FC2ブログ
今週末から夏になってしまいましたね。急に暑くなるとちょっとぐったり感が出てしまいます。そんな中MMさんと2回目におあいしました。なかなか週末にお会いできる日がないのでかなり前からお約束していました。最初にお会いしてから5か月ぶりくらいです。実はそれまでにも何回かお誘いいただいていたのですが、予定が合わずにいましたので、かなり時間が空いてしまいました。それでお会いする前に最初の時のブログを読んでみたのですが、最初から何度も逝っていただけたようで、かなり感じやすい方だというのを思い出しました。ラブホの休憩時間の終わりをアラームしていたのですが、ちょうど挿入していた時で、気持ちがよいのでMMさんがなかなか抜くことができずに、アラームが鳴りやむまでほっておいたのを思い出しました。

昼間は私が芝居を観ていて、MMさんはお仕事なので、夜に待ち合わせをして、ラブホのほうへ向かいました。1つだけ部屋が空いていましたが、かなりきれいな部屋でよかったです。MMさんはお仕事帰りで汗もかいておられるので、すぐにシャワーを浴びていただいてすっきりしていただきました。次に私がシャワーを浴びて、私もすっきりです。クーラーの効いた気持ちいい部屋で、ベッドに入って少し照明を暗くします。2回目ですが、時間も空いてしまいましたので、ちょっと緊張気味のMMさんですが、最近はオナニーもあまり逝けない感じだったそうです。また、時々会うお付き合いしている男性の方もいらっしゃるのですが、あまり欲望をむき出しには出来ないとのことで、今日は存分に楽しんでいただけたらと思います。

14367065740.jpeg 14367065570.jpeg

とりあえず、ベッドに横になっていただいて、脚の間に入らせていただくことにします。背が高い方なので脚もすらっと長くて、太ももに挟まれている感触がとてもよいです。パンティははいておられなかったので、すぐに脚の付け根あたりへ舌を這わせていきます。前回のブログによるとかなり強めにする方が好みのようでしたので、軽く舐めるのは最初のうちだけにしようとは思いますが、やはりいきなり小陰唇を舐めるのもよろしくないので、周辺をじっくりと舐めさせていただきます。それだけで、MMさんも声も漏らして、愛液もしっかりと溢れ出してきています。小陰唇の上に舌を乗せて上下に動かしていると、しっかりと固くなったクリトリスの感触が伝わってきます。固くなったクリトリスの上を舐めるころには、ちょっと強めに舌全体で押し付けるようにして舐めていきます。最初は脚を閉じ気味にされていましたが、気持ちよくなって来られたところで、MMさんも脚を大きく広げて舌がしかっりと小陰唇全体に届くようにされました。

時々、膣の周りを舐めてみますが、こちらもかなり感じておられるようです。入り口あたりって感じやすい方が多いですよね。膣の周りとクリトリスの上の交互に舐めているうちに、クリトリスのぷっくりとした感じもよりはっきりとしてきます。太ももの裏あたりも熱くなってこられたので、舌でしっかりとクリトリスを包み込むようにして強めに押すようにしてみたところ、逝きそう、とおっしゃってもう少しで逝けそうだったのですが、逝くまでのちょっとした強さのタイミングが合わなかったので、その時はいったん逝きそうに感じはもとに戻ってしまいました。それでも感じやすい方なので、強めにしっかりとクリトリス周辺を舐めさせていただいているうちに、大きな声をあげて腰をくねらすようにして逝っていただけました。一度逝ってしまわれると、もう後は、とめどなくといった感じで、何度もでも逝っていただけるような状態です。

途中で、胸の方も舐めて欲しいとおっしゃるので、乳首を舐めていたところ、少し噛んでも大丈夫とおっしゃいます。そういえば前回もそうだったのを思い出しながら、軽く噛むようにするとそれだけでかなり感じておられます。それからは、クンニの時に乳首を触るときにはかなり強めにつまむようにすると、そのたびに大きな声をあげて感じてくださるようになりました。だんだんとクリトリスも露出するようになってきて、クリトリスの先に直接舌が当たるようになったのですが、痛いかなと思いながらあまり長くはしないようにしていましたが、後で聞いたところでは、直接刺激されるのは特に気持ちよかったとのことなので、次回は遠慮なくクリトリスを直接刺激してもっと気持ちよくなっていただけるようにしたいと思います。

クンニで何度も逝かれて、クリトリスもかなり敏感になってしまわれたところで、ちょっと休憩ということで、MMさんの横に並んで少し抱き合うようにして、余韻を楽しんでいただきました。落ち着いたところで、MMさんが私のものを触ってこられて、元気になったところで、挿入したい、とのことで、MMさんに上になっていただいて、挿入しました。MMさんは身体を起こしておられたのですが、私は下から乳首をつまんだり、クリトリスを触ったりさせていただきます。乳首を強くつまむと、膣がきゅっと締るのが伝わってきますし、クリトリスを指で刺激するとそれに合わせてMMさんも腰を前後に動かしながら感じておられます。身体を起こしていると、奥まで入るらしく、奥に当たるのか、当たる当たる、とおっしゃいながら腰を使っておられました。時々は腰を使うのを舐めてじっとしておられるのですが、私のがピクッとなると、あっ、声をあげられたりします。

14367065880.jpeg 14367065420.jpeg

かなり長い間挿入していましたので、膣もものすごく締って、ギュッと握られているように感じるほどです。再び指でクリトリスを刺激しているうちに、抜けてしまったのですが、そのあとも指の刺激で逝ってしまわれたようです。そこで、MMさんは私のうえにかぶさるようにして、抱き合いながら、余韻を楽しんでいただきました。ちょうど落ち着いたところで、設定していたアラームがなりましたので、写真を撮らせていただいた後に、帰り支度をしました。後半は上になって挿入していましたので、MMさんもちょっとお疲れになってしまったかもしれませんが、クンニで何度も逝っていただけて、このところのムラムラ感を解消していただけたようなので、よかったです。

暑くなると外を歩くのは嫌ですが、こうして涼しいラブホへ入って、シャワーの後の気持ちよい中でクンニをさせていただくのはとてもさわやかでいいですね。これからはムラムラと、ムシムシが一緒にやってきて、不快感が増しますが、その分汗を流したあとに気持ちよくなれると気持ちよさも倍増します。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/796-fb153c53