FC2ブログ
金曜日にIYさんからメールをいただきました。用賀あたりでマッサージを探していたところ、ひょんなことからこのブログに行きついたそうです。そのまますんなりとお会いすることになり、用賀で待ち合わせをしました。メールでは中肉中背とおっしゃっていたのですが、お会いしてみると背も高めですらっとしたスタイルの方でした。アラフォーで元奥さまです。そのまま家までご案内して、リビングでちょっと一息飲み物などを飲んだあとに、あまりあれこれお話をするよりも先に舐めさせていただいた方が、IYさんも緊張がとけやすいかなと思い、シャワーを浴びていただきました。

バスタオルを巻いて出てこられて、私が歯を磨いている間に少し待っていただきます。初めて会った男性の家ですぐにも寝室へ入ってすこし緊張されていたようですが、長めの脚を触らせていただいてから、横になっていただいて、すぐに舐め始めさせていただきました。太ももの内側にキスをするように舌で触れながら、だんだんと脚の付け根へと近づいていきます。脚の付け根のところを舐めているとちょっとだけピクッとされたりしていました。パンティをはいておられたので、脱いでいただいて、小陰唇の周りへと舌を進めていきます。このあたりでIYさんからも少し声が漏れだしました。

小陰唇の周辺をゆっくりと舐めた後に、小陰唇のひだの上を舌でそっと触れたときには敏感な部分ですので、あ、と声をあげられました。私も舐めさせていただいていて、この瞬間が一番楽しみなときです。そのあとはひだに沿って舌を上下にゆっくりと動かしていきます。ひだの間にもうっすらと愛液が溢れてきました。クリトリスの上から舌で全体を覆うようにして、軽めに左右に舌を動かしていると、IYさんの声のトーンも変わってかなり感じてくださっているようです。クリトリスもだんだんと固さを増してきて、舌の中ではっきりと形が分かってきます。その時点で、すでに尿道のあたりがヒクヒクとされていましたので、かなり感じやすい方なのだろうなと分かります。

IYさんも緊張だとれて気持ちよさに身体を任せるようになっていただけたようで、舐めやすいように脚をだんだんと広くひろげていってくださいます。太ももの裏のあたりもかなり熱くなってきておられたので、もうすぐ逝かれるかなと思っていたのですが、時折大きな声で感じておられましたけれども、逝くまでにはいたりませんでした。クリトリスだけでは単調なので時折膣の入り口あたりへ舌を伸ばしてみますが、こちらもかなり感じるらしく声が大きくなります。クリトリスの上で今度は少し軽めに舐めていたところ、それくらいの強さが一番良いらしく、かなり大きな声をあげられて、そのまま、逝きそう、とおっしゃって、脚を少し閉じるようにすると、しっかりと逝っていただけました。逝っていただいている間も舌をクリトリスから離さないようにして、押す付けるようにしていると、かなり長い間逝っていただけたような気がします。

そのあとも舐め方を軽くしてそのままクンニを続けていました。一度逝かれたので全体に敏感になっておられるようで、軽く舐めているだけでもかなり感じておられます。膣のほうへ舌を持って行くと、入り口がしっかりとしまっているのが分かります。少し舌の先を入り口に入れて舐めていたところ、膣の中が内側から盛り上がってきます。これまでたくさんの女性の方を舐めさせていただきましたが、膣の内側が盛り上がってくるようになるのは3人目のことです。顔を股間に押し付けるようにしてさらに舌を奥に入れるようにするとますます内側が盛り上がってきて、舌がさらに膣の奥に届くような感じになります。

途中ですこしトイレに行くのに休憩させていただきましたが、そのあとは、しばらく乳首の方を舐めさせていただきます。舐めているときにも時折IYさんは自分で乳首を触っておられたので、乳首もかなり感じるようです。しっかりと乳首を舐めさせていただいた後は、再び下のほうへ移動してクンニを再開させていただきます。軽く舐めているだけで、ヒクヒクとしてきて、太ももの裏も熱くなってきていましたが、IYさんも、逝きそうなのに逝けない、とずっと逝きそうな感じを漂っておられます。

一度目はいい感じに逝っていただけましたので、2回目も逝っていただけるかなと思いましたが、かなり感じておられるのですが、最後のところがポイントが外れているのか、なかなか逝っていただけませんでした。それでも、かなり気持ちよさそうにされているので、特に舌を広くして下からペロンと舐めあげるには大きな声で反応されていて、焦らないで気持ちよい感じを楽しんでいただくことにします。私も2回目は無理かなと思い出していたのですが、クリトリスを包皮の上から包むようにして、軽く舌を動かしていると、ああだめ、逝きそう、とおっしゃって2回目もしっかりと深く逝っていただけました。

最初からなんとか2回は逝っていただけたので、よかったです。舐め終わったあとにブログの件をお話しすると、あまり乗り気ではなさそうでしたので書くのはやめていたのですが、今朝メールをいただいたときに、書いてもらうのも興味深いかも、とおっしゃってくださったので、書かせていただくことができました。本当はすらっとしたスタイルのよい身体の写真もよかったのですけど、残念ながら写真はなしです。次回またお誘いいただいたら、お願いしてみようかなと思います。これから暑くなりますし、シャワーを浴びて涼しい部屋でじっくりとクンニを楽しむにはいい季節になりましたしね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/791-bfb42655