FC2ブログ
MDさんと昨日の日曜日にお会いしました。いつもならその日のうちか翌日の朝にはブログを更新するのですが、夜にテレビを見ているうちに爆睡してしまいまして、今日になってしまいました。今年はMDさんも卒論があるので、お会いしてからリビングで学校のことやらお話していました。不思議なもので、お会いしている奥様とはお子さんの大学入学の話もしているというのに、一方ではこうしてお会いしている女性の方と大学の話をしていたりして、いろいろな年代の方とお会いできて楽しい舐め犬生活だと思います。ひとしきりお話も終えたところで、MDさんにシャワーを浴びていただきました。

バスタオルをまいてシャワーから出てこられる時はいつも恥ずかしそうにされていますので、すぐに寝室の方へご案内して布団に入っていただきます。その間に私は歯を磨きに行くのですが、一人で寝室でまっていると手持ち無沙汰になるでしょうね。寝室へ戻ると、もうそんなに寒くもないので、さっそく掛布団を下へ落として、横になっていただいたMDさんの太ももの間に入らせていただきます。モチモチよりはちょっと柔らかめの太ももをゆっくりと舐めながら舌を脚の付け根の方へと近づけていきます。ポイントに触れると時々軽くですが身体がピクッと反応されます。

20150329195438e5a.jpg

小陰唇のひだの近くまでゆっくりと舌を近づけていきますが、ここまでは静かに舌の動きを感じ取ってくださっているようです。それでも、ひだに直接舌があたるようになると少し声が漏れてきます。それとともに、まだ触れるか触れないかくらいなのに、すでに尿道周りがヒクヒクとしてきます。いつも感じやすいMDさんではありますが、クリトリスのあたりももうぷっくりとしています。クリトリスを包皮と一緒に包み込むようんして舌で刺激をしていると、さらにヒクヒクの頻度が増してくるようです。時折クリトリスを離れて膣の入り口あたりを舐めるのもお好きみたいで、ちょっと声のトーンも変わって感じておられます。

膣への挿入がお好きな方の中には、こうして膣の周りを舐めていると、内側から盛り上がってくるような感じになる場合があるのですが、MDさんも膣を舐めていると時々そんな風になります。膣の周辺はやはり多くの方が気持ちがいいようなのですが、ただ、このあたりを舐めていて逝った方はまだいないところをみると、クリトリスよりは刺激は穏やかなのかなと思います。それから、またクリトリスの方へと戻ると、膣の快感を感じているうちに待ちわびたように声も大きくなって感じておられます。もういつでも逝っていただけそうな感じにはなっていますが、あまりすぐに逝ってしまうのも、なんなんので、少し軽めに舐めたりしながら、逝くまでの時間を引き延ばしてみます。

そうこうするうちに、MDさんが腰を少し持ち上げるようにして、私の舌へクリトリスを押し付けるようにしてこられたので、少し強めにクリトリスを押すようにして、逝っていただきました。MDさんは逝くときは、こうして身体をこわばらせてあとに、逝ききると脱力してしまわれます。逝ってすぐ後はさすがに軽く舐めるのですが、MDさんのクリトリスはすぐにも大きさを取り戻すので、またちょっと押すようにして舐めるとまた逝ってしまわれます。だんだんとその感覚も短くなるようなのですが、逝ききったように見えてまだクリトリスが完全にしぼんでいない場合は、さらに刺激を続けると、またすぐに逝ってしまわれるようです。ただ、あまり無理やりクリトリスを固くしようとするとちょっと強すぎてヒリヒリしてしまわれますので、注意しなくてはいけないのですが、ついつい力がはいってしまったりします。

何度も逝っていただいてかなりぐったりされていたので、しばし休憩をさせていただきました。腕枕をしながら、身体を触らせていただいて、脚をMDさんの股間へ挟んでいただきます。まだ余韻がたっぷりと残っているクリトリスを私の脚に押し付けるようにして、新たな快感に浸っておられます。しばらくして、MDさんが快感に浸りながらも私のものを手で元気にしてくださって、しっかり元気になったところで、上に乗って挿入されました。身体を起こして腰を動かしたり、私に身体を預けるようにして、挿入している感触を楽しんだりされたあとに、珍しく私に上になって欲しいとおっしゃるので、上にならせていただきました。2つの体勢で結構長い間挿入の方もさえていただいていたのですが、MDさんの膣がだんだんと締りが強くなってきて、最後には私のものもまだしぼんでいないのに、きつ過ぎて入らなくなってしまいました。

クンニでたくさん逝っていただいた後に挿入していると膣がすごく締るのはいつものことなのですが、まだ元気なうちからきつ過ぎて入らなくなってしまったのって、初めてではないかと思います。少し元気がなくなってきて押し出されてしまうのはよくあるのですけれどね。それで、ひとまず休憩にして、ベッドで横になりながらいろいろとお話をしました。

2015032919545808d.jpg 201503291955566d5.jpg

ひとしきりお話をしたあとにまたクンニを始めさせていただきましたが、もう十分に感じておられるので、軽く触れるだけでやはりヒクヒクを繰り返して、すぐに逝ってしまわれます。また、何度も連続して逝っていただいて、かなりぐったりとされていたので、休憩にしたのですが、若いから元気があるのでしょうか、すぐにまた私のものを触って元気になってくると、上に乗って挿入もされました。また、だんだんと締り方がきつくなってきていたのですが、頃合いのいいところで、私の上から降りられて、終わりになりました。

もう外もかなり暗くなってきていましたので、買ってきていただいた水菓子をいただきました。いつもはプリンのMDさんなのですが、今日は珍しく和菓子を買ってきてくださいました。MDさんを駅の改札までお送りしてから、ご飯を食べて、テレビを見ていたわけですが、ここで爆睡してしまうとは、やはり体力も落ちてきているのかもしれないです。一晩寝たらすっきりとして、元気に仕事には行きましたが、仕事の疲れとは違って身体を動かした疲れでぐっすりと眠るのは気持ちのいいものですよね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/770-0ab42e7e