いつも気をつけてはいるのですが、逝きそうになられたところですっきりと逝っていただきたいと思うと、ついつい力が入ってしまうことがあります。オナニーで指でするのよりは舌は柔らかくて刺激もソフトだとよく言われますので、そのソフトなままでじんわりと逝っていただくのがいいのだろうなと最近は思っているところです。

201503211955343c9.jpg

ベッドに横になられている隣へ入らせていただいて、しばらく太もものあたりを触らせていただきます。少し時間も空いていますので、やや緊張もあるかなと思いつつ、掛布団を下へ落として脚の間に入らせていただきました。もちもちっとした太ももの内側を舐めさせていただきながら、脚の付け根あたりへきたところで、パンティをとらせていただきました。脚の付け根から小陰唇にひだまでゆっくりと舌を進めていきますが、今日のKTさんは静かに横になっておられます。ひだの両側あたりをゆっくりと上下に舐めていきますが、少し吐息が聞こえるくらいでじっくりと舌の感触を味わっていただきます。後で、お話を伺ったところでは、今日はいけるのかな、と思われていたそうです。

ひだの間に舌を差し入れていくとにじみ出てきた愛液の味わいがわかります。クリトリスは小さい方ですので、まだあまり固くなってきている感触もないので、全体に舌がいきわたるように軽く舐めていきます。少し固くなってきたクリトリスの形が分かってきたところで、皮の上から舌で小刻みに刺激していくと、ようやくKTさんも少し声も漏らし始めました。無理はせずに、同じようにソフトな舐め方でひだのあたりを上下に舐めてみたり、クリトリスの周辺へ戻ってペロペロと舐めたりしているうちに、KTさんも時折身体をよじるようにして、声も大きくなってこられました。まだ、逝きそうな感じでもなかったので、同じような舐め方を繰り返して徐々に性感を高めていただきます。

そうしているうちに、クリトリスもしっかりとした固さになって、その周辺を舐めているとKTさんの反応もしっかりとでてきました。クリトリスの上を刺激しているうちに、尿道あたりがヒクヒクとしてきます。それと同時に太ももの裏側もかなり熱くなってきましたので、そろそろ逝かれるかなと思ったところで、KTさんが、逝く、とおっしゃっるので、舌を少し強めに押し当てるようにして、逝っていただくことができました。逝くとおっしゃってからしばらくは舌をクリトリスに付けたまま刺激を続けていますが、少し長めにKTさんは声をあげながら感じておられます。ようやく息も落ち着いてきて、静かになったところで、クリトリスから舌をはずして、脚の付け根あたりをゆっくりと舐めさせていただいて、余韻を楽しんでいただきます。

今までは一度逝かれると休憩をしていたようなのですが、軽くなめている分にはそのまま続けていても大丈夫そうでしたので、休憩はせずにクンニを続けさせていただきました。一度しっかりと逝っていただいたので、もう感度も高まって、クリトリスも敏感になっていて、軽く舐めさせていただいているうちに、クリトリスの固さもしっかりともとに戻ってきました。1度目に逝かれた時よりもずっと短い時間でヒクヒクするようになってきましたので、もう一度逝っていただけるかなと思い、軽く同じ調子でクリトリスには直接舌が当たらないようにして、舐めさせていただきます。ヒクヒクの頻度も高まって、太ももも熱くなったところで、やはりKTさんが、逝く、とおっしゃって、2回目も逝っていただけました。逝っていただいている間に、まだクリトリスの固さがあったので、さらに刺激を続けていると、再び、逝くとおっしゃって、1度目よりも長い間声をあげながら喘いでおられます。喘ぎが落ち着いたところで、横に並んで休憩させていただきましたが、KTさんも、ぐったりって感じ、とおっしゃってしばらく静かに横になっておられました。

20150321195551b37.jpg 2015032119560532f.jpg

そのあと、しばらくお話などをさせていただいていたのですが、まだ少し時間がありそうでしたので、再びクンニを始めさせていただきました。2回目と同じように、すでに十分に感じておられるので、しばらく舐めているだけで、クリトリスも固く、形もはっきりしてきて、ヒクヒクがはじまりました。ここであまり強く舐めてしまうとダメなので、ヒクヒクの具合を確かめながら、軽くクリトリス周辺を刺激させていただきます。するとやはり2回目と同じように、ヒクヒクの頻度が増えてきたところで、しっかりと逝っていただけました。最初は全く静かに舌の感触を味わっていただいていましたが、最後は舐めている間ずっと声を出して感じておられました。このまま時間があれば何度でも逝っていただけるのではないかという感触です。

逝っていただいた後に休憩して、KTさんの身体を触らせていただいて、お腹のあたりからクリトリスへと手を伸ばしていくと、ひだの間には愛液がいっぱいに溢れて、指がするっと割れ目の中へと吸い込まれて行きます。ぬるぬるしたひだの間を指をゆっくりと動かしているうちに、KTさんも私のものを触って気持ちよくしてくださいます。しばらくお互いに触りあいながら気持ちの良い時間を過ごしていたのですが、そろそろ時間も来てしまいましたので、舐め犬の方は終わりにさせていただきました。

帰り支度を終えてから、KTさんが持ってきていただいたケーキを一緒にいただきました。私も甘いものが好きですが、KTさんもお好きなようで、モンブランのケーキでしたが、おいしい、とおっしゃって嬉しそうに食べておられました。KTさんはいつもお話しする時は自然体というか、普段の感じでお話されるので、こちらもすんなりと会話ができるのでしょうか。お話しながら癒される感じの方です。食べ終わってから駅の方までお送りして、お別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/768-d1223ad3