FC2ブログ
今日はほんとにいいお天気でかなり暑くなりましたね。お休みをぶらぶらと過ごしていますが、今日は久しぶりにゴルフの練習場へ行って軽く汗を流しました。以前は毎週のように行っていたのですが、最近はご無沙汰で、300打くらいでかなり疲れてしまったし、手も痛くなってきたので帰ってきました。でも、久しぶりに身体を動かしたので気持ちよいですね。平日だと空いているし、料金も安いし、快適です。昼ごはんもそこで食べてきましたが、平日ということで主婦の皆さんがやはり多いです。ストレス発散には身体を動かすのがよいでしょうけど、性欲の発散には舐め犬を使っていただきたいものです。

それで、夕方からMDさんとお会いしました。実は連休の後半にお約束していたのですが、昨日急に連絡をいただいて、その日はしてもらうとして、それでも我慢できなくなったので予定がなければお会いしたいとのことでした。この前20代の方は淡白な方が多いと書きましたが、MDさんはそうでもなさそうです。練習から帰って少し家で休憩したあとに、待ち合わせ場所まで行きました。いつものホテルへ向かいましたが、さすがに平日だけあって部屋も空いていましたし、MDさんにもこういうラブホもあるというのを知っていただけるのでよかったです。MDさんも普通のホテルみたいですねとおっしゃっていました。

2015042822440551a.jpg 20150428224425464.jpg

とりあえず少しばかりお話をしてからシャワーを浴びていただきました。この前にラブホを利用した時には脱衣所がなくて、部屋から見えてしまうのでかなり恥ずかしそうにされていましたが、ここは脱衣所をあるし、安心しておられました。私がシャワーからでると部屋の照明もいい感じに薄暗くしてあって、一緒にベッドの方へ移動しました。もう何度もお会いしているのですが、最初はやはり恥ずかしそうにされます。ベッドに横になっていただいて、まずは胸のあたりをガウンの上から触らせていただきます。お腹から脚の方までゆっくりと手のひらでさするようにしながら、今度は肌に直接触れながら、お腹の方から胸の方まで戻ってきます。その間にもMDさんの呼吸は少し荒くなってきています。

いよいよ掛布団を全部下へ落とすと、下のほうへ移動して、脚の間に入らせていただきます。太ももから脚の付け根へかけて舐めあげていきますが、脚の付け根あたりでMDさんがピクンと身体を反応させました。小陰唇のひだの上をなぞるように舌を動かしていくと、下のほうでは愛液が溢れそうにたっぷりと溜まっています。最初は軽く舐めていますが、それでもひだの両側を舐めていると、MDさんから声が漏れてきます。声を出さないようにかなり我慢をされているようで、押し殺したような声です。だんだんと気持ちよくなってくると、私が舐めやすいように脚を大きく開くようにされるので、私もしっかりと舌を広げてひだ全体を包み込むように舐めていきます。MDさんは膣の入り口あたりを舐められるのもお好きですが、ひだを口の中に吸い込むようにして、舌でチロチロとひだを舐めていくのがかなりお好きみたいで、そうするとすぐに大きな声をあげて感じておられます。

クリトリスのほうへ舌を戻してくると、すでに固くなってはっきりと形が舌に伝わってきます。軽く左右に舌を動かしていると、尿道のあたりがヒクヒクとしてきます。我慢できないとおっしゃったくらいですので、今日はいつにも増して感じ易そうです。ずっと左右に舌を動かし続けていると、MDさんが我慢できないという感じで私の舌にクリトリスを押し付けるようにされます。もう逝ってしまいたいのだな、と思って、舌を押し付けるようにしてクリトリスを包み込むと、すぐに逝かれたようで、舌を押し付けるために腰を持ち上げていたのが急に脱力されました。一度逝ってしまわれるとほぼ際限なく逝けるようになられるので、そのまま軽く舐め続けていくと、やはりすぐにも腰を持ち上げるようにして声をあげられると、連続して逝かれてしまいます。

そんな風にして休みなく舐め続けていると、何度逝かれたのかも分からないくらいに連続して逝かれます。時には逝かれたあとも舌の力を緩めずにクリトリスへ押し当てるようにしていると、ずっと苦しそうに声を出されて逝きつづけられるのですが、最後に舌をはずすと脱力されてかなり激しく呼吸をされます。逝きづづけるにしたがって、クリトリスの大きさも少しずつ大きくなって、途中からは半分以上が露出するようになって、その上を軽く舐めていると、すぐにもヒクヒクとしだして、何度でも逝かれてしまします。それに伴って膣の周りの感度も上がってくるのでしょうか、膣へ舌を差し入れると、膣の入り口が広がったりする反応が出てきます。

逝かれたあとの呼吸がかなり苦しそうになってこられたので、少し休憩をしていただいた方がいいかなと思い、クンニを中断しました。横に並んで布団に入りながら少し胸なども触らせていただいていましたが、そのまましばらくお話などをして過ごしました。割と長い間舐めていたし、お話も結構したので、クンニを再開する前に時間を確認したところ、あと舐められるのは15分ほどしかなかったので、短くはなりましたがすぐにクンニを再開しました。

201504282244397c4.jpg 2015042822471524e.jpg

もう何度も逝かれているので、クンニを再開してからものの数分で再び連続で逝ってしまわれるような状態になられました。何度か逝かれたあとに、挿入もしたい、とおっしゃるのですが、もうほとんど時間がないですよ、というのと、昼に身体を使ってちょっと疲れているので立たないかもしれない、と言ってみましたが、私がパンツを脱ぐと最初は手で触られていて、すぐに口でしてくださいました。なんとか入りそうなくらいには勃起したところで、MDさんが上になって挿入されました。何度も逝かれたあとなので、かなり気持ちがよいらしく、腰を動かしてみたり、じっとして感触を味わってみたり、されています。でも、やはり途中で固さがもたずに抜けてしまって終わりになりました。

そのあとはいつも持ってきてくださるプリンを今日も買ってきてくださっていたので、それを一緒にいただきました。モロゾフのプリンでしたが、昨今のゆるゆるのプリンとは違ってしっかりしたカスタードのプリンはかなり美味しかったです。こういう時の甘いものはやはりおいしいですね。しかし、最近ちょっと太ってしまったので、この連休中には間食は控えるようにして、体型を戻したいところです。

ホテルを出るとちょうど夜風が気持ちいいくらいの涼しさになっていました。MDさんは新宿のラブホ街あたりなどはあまり足を踏み入れたことがないそうで、ラブホが立ち並ぶ中を抜けて、区役所通りのオカマバーやキャバクラなどを興味深そうに眺めながら、駅の方まで一緒に帰ってきました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/779-f876a27a