FC2ブログ
今日はお約束していた方がキャンセルになったので、予定もなくのんびりと過ごす1日になりそうだなと、朝起きてからぼんやりとしていたのですが、ちょうどそこへOKさんから連絡が入って、お会いすることになりました。OKさんはだいたい当日か前日に連絡をくださるので、こうしてうまい具合にお会いできるときもあれば、予定が埋まっていて続けてお会いできなかったりいろいろですが、最近はいいタイミングで連絡をくださることが多いような気がします。お昼過ぎに待ち合わせをして、ラブホのほうへ向かいました。歩きながらお話をしていましたが、こんところムラムラして毎朝仕事へ行く前にオナニーをされているとのこと、今日も朝からしたとおっしゃるので、もしかしたら逝っていただけないかもとちょっと弱気になったりしていました。

ホテルでは、飲み物やらケーキ、アイスクリームなどが置いてあるので、結構たくさんお皿に乗せて部屋へ入りました。私はご飯を食べてきたので、アイスクリームにホッとコーヒーをいただきながらしばしお話をしていました。OKさんもアイスクリームを食べたところで、シャワーを浴びに行かれて、ホテルのガウンになって戻ってこられました。続いて私がシャワーを浴びている間にOKさんはケーキを食べてしまわれたようです。

ベッドのほうへ移動して、今日も前回と同じように、すこし焦らすようにして、と、できそうだったら挿入もして欲しい、とおっしゃるので、まずは軽くガウンの上から上半身を手のひらで触らせていただきます。ガウンのボタンをはずすと、乳首を口に含んでかなり長い時間じっくりと舐めさせていただきました。その間にもだんだんとOKさんは感じてこられて、途中から脚をじたばたと動かしながら少し声を漏らされ始めました。続いて反対の乳首もやはりじっくりと口に含ませていただいたあとに、徐々に下半身の方へと舐め降りていきました。お腹のあたりまできたところで、掛布団を下へ下ろして、脚の間に入らせていただくと、太ももの内側から脚の付け根までじっくりと舐めさせていただきます。今日もOKさんは胸を舐めているうちに愛液を溢れさせていて、脚の方にも愛液の味わいがします。

20150419180553adb.jpg

小陰唇のひだの近くまでゆっくりと近づいていきましたが、ちょっと舌がひだに触れてしまうと、OKさんが、あ~、と声をあげられました。ひだの先に当たるか当たらないか程度に舌を触れさせていると、気持ちよさそうなOKさんの声が聞こえてきます。クリトリス周りは軽めに触れる程度にして、愛液が溢れ出してきている膣の入り口あたりをゆっくりと舐めていきます。前回と同じように、膣の入り口に舌先を差し入れていると、舐めとった愛液がさらに溢れてくるのがわかります。

十分に感じてこられたところで、いつものようにOKさんはAVのチャネルに合わせてテレビを見ながら、クンニを楽しんでおられます。舌を平らにして下から上へと舐めあげるようにするのがお好きなようですので、しばらくの間、同じようにゆっくりと首を上下させながら舐めさせていただいたり、鼻を膣の入り口にびったりと押し付けながら、アナルの周りを舌でまさぐるようにしたりしているうちに、OKさんの太もものあたりもかなり熱くなってきていましたので、今日もクンニで逝っていただけるかなと思いながら舐め続けていきます。時折、OKさんが脚を突っ張るようにされたりしていたので、そろそろかなと少し強めにクリトリスへ舌を押し付けるようにしていましたが、何度かそれが続いたあとで、あ~逝きそう、とおっしゃって、しっかりと逝っていただけました。逝っておられる間もクリトリスから舌を離さずにいたので、かなり長い間大きな声をあげておられました。

逝かれたあとすぐに、挿入したい、とおっしゃるので、横に並んでしばらく私の固くなるのを待って、私が上になって入れさせていただきました。逝かれた後なのでかなりきつい感じでしたが、だんだんとスムーズになってきて、しばらく挿入を楽しまれた後に、腰を引き気味にされたので、そこで挿入は終えて休憩させていただきました。

休憩の間はOKさんを後ろから抱きしめるような体勢で胸やらお腹やらを触らせていただきます。その間にOKさんはテレビをAVからふつうのビデオに切り替えて観賞されています。しばらくすると私のほうは再びOKさんの脚の間に入らせていただいて軽~くクンニを始めさせていただきました。一度逝かれておられるので、まったりとしたクンニでビデオをご覧いただきながら軽い気持ちよさを感じていただきます。途中で、OKさんが横向きになられたので、それに合わせて、お尻に顔を押し付けるようにしながら、逆向きから舐めさせていただいたりもしました。アナルをかなりじっくりと舐めさせていただいたのですが、かなり気持ちよさそうにされて、アナルもヒクヒクとしていました。

また、元のM字開脚の体勢の戻って舐めさせていただきましたが、途中から胸を舐めて欲しいとおっしゃるので、乳首を舐めさせていただいていましたが、その間にOKさんは自分で触りながらオナニーをされていて、しばらくするとそのまま逝ってしまわれました。そこで、再び、もう一度入れられそうなら、、、ということで、挿入を希望されたので、今度は横向きになったOKさんの後ろから入れさせていただきました。最初はお互いにベッドに横になっていましたが、そのあと、起き上がってバックの体勢で入れさせていただきます。そういえば、最初にOKさんが挿入も希望されるようになられたころは、バックでしていたことが多かったのを思い出しました。だんだんと締りもきつくなってきて、最後は押し出されてしまったので、それで終了になりました。

朝からオナニーをしてきたとおっしゃったので、ちょっと不安がありましたが、クンニで1回、自分で触って1回、逝かれて、すっきりとされたようでよかったです。女性の場合はオナニーはいくらしてもあまりムラムラを解消するまでには至らない方が多いみたいで、クンニで逝っていただくとある程度すっきりとされるというのは、ちょっと不思議な気がしないではないですが、ムラムラが解消しないからこうして誘っていただけるわけで、舐め犬としては嬉しいことですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/776-e21fba1a