FC2ブログ
すこし久しぶりになってしまったのですが、SMさんとお会いしました。少しいつもより早い目においでになって、お昼のお弁当を買って一緒にいただくことにしました。久しぶりということもあって、リビングでの話も長くなりそうなので、それならばそのときにお昼を食べながらにしましょうということでした。それで、駅で待ち合わせをして、リビングまでごあんないしたのですが、SMさんは時々面白いものを買ってきてくださって、今日も面白いものみつけたからと飲み物を買ってきてくださいました。「お嬢様聖水」というものです。インパクトが強すぎるようにも思いますが、聖水と言われてあれを思い浮かべる人はすでに心が汚れているのでしょうかね。でも、お嬢様とついているとそれ以外には思いつかない気がするのですが、、、まぁ、とりあえず、冷蔵庫へしまって最後にいただくことにしました。

14385079640.jpeg

やはりあれやこれやといろいろお話をして時間も過ぎていきましたが、ご飯も食べ終わってそろそろということでシャワーを浴びていただきました。今日はブルーのスリップを着て出てこられて、私がシャワーをする間、リビングの方で待っていてくださいました。一緒に寝室へ移動して、ベッドに横になります。かなり時間も空きましたので、まずはいつものように抱き合って、少し気分を落ち着けていただきます。久しぶりすぎて貪ってはいけないと、前日にオナニーをしてちょっと身体を落ち着けてきたとのことなのですが、抱き合いながら軽く乳首の上を触るだけで、感じてしまってあまりオナニーをした意味はなさそうです。一息ついたところで、足元のほうへ移動して太ももから舐めさせていただきます。

私が太ももを舐めているときも、SMさんはまだお話をされていたのですが、それが一段落したところでパンティをとらせていただいて、じっくりと小陰唇のひだの方へ舌を近づけていきます。いつも逝ってしまわれた後は際限なく逝かれてしまうので、今日も最初は本当に軽く舌を触れさせるくらいで、小陰唇のひだの両側あたりを舐めあげていきます。それでも、かなり感じられて、ときどき脚を閉じるようにされます。ひだ全体を舌で覆うようにして、ゆっくりと左右に動かしたりしていると、SMさんが声をだしながら快感に耐えておられます。SMさんもいつもすぐに逝ってしまってはもったいないとおっしゃっているので、ソフトに舐め続けるのですが、だんだんと我慢しているときの声も大きくなってきて、手で小陰唇の上の方を抑えてひだを広げるようにされたので、もうそろそろ我慢も限界に達したかなと考えて、しっかりと舌でクリトリスを押すようにして逝っていただきました。

逝かれた後はもちろんまた軽く舐めるのですが、一度逝ってしまわれると、SMさんとしては逝きそうになるのを我慢することになりますので、私もすぐには逝かないようにできるだけソフトに舐めていきます。それでもやはり我慢しきれなくなってきますので、そうなるとぐっと力を入れてしっかりと逝っていただくようにしています。今日も最初はクリトリスは直接は刺激していなかったのですが、何度か逝かれたあとにはクリトリスを直接舐めて、逝かれる時の深さをどんどんと深くなるようにしていきます。SMさんも呼吸がどんどん激しくなって、逝かれたあとは少し脱力気味にぐったりをされています。

いつものように限界に達したところで一休みとさせていただきました。抱き合いながらSMさんには余韻を楽しんでいただきますが、私がちょっと乳首を触っただけでも、逝きそうになるくらいに感じておられます。少し身体の方も落ち着かれたところで、SMさんが私のものを触ってこられて、続いて口で元気にしてくださって、挿入となりました。何度も逝かれて膣もしまっておられるので、やはり最初はなかなかきつくて入りづらい感じです。しっかりと挿入された後はいつもより激しい感じで腰を使われて、女性上位で好きなように挿入を楽しんでおられます。ひとしきり楽しんでいただいた後は、腰を動かさずにじっとしながら挿入の感触を楽しんでおられました。入れているだけで気持ちがよいそうで、なかなか抜くタイミングが見つからないのですが、意を決して腰を浮かせて抜かれました。

そのあと再び口で元気にしてくださって、今度は横向きになってのバックで挿入をさせていただきました。バックでの挿入はかなり久しぶりとのことですが、女性上位ではSMさんが好きにタイミングを調整しながら快感をコントロールできるのですが、バックではそういうわけにもいかず、最後には挿入で逝ってしまわれたようです。それからはしばらくお互いに休憩をして、いろいろお話などをしていました。そうこうするうちに、SMさんの身体も落ち着いてこられましたので、最後にもう少しということでクンニを再開させていただきました。最後ですので、遠慮せずにちょっと強めにクリトリスを刺激させていただきます。逝っておられる時にしぼんでいるクリトリスを無理やり刺激するとかなり感じされるようで、唸るような声を出しながら逝ってしまわれます。いよいよ逝く切れ目がなくなりそうになって、限界ということで終了させていただきました。

14385079390.jpeg 14385079520.jpeg

とりあえず、シャワーを浴びていただいたのですが、シャワーへ逝くまでにかなりふらふらされていたので、その時は写真を撮らせていただくのも忘れてしまっていました。シャワーから戻られていよいよ「お嬢様聖水」をいただきましたが、味は普通にオロナミンCとかRedBullとかのビタミン系の飲み物と同じような感じです。ということは、色は黄色いのではないかということで、SMさんとそれはまずいよねとお話していました。そのあとリビングで忘れていた写真を撮らせていただいたのですが、リビングで外の光の中で写真をとると一段ときれいにとれますね。

そのあとはお土産に買ってきてくださった餡蜜をいただきました。甘いものはやはりおいしいですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/805-7efe4dc0