FC2ブログ
しかし暑いですねぇ、それで冷房を入れているとこれがまたちょっと寒かったりして、鼻がつまったりして、どういう風に過ごすのが一番いいのかよく分かりません。OKさんはいつも当日の朝に連絡をいただくのですが、今回は前日の金曜日に連絡をいただいて、お会いすることになりました。今までの感じからそろそろお誘いが来るのではないかと思ってはいましたが、予定が空いていてよかったです。夕方から待ち合わせをして、よく行くラブホへと行ってみました。今日は隅田川の花火大会ということで、あまり関係はないかもしれませんが、部屋も何とか空いていましたので入ることができました。待ち合わせ場所へ行く途中でのどがやけに渇くし、若干気分が悪いなと思っていたのですが、涼しい部屋へ入って、水を飲んだらすぐに元気になったので、熱中症になりかけていたのかも知れません。

OKさんも暑いので部屋へ入ってデザートを食べるとすぐにシャワーを浴びにいかれました。やっぱりシャワーですっきりして、ふかふかの布団にはいると気持ちのよいものですよね。いつものようにじっくりと焦らして舐めてくださいねということですのえ、まずは胸の方から舐めさせていただきました。乳首を口に含んでいるだけで、OKさんは布団の中で脚をくねくねさせながら感じておられます。乳首を舐めながら、右手はOKさんの身体をまさぐるようにして、だんだんと下のほうへと移動して行きます。掛布団を少しはいで、お腹のあたりからヘアの生えたあたりまでを舌で舐めていきます。最後には掛布団を下へ落として、私も下の方へ移動して、太ももの間に入らせていただきます。

14378394320.jpeg

OKさんの太ももはちょうどいい感じのムチムチ感があって、その内側を舐めながら、脚の付け根の方へと進んで行きます。小陰唇のひだには出来るだけ触れないようにしながらひだの両側から徐々に中心へと近づいていきます。ひだの上に舌を軽くのせたとたんに、OKさんも声を出して、感じ始めます。ひだの先をすーっと舐めていくと、間から愛液が溢れて来て、ヌルヌルが舌に絡まってきます。ひだの間に舌を差し入れて軽く動かしていると、OKさんの尿道のあたりがヒクヒクとしてくるのがわかります。膣の入り口あたりへも舌を伸ばしますが、以前からこのあたりもお好きみたいで、軽く舌を膣へと挿入すると膣がきゅっと締って入り口が狭くなるのがわかります。

ひだの間を下から上にペロンと舐めたりもしていましたが、ヒクヒクとなる頻度も多くなってきましたので、クリトリスの上から舌を左入に軽く動かしながら、さらにヒクヒクが多くなるように舐めていきます。この時に舐めながら、逝くまでの反応をうかがいながら同じ調子で舐めているのって、釣りをしてくるのと似ているなといきなり思ってしまいました。浮きの気配をじっと見守りながら魚からのあたりを待っているのと、舌を同じ調子で動かしながらヒクヒクが多くなってきて、いよいよ逝っていただけると気を待っているのが似ていると思ったのでした。いつ女性が逝きそうになるか分かる場合もあれば、逝きそうでもなかなか最後の絶頂まではいっていただけずに、舐め方に迷いながら舐めている時なんかがそんな気分にさせたのかも知れません。

OKさんは舐められながらAVをご覧になっていて、逝きそうになるとクライマックスのシーンを見るために、リモコンで画面をよく切り替えたりされるのですが、今日はそういうことが多かったので、逝きそうで逝けない状態になっていたようです。とにかくそういう場合には、一度軽く舐め始めるところへと立ち返って再び女性の方に快感のステップを上っていただくことにしています。今日のOKさんも途中から逝きにくそうだったので、原点に帰って軽く舐めるところへと戻ったりしていました。そして、最後にはようやく、逝きそうになっておられるところと、私が少し強めにクリトリスを押し付けるタイミングがうまく合って逝っていただけました。逝き始めてから舌をクリトリスに押し付けるようにしていますが、しばらくは逝っている状態を楽しんがいただけています。

落ち着いてからOKさんが、今日も逝けました、とおっしゃるので、ちょっと時間がかかりましたね、とお答えしたところ、実は昨日の夜も今朝もオナニーをされたそうで、逝きそうなのになかなか逝けなかったのは、朝に一度してこられたからだろうなと思います。今日も挿入を希望されていたのですが、ここですぐには元気にならなくて、一旦は保留にさせていただきました。代わりに引き続いて舐めさせていただくことにして、下のほうへ移動して行きました。一度逝ってしまったクリトリスはすごく敏感になっていて、普通に舐めるよりは軽く舌を乗せるくらいにして、ゆっくりと動かした方が気持ちがよいようです。

軽く舐めてもすぐに声も漏れてしまいそうなくらいでしたが、できるだけゆっくりと舐めていると、そちらのほうが気持ちがよいみたいでしたので、かなり軽くクンニをし続けていました。OKさんは最初は普通の映画をご覧になっていましたが、感じてくるとAVへと画面を繰り返して、そろそろかなと分かります。そんなことを考えながら舐めていたら、徐々に私のものも元気になってきたものですから、挿入をさせていただくことになりました。どうやらOKさんは深く挿入するよりも、入り口あたりで出し入れされる方が気持ちがよいようでしたので、奥までは入れないようんにして、出し入れをしていました。

14378394150.jpeg

OKさんはだいたい満足したら挿入は終わりにして、しばし余韻を楽しんでおられます。落ち着いたらもう少し舐めさせていただこうかなと思ったところで、無情にも休憩の時間が来てしまいました。やはり3時間は舐め犬で遊んでいただくにはちょっと短いのかも知れませんね。(いつもはだいたい4時間くらいでしょうか)。OKさんも、もう終わり?、と残念そうにされていました。1回目に逝っていただくのにも少しいつもより時間がかかりましたので、それも3時間が短く感じる要因の一つだと思います。

ホテルから出ると少しは涼しくなっているのかと、OKさんは期待されていたようですが、外へ出てもう夜だというのに未だに暑いままであまりすっきりとした気分にはなれなかったですね。でも、1回とはいえ、しっかりと逝っていただけたので、気分は明るいです。花火終わりで電車も混むかなとおもいましたが、それほどでもなく家までたどり着くことができました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/801-091f6dae