FC2ブログ
今日も良い天気で若干涼しいかなと思っていましたが、昼になるとやはりかなり暖かくなりましたね。今日はMSさんとお会いしました。少し前の週末にお約束していましたが、生理になられたのでキャンセルとなって代わりが今日になりました。この記事を書こうとして、月曜日からお会いしている方との舐め奉仕の回数が3人そろって10回目になっているのに気が付きました。パチンコではないですが、3つそろってなんだかいいことがあるとよいのですが。10回というとかなりな回数に思いますが、その都度楽しく舐めさせていただいているので、もう10回もお会いしたんだなぁと意外な感じがします。

MSさんはいつものように車で家まで来てくださって、下へ降りてお待ちしているつもりが、すでに到着されていました。リビングでしばらくあれこれと30分ほどお話をした後に、シャワーを浴びていただきました。MSさんはピンクのスリップを着て出てこられて、寝室で私が歯を磨いているのを待ってくださっている間に布団の中に潜り込んでおられました。その横へ入らせていただいて、最初はしばらく抱擁の時間です。抱き合いながら胸を触らせていただいたり、太もものあたりからスリップの中へ手をもぐりこませて少しずつ上の方へ移動したりしながら、性感を高めていただきます。心もほぐれてきたところで、掛布団を落として、M字開脚の体勢で脚の間に入らせていただきます。

20150429192315707.jpg

太ももの内側から脚の付け根へと舐めていきますが、脚の付け根を舐めているときに小陰唇のひだに軽く触れてしまうと、身体をピクンとさせて反応されます。MSさんは舐めているときもそうなのですが、感じるポイントに舌が触れると急に身体をピクンとさせて反応されることがよくあります。小陰唇のひだの両側を舐めていきますが、下の方を舐めていると愛液が膣の入り口付近に溜まっているのが分かります。ひだは比較的短い方ですので、感じてきてひだも充血してくると舌で分け入っていかなくてもすでに開いていて、その中を下から上へと舐めあげるのがお好きのようで、それまでよりも大きめの声を出して感じておられます。膣の入り口あたりを舐めながら、時折舌を差し込んだりしますが、感じてこられると膣の内側が開いてくるようになります。中のほうへ舌が届くような感じになるので、気持ちがよいみたいです。

クリトリスの周りは軽めにゆっくりと舐めていきますが、徐々にぷっくりと形がはっきりとしてきます。クリトリス周りを舐めているときも声が漏れますが、膣の周りを舐めている時とはちょっとトーンが違うみたいですね。クリトリス周りを時間をかけて舐めていると、太もものあたりが熱くなってきましたので、そろそろ逝かれるかなと思い少し強めに舐めてみます。MSさんも腰をうき気味にして身体に力が入って逝こうとされているのが分かります。逝きそうになりながらもまだ逝けなさそうでしたので、舐め方もすこし軽めにして様子を見ることにしました。同じような感じで、逝きそうかな、ということが何度かありましたが、今日はなかなか逝っていただけない状態が続きます。

MSさんもかなり汗をかいておられましたが、逝きそうになるたびに確実に感度は上がってきているようで、声も大きくなってきます。そして、とうとう、MSさんが大きな声をあげながら逝っていただくことができました。逝っていただいた後も少し強めにクリトリスを推すようにしていると、快感が続いているようで、しばらくの間声をあげながら身体をくねらせて感じておられました。一度逝ってしまわれるとそのあとはクリトリスも敏感になっていますので、軽く舐めるだけでもかなり感じておられました。そして、時折クリトリスの先に舌が当たると、あっ、と少し大きな声をあげて反応されます。

かなりお疲れになったかなというところで少し休憩をさせていただいて、横に並んで乳首を触らせていただきます。呼吸も落ち着いてくるとMSさんは私のものを触って元気にしてくださいます。同時に、私が指でクリトリスを触っていたところ、再び逝きそうになられたようで、いつもならこのまま挿入されるところなのですが、もう一度舌で逝かせて、とおっしゃるのでクンニを再開して敏感になったクリトリスを舐めさせていただきます。少しして逝っておられる間に、さらにクリトリスを先を刺激していくと、さらに連続して絶頂を感じておられるようです。

20150429192300bb4.jpg 2015042919213131a.jpg

再び限界になったところで、再び休憩させていただくことにして、しばし抱き合いながら身体を休めました。お互いに疲れも取れたところで時計を見てみると結構いい時間になっていましたので、最後にもう一度舐めさせていただくことにしました。最後なので少し強めでも大丈夫かなと思い、クリトリスを下から舐めあげるようにして、舌がクリトリスの先端に当たるようにしていました。敏感になっているところを刺激したので、MSさんが、あ~、とこれまでにないくらい大きな声をあげられます。ぐいぐいと舌で押していくと、MSさんはぐっとこらえるようにして、快感に耐えておられるようでした。クリトリスがしぼんでいく間は強めに押すようにして、そのあとまた軽く舐めるようにすると、クリトリスの固さが戻ってぷっくりとしてきます。そうするとまた強めに押すようにしてを繰り返していきます。最後はMSさんがもう限界というところで終了となりました。

少し足元がおぼつかない感じがするとおっしゃいながら、シャワーを浴びに浴室へと入っていかれました。その間に、いただいたケーキの準備をして、着替えて出てこられたところで、二人でケーキをいただきました。シャワーから出てこられたところでは、すでにMSさんはしっかりさせていて、すっきり感があるとのことでした。太ったのでダイエットと考えてはいますが、舐め犬のあとに一緒に甘いものをいただくのは、疲れた後でもありますし、いいですよね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/780-0e32a27f