FC2ブログ
このところ2週続けてOKさんからお誘いをいただいたときには予定が入っていたりしてお会いできなかったのですが、今日もお昼過ぎまではお誘いの連絡が来なかったので、今日はのんびりと過ごすことにしようかと思っていたところ、昨日のブログを書き終わったところで、連絡が届いているのに気が付きました。それから、出かける用意をしてOKさんにお会いしてきました。街中にはかなりたくさんの人がいましたが、いつも行くラブホもなんとか部屋が残っていました。部屋に入ってサービスのスイーツをいただきながら、しばらくお話をして、それからOKさんにシャワーに入っていただきました。

シャワーのあとはバスタオルだけで出てこられて、そのあと私がシャワーを浴びている間にベッドの中に入って休んでおられました。2週間ほどお誘いを受けることができなかったので、かなり性欲も溜まっているかなと思っていましたが、やはり、バスタオルをほどいて最初に胸に舌を這わせたところでかなり感じておられるようです。反対側の乳首も舐めさせていただいていると、布団の中でもだえるように腰を動かしておられます。だんだんと下のほうへ移動して、バスタオルをめくっていくのですが、近々ヘアーの処理をしてもらう予定とのことで、ヘアーを沿って少しだけ伸びてきているところでした。ヘアーがなくなってから今まで以上に濡れやすくなったように感じるそうです。

太ももの間に入らせていただいて、小陰唇の周辺を念入りに舐めさせていただきます。その時には愛液がひだの間から溢れていて、愛液の少ししょっぱい味わいがします。焦らす方がよいとのことなので、すでに我慢できないように腰をくねらせておられるのですが、まだ小陰唇のひだには触れずに周りを舐めていきます。ようやく、ひだの上に軽く舌を触れさせるのですが、それだけで声が漏れ始めてきます。このあたりでOKさんはいつものようにAVにチャンネルを合わせてそれをご覧になりながらより性感を高めていきます。ひだの間に舌を差し入れてみると、愛液が溢れるように出ていて、舐めとるだけでは足りず、吸い込むようにしないといけないくらいです。

14354978920.jpeg

小陰唇の中に舌を差し入れてからは、時折膣の周りも舐めるのですが、このあたりはかなりお好きなところで、舐めていると新たに愛液がまたしみだしてきます。そして、ようやくクリトリスの周辺へと舌を伸ばして、初めは軽く触れるだけにして、徐々に全体を覆うようにしていきます。それだけでもすでに少しだけヒクヒクとしてきておられたのですが、あまり早く逝っていただくのももったいないので、できるだけ軽く触れる程度にして、クリトリス周辺を舐めていきます。もう、我慢が出来ないかのようにOKさんも太ももを緊張させて力んでこられたので、少し強めに舌を押し付けていったところ、脚を閉じ気味にしながらしっかりと長い時間をかけて逝っていただけました。

いつもならここで1回逝かれたので、そのあとは普通の映画をご覧になるのですが、今日はしばらく映画をご覧になってから、私がアナルをじっくりと舐めていたのにまた感じてこられたのか、AVの方に切り替えられて、再びクンニをじっくりと味わっていただくことなりました。しばらくするとまた太もものあたりを緊張されて、逝きそうな感じになってきていたのですが、なかなか逝っていただけない状態が続きました。昨日の方と同じで力んでいるうちに太もものあたりが釣りそうになったそうです。不思議なことなのですが、舐めていて、女性の方の太ももの裏の体温とか、ヒクヒクしてくる具合とかで、下の先のクリトリスの感触とともに逝っていただけるまでのプロセスが手に取るように分かって、あたかも自分が逝くかのようにちょうどいいタイミングで舌の押し付ける強さを強くしたりできるときがあるかと思えば、一度タイミングをはずしてしまうと、そのままどのタイミングで逝っていただけるのか分からなくなって、延々とただ舐めているという状態になるときがあります。

今回も何度も逝きそうになっているのに逝けないという状態になってしまって、少し考えながら舐めていたのですが、どうしてもより強く刺激を加えることにはしってしまいがちになります。こういう時は一度落ち着いて、軽く舐めるところから始めるのが一番良いということがだんだんと分かってきました。クンニで逝っていただくのにテクニックとかあれこれ考えるよりも、女性の方の反応を見ながら優しく舐めていれば逝っていただけると長い間思っていましたが、やはり最後に逝っていただくときのタイミングみたいなのはちょっとテクニックというか、勘を働かせるのが大切みたいです。今日も一呼吸おいて、再び軽くクリトリス周辺を舐めさせていただいて、再びヒクヒクとなるのを待ちながら、OKさんが力んでこられたところで、それまでよりも少し強めに舌を押し付けるようにしたところ、2回目もしっかりと逝っていただけました。

OKさんもこれでかなり満たされたようでしばらく休んでおられて、ベッドで横になりながらいろいろお話をしていました。挿入もしたいとおっしゃっていたのですが、今朝自分でしてしまったので、いまいち元気がないので、無理かなと思っていたところ、OKさんが私のものを上から手のひらで覆うようにして、様子を見ておられたところで、だんだん元気になってきて、挿入できそうになったので、挿入もさせていただきました。2回も逝かれたあとなので、かなり膣もきつくて、すぐにも押し出されそうになるくらいです。いつもは少し挿入したところで、満足されることが多いのですが、今日はやはり性欲がかなり溜まっていたのか、挿入も長めで、正常位で挿入した後に、今度はバックでも挿入しました。その間もしっかりと挿入しておかないと、押し出されてしまいそうになっていました。満足されたところで挿入を終えて再びベッドでしばし休憩です。どうやらOKさんは入り口近くで出し入れするのが気持ちがよいみたいなのですが、挿入が浅いとすぐにも押し出されそうになってしまうので、難しいところです。

とはいっても、2回逝っていただけて、挿入も楽しんでいただけたので、かなり満足していただけたようでよかったです。こうして性欲のピークになった時に会っていただけると、たっぷりと楽しんでいただけて、私としても満足度が高く感じます。OKさんとはお付き合いもかなり長いので、OKさんの方からもこうして舐めて欲しいとかも言っていただけますし、性欲も隠さずに発散させてくださるので、私としても気楽に舐め犬を楽しませていただけていいます。初対面の緊張感もいいものですが、こうして好みとかよくわかった方のクンニをさせていただくのは、身体の反応に対してどんな風にすれば喜んでもらえるかが、分かっているので、お会いしている時間の楽しみも大きいですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/795-451b2736