FC2ブログ
すっかり気候も暖かくなって気持ちのいい季節に突入しましたね。だいたい1月に1回くらいのペースでお会いしていたSMさんですが、2か月ほど間があいてお会いすることになりました。家へ来ていただいてから、リビングでなんだかんだといろいろなお話に花がさいてしまって、1時間ほどお話をしてしまったので、SMさんが先に気が付いて、そろそろシャワーを浴びなくちゃ、ということで、シャワーを浴びていただきました。今日はピンクのスリップで、胸のところがちょっとレースになって乳首が透けています。私の歯磨きが終わってから寝室へご案内します。暖かくなったとはいえ、ちょっと暖房をしないと肌寒いくらいですから、少しだけ暖房をいれて暖かくしておきました。

ベッドの横に入らせていただいて、いつものように最初は抱き合って気持ちを落ち着かせていただきます。最初は話の流れで爆笑しながらでしたら、だんだんと言葉もなくなって、股間に差し入れている私の脚をしっかりと挟みながら、乳首を軽く触っているだけですでに感じてきておられます。三角枕を使ってみますか?、ということで、腰の下に挟んでいただいたのですが、腰を少しあげていかにも舐めてください的な体勢になるのが少し恥ずかしかったようです。太ももの間に入らせていただいて、脚の付け根へと舐めていくのですが、今日は何やらこの時点からSMさんの様子がいつもと違って、これだけでも脚がガクガクとなっています。久しぶりというのもあって、前日に舐められる感触を思い出しながら、エアー舐め犬をしてムラムラされていたそうなのですが、それもあるのかも知れません。

20150418223534883.jpg

パンティを脱いでいただいて、今度は小陰唇のひだへ向かって徐々に舌を近づけていくのですが、やはり脚はガクガク状態です。いつもすぐに逝ってしまわれるので、今日もできるだけソフトに始めて逝くまでの感触を味わっていただくようにします。すぐに逝ってしまうのはSMさん自身もよく分かっているので、いつも逝かないように我慢されているとのことなのですが、今日は舐め始めてすぐにも油断していると逝ってしまいそう、ということで、最初から逝かないように我慢されていたそうです。あまりクリトリスの周りだけを舐めていると逝ってしまわれるので、膣の周りなども舐めたりします。膣の入り口は気持ちがよいようですが、それでも逝ってしまわれるほどでもなさそうですので、ちょっと安心して舐めることができます。

徐々に我慢も限界になってくると、SMさんの方から腰を押し付けてくるようにされるので、そろそろ逝っていただいた方がいいかなと思い、少し強めにクリトリスへ舌を押し当てるようにしてみると、やはりそのまましっかりと逝っていただけました。う~、という声とともに逝ってしまわれると、それまでそり気味だった腰の力が抜けて脱力されるので、そのあとはしばらく舌を離して、それからまたソフトに軽く触れる程度にクンニを再開します。何度かラブホでお会いするのが続いたので、その時は時間も限りがありますし、できるだけ逝っていただくようにしていましたが、今日は時間もあるのであまり連続して逝っていただくのも疲れてしまわれるだろうと思い、2回目以降も舌の動きもゆっくりにして舐めさせていただくのですが、それでも今日はアッと言う間に2回目、3回目と逝ってしまわれました。特に乳首を触りながら舐めてしまうとすぐに逝ってしまわれます。いつもよりも短い時間ですが、限界に達してしまわれたようなので、ここでちょっと休憩させていただきました。

しばらく横になってから、SMさんが私のものを元気にしてくださって、上になって挿入されました。挿入する時にいつもよりもきついので、私のが大きくなった?と聞かれるのですが、そんな大きさが簡単に変わるわけもなく、SMさんが今日はいつもより感じやすくて膣が締っているので、そんな風に感じるみたいです。挿入して奥の方まで潤ってくると少しスムーズになりましたが、それでも確かにいつもよりも奥の方まできつく締っているような感触でした。私の上で抱き付いているときはいい感じの気持ちよさなのですが、SMさんが起き上がるとちょうど奥まで届いてどこかに当たるらしく、そのまま続けていると我を忘れて腰を使ってしまいそうになるので、ダメダメと言いながら再び抱き付くような体勢に戻られます。確かに、奥の方は私も何か違った感触があるのですが、どこに当たっているのかはわからないですね。

一旦挿入してしまうと気持ちよすぎて抜けなくなってしまうそうなのですが、最後はよいしょという感じで抜いて、そのあとしばし休憩しました。SMさんが買ってきてくださったおやつがあったので、リビングでしばし休憩しながらいただきました。疲れたときのあんこ物はやはりおいしいですね。

201504182235171c0.jpg 2015041822343817c.jpg

おやつの後は、再び寝室の方へ戻ってクンニを再開です。もう舐めるとすぐに逝ってしまわれるのは分かっていますので、舌の動きもごくゆっくりと軽く舐めさせていただきます。挿入したあとに舐めさせていただいていると、感じてこられたところで、よくチナラというか、膣からおならのようにぶすぶすと空気が出たりするのですが、SMさんも今日は何度もそんな風になっておられました。指を挿入しているときなどによくわかるのですが、感じてくると膣の中の空洞がぽっかりと広がるときがあります。その時に空気が入るみたいですね。それで、そのあと今度は逆に感じて膣が締るときに一気にその空気が出るのでおならのように聞こえるようです。今日はSMさんの膣のあたりを舐めていて、空気が入って行くときと、一気に出ていくときがよく分かりました。

再びクンニのほうは限界を迎えてしまわれたので横になって少し休憩しましたが、まだ時間もあるので、再びSMさんが私のものを元気にして、挿入されました。2回目はさらに膣の締りもきつくなっているので、常に全体がギュッと握られているような感触です。途中で私に上になって欲しいとおっしゃるので、正常位で挿入されていただきました。SMさんが上になっていると、奥に当たって逝きそうになると自分で調節できるのですが、正常位ではそうもいかず、普通に挿入しているだけで奥の方にあたるらしく、時折かなり大きな声をあげながら挿入でも何度か逝ってしまわれたようです。

そのあとしばらくベッドで横になってお話をしていたのですが、時間の方も遅くなっていましたので、舐め犬の方は終わりにして、リビングへ戻ってSMさんが買ってきていただいたお弁当を食べさせていただきました。いつもならこのお弁当を食べる時間に逝きすぎた身体が落ち着いてくるのを待つのですが、今日は最後にお話をしていたので、お弁当を食べ始めるころにはだいぶ落ち着いてきていたとのことです。お弁当を食べ終わって、駅までお送りしてお別れしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/775-ffb7464d