FC2ブログ
異常なくらいの猛暑日の連続でしたが、若干暑さも穏やかになってきましたね。朝外に出かけたときはかなり涼しかったのですが、昼になるとやはり暑くはなりましたけど。夏休みに入ってのんびりできていますが、MSさんとお会いしました。いつものように車で自宅の方まで来てくださいまして、リビングでしばしお話などをしていました。何度もお会いしているとなんだかんだといろいろお話をしてしまうのですが、程よいところでMSさんにシャワーを浴びていただきました。

黒いスリップを着て浴室から出てこられましたが、もう慣れたものですので、そのまま寝室へ入っていただいてしばしお待ちいただきます。夏になるとお待ちしている間に汗をかいてしまいますので、私のほうも軽くシャワーで汗を流して、寝室の方へ入っていきます。最初はMSさんと抱き合ってキスなどをして気持ちを高めていただきます。人それぞれですが、舐める前にこうして抱き合う方がいい方も結構いらっしゃいます。いきなり舐め始めるよりはこうしてスキンシップをとって徐々に高まる方が心の準備ができていいのでしょうね。

14391635570.jpeg

前回お会いしたときに今までよりもかなり感じておられたのですが、最初のころから考えてもお会いするたびにMSさんの身体の反応もどんどんと変わってきています。初めてお会いしたころはまだ身体が目覚めていなかったのだと思いますが、一度開花してしまって、急速に身体の感度が変わってきているのでしょうか。今日も最初は脚の付け根から徐々に小陰唇のひだの周辺まで舌を移動させていきます。待ちきれなくなってきたところで、小陰唇のひだに軽く唇をふれますが、それだけでMSさんは、アッ、と声をあげられます。抱き合っていたときにすでに感じておられたのか、すでにクリトリスも少しぷっくりと大きくなっていますし、愛液もひだの間に溢れてきています。

舌は平たくして下から上へとペロンと舐めるころには、多くくなって盛り上がったクリトリスがはっきりと分かるようになっていました。一度逝っていただくとそのあとはさらに深く感じていただけるので、今日は割と早くからクリトリスの上から舌を左右に動かして舐めさせていただきます。最初は包皮で覆われたままでクリトリスを舐めていますが、固く大きくなってくると、クリトリスの先がどうしても露出して舌に直接当たるようになってきます。舌が直接あたるたびにMSさんも声を大きくされるのですが、直接でも大丈夫だと分かっていますので、クリトリスが剥けてくるのに合わせて直接舌の刺激が伝わるようにします。

時折クリトリス中心の舐め方はお休みして、ペロンと小陰唇全体を舐めるようにもするのですが、舌を舐めあげてクリトリスに触れるところまで達するとそこでやはりMSさんの声が大きくなります。それで再びクリトリスだけを舐めるようにするとさらに快感が増しておられるようです。十分に感じてこられたところで、クリトリスを少し押すようにして強めに舐めていると、大きな声をあげて逝っていただけました。少し舐めるのを弱めにして、MSさんの呼吸がもとに戻るのを待って、再び普通に舐めさせていただきます。クリトリスの先はもう露出したままになっていますので、そこを軽く舌で刺激するだけで、かなり感じておられます。あまりそこばかりで痛くなってはいけないと思いながら、注意して舐めているのですが、気持ちいい、とおっしゃるのでだんだんと直接舐める頻度を増やしていきました。

何度か逝っていただいている間に、唇を押し付けてクリトリスが剥けてしまうようにして露出させて舐めても大丈夫そうだと分かってきました。逝っている間にはクリトリスがしぼむのですが、そうなっているときにさらに唇を押し付けて少しでもクリトリスをぷっくりと固くさせて舐めていくと、MSさんは私の頭を脚で強くはさんで何かに耐えるようにして感じておられました。その状態でも強めにぐいぐいと舌を押し付けていくと、さらに深く逝きつづけられるようです。何度か逝かれたところで、限界ということで、しばし休憩させていただきます。休憩のときもいつもよりぐったりと余韻に浸っておられる時間が長かったようです。

少し元気になられたところで、MSさんが私のものを触ってくださって気持ちよくさせてくださいます。私は乳首を触らせていただきていましたが、MSさんが感じてこられたので、再びクンニをさせていただきました。十分に感じておられるので、クリトリスに軽く触れるだけでも、ひゃ、と声をあげられます。またクリトリスが固くなってきたところで、刺激を続けていると、すぐに逝かれてしまいましたが、同じようにしぼんできたクリトリスを無理にむき出しにして舌先で刺激すると、先ほどと同じように脚を強く閉じて深く逝かれました。深く逝っていただいている間もこうして刺激を続けていると、何度かMSさんが、ダメダメ、とおっしゃってさらに深く逝っていただけれているのが分かります。後でLINEでMSさんが、今日は大いきしました、とおっしゃっていたのはこのことかなと思います。

14391635790.jpeg 14391635680.jpeg

再び限界になって休憩させていただきましたが、しばしMSさんはぐったりした感じでした。そのあといつものようにMSさんが私のものを触って元気になってきたところで、口でしてくださいました。かなり長い間口でしてくださった後に、上に乗ってこられて挿入をされます。なんだかいつもより激しく腰を使っておられたり、出し入れされたりしていて、一休みされるころには膣も強く締っていて、ギュッと握られているような感触です。挿入でもしっかりと楽しんでいただいたあとに、強い締りで押し出されてしまったところで、MSさんが私の上でしばしお休みされます。

終わったからリビングで一緒にケーキをいただいたのですが、その時もMSさんはかなりお疲れの様子でした。クンニでもかなり深く連続して逝っておられましたし、挿入の時も上になって激しく動いておたれたので、これまでになく体力をつかわれたのでしょうね。そういう時は甘いものがちょうどいいですね。

今日はこうして何度も逝っていただけたのですが、クリトリスを直接刺激しても大丈夫そうなので、次回から同じように何度も深く逝っていただけるように舐めてしまいそうです。女性の身体って快楽を得るのに限界がないみたいなので、お会いするたびにどんどんエスカレートしそうで怖いですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/807-6af71787