FC2ブログ
CHさんから最初に連絡をいただいたのはちょうど連休のころだったのですが、予定が合わずにお会いできませんでした。この間再び連絡をいただいて、うまく予定が合いましたのでお会いすることができました。CHさんは用賀の近くに住んでおられて、自転車なら普通に来れるくらいのところにお住まいとのことです。今日は生憎雨模様でしたので、バスで用賀まで来られることになりましたので、駅のところで待ち合わせをしました。40代ですが思ったよりも背の高い方でした。実際に舐め犬をお願いするかどうかは、お互いにお会いしてから決めましょう、とおっしゃっていましたが、私で大丈夫とのことで、家のほうまでご案内しました。

連休前くらいにこのブログのことを知って、用賀ということで近くでもあり興味を持っていただいたそうです。リビングでお話をしているときに、まだ逝くという感じがはっきりとはないとおっしゃっていたので、クンニで逝っていただけるかちょっと不安もありましたが、やはり40代になってから性欲を少し強く感じるようになられたそうです。あまりクンニばかり長時間経験することもないでしょうし、逝けなくてもゆっくりと舌の感触を楽しんでいただければよいかなと思っていました。しばしお話をした後にシャワーを浴びていただきました。黒いレースのおしゃれなスリップ(?)で出てこられて、背が高いのでその下から延びている脚がすらっとしてきれいでした。寝室の方で私が歯を磨くのを少し待っていただきました。

とりあえずベッドの上に横になっていただきました。シャワーを浴びたてで少しまだ暑いとのことでしたので、少しばかりエアコンの温度を下げて、しばらくすらっとした脚を触らせていただいていました。少し落ち着いたところで、脚を広げていただいて、その間に入らせていただきます。筋肉が合ってしっかりとしまった太ももをされていて、その内側から唇を触れさせていただいて、徐々に脚の付け根へと移動して行きました。黒いパンティをされていたので、パンティの際までたどり着くと際にそって舌を滑られていきます。そろそろということで、パンティをとっていただいて、小陰唇のひだのまわりをゆっくりと舐めていきます。小陰唇のひだの上にい舌を乗せるようにして、そのあとはひだの両側にそって舌を動かしていきます。CHさんからも少しだけ声が漏れてきました。

ひだの間には愛液がたっぷりと溢れています。舌に絡めるようにしながら小陰唇のひだを舌で包むようにしながら左右に動かしていきます。CHさんはそのあとも割と静かに舌の感触を味わっておられたのですが、後で伺うとやはり普通のマンションなのであまり声を出すと聞こえるのではないかと気にされていたそうです。だんだんとひだのほうも充血して柔らかくなってきましたが、クリトリスはかなり小さい方のようで最初のうちは舌の先でもあまり分からないくらいの大きさです。焦らないようにゆっくりと軽めに舌を動かしながら感じていただきます。時々膣の入り口あたりも舌で覆うようにして舐めていますが、新しい愛液が少しずつ溢れてくるのが味わいでわかります。このあたりを舐めていると少し声が漏れたりしていましたので、やはり気持ちがよいようです。

そのあとは、クリトリスのあたりを舌で覆いながらじっくりと左右に動かしながらCHさんの感度が上がってくるのを待っていました。徐々にですがクリトリスも固さを増してきたのか舌の感触で何とか分かるくらいになってきました。そのまま同じ調子で舐め続けていたところ、急に尿道周りのあたりがヒクヒクとしだして、かなりそれが続きました。CHさんの呼吸も少し乱れた感じになっていたのですが、この時に逝っていただけたそうです。初めてなので、多分あれが逝けたのだということだと思う、とおっしゃっていました。そのあとはしばらく身体から力が抜けたようになっておられましたので、舐める方も軽くゆっくりにしてできるだけ余韻を楽しんでいただきました。

連続して舐めさせていただいていたのですが、途中で少し休憩させていただきました。そこでCHさんの方から上に乗るのもしてみたいとおっしゃるので、顔面騎乗でのクンニも楽しんでいただくことにしました。最初は通常の顔面騎乗の向きで上になっていただいて、クリトリスのあたりを舌のところへ持ってきていただいたり、膣のあたりを持ってこられた時には舌を中まで差し入れるようにして舐めさせていただきました。そのあとは、反対に69と同じ向きでも上になっていただきました。こちらの向きですと、クリトリスのあたりを舌で包むようにして舐めるのに向いているみたいです。小さかったクリトリスですが、そのころにはクリトリスの周りも充血してふっくらとしているので、全体を舌で包むようにして舐めさせていただきました。

顔面騎乗が終わったところで胸もほうも舐めて欲しいとおっしゃって乳首を舐めさせていただきました。これまで舐め犬でお付き合いのある方の中では珍しくCHさんはかなり胸が大きくて、手で触らせていただいてもしっかりとボリュームがあります。私の膝をCHさんの股間に当たるようにしながら両方の乳首をゆっくりと舐めさせていただきました。そのあとは再びM字開脚の体勢でクンニをさせていただきました。クリトリスの形もかなりはっきりとして、少しだけ先が剥けている感じです。むき出しになったところを少し舌で舐めさせていただいていたのですが、脚がガクガクとしてくるようになって、やはり直接では刺激が強すぎるみたいです。1回目に逝かれた時と同じようにクリトリス全体を包むようにして軽く舌を左右に動かしていたところ、1回目と同じように尿道周りがヒクヒクとして、再び逝っていただけました。

はっきりと逝ったことがないとおっしゃておられたので、舌の気持ちよさを感じていただければそれでもいいかなと思っていたのですが、こうして2回も逝っていただけたので、安心しました。40代になって時々ムラムラと感じるようになったとおっしゃていたので、これを機会にお近くですし少しムラムラした時には気軽にまたすっきりしに来ていただきたいものです。

シャワーを浴びていただいてから、持ってきていただいたスィーツをいただきました。夏至も近いのでまだ外は明るいかったですが、少しクンニについてお話などをさせていただきました。女性によって感じ方は人それぞれですが、クリトリスでならほとんどの方が逝っていただけますし、クンニを楽しむだけならば少しは気楽に試していただけると思いますので、これから暑くなってきますが、冷房の効いた部屋ですっきりとしていただくのにはいいかもしれません。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/793-6ec6e7aa