FC2ブログ
今日は朝からなんだか変な天気でしたね。雨が降ったり晴れてみたり。今週は私が夏休みだというブログの記事を読んでくださって、久しぶりにKTさんから連絡をいただいて、今日お会いする約束をしていました。KTさんはお昼ころにいつも来られるのですが、お弁当を買ってきてくださって、舐め犬の前に一緒にいただきます。今日はベトナム料理のお弁当ということで、私も久しぶりだったのでおいしくいただきました。生春巻きとそれにつける甘酸っぱくて少しピリッとしたソースが暑い時期には食欲をそそっておいしいですよね。

改札で待ち合わせをして家まできていただいて、リビングでお話をするのですが、KTさんにお会いするといつも思うのですが、ほんわかとした話し方をされて、それでいて割とよく話をされるので、お話をしていると妙に落ち着きます。それでまたお話で時間が無くなってしまうとあれなので、適当なところでシャワーを浴びていただいて、寝室のほうへとご案内しました。ピンクの前を閉じることができるスリップ?を着ておられて、少し太ももを触らせていただいてから、下の方へ移動して舐めさせていただきました。前回はどんな感じだったかブログで確認したのですが、軽めに舐めることで何度か逝っていただけたようなので、今日も軽めに舐めてできるだけ逝っていただきたいなと思います。

14392074580.jpeg

KTさんのムチッとした太ももの間に入らせていただいて、ぷわんぷわんとした感触を楽しみながら太ももの内側から脚の付け根へと舐めさせていただきます。前回はわりと静かにされていたのですが、脚の付け根から小陰唇の間を舐めさせていただいている間にも少し声を漏らされ始めました。クリトリスは小さめで最初は大きさもあまり感じられないのですが、小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めた後に、小陰唇の上から舌で覆うようにしてゆっくりと舐めていきます。ペロンペロンと下から上へと舌を動かして何度も舐めているうちに、KTさんの声も大きくなってきました。焦らないようにしてクリトリスの上あたりも軽く舌で覆うようにして舐めていきます。ゆっくりと時間をかけることで小さかったクリトリスも徐々に形が分かるくらいには固くなってきます。

小陰唇のひだの両側を下から上へと舐めるときに、クリトリスのあたりで少し舌を押し付けるようにするとKTさんの声も大きくなって感じておられるのが分かります。クリトリスへ舌が直接当たってしまうと痛くなるので、横から押し付けるようにするとそういうこともなくて、気持ちよくなっていただけるようです。十分に感じていただけたところで、クリトリスの上を舌で覆いながら左右に動かして、感じていただきます。すると尿道のあたりがヒクヒクとしてきました。最初はたまにヒクヒクとなるのですが、徐々にヒクヒクの頻度が増えて、連続してきたところでそれまで脚を伸ばされていたのですが、M字開脚のようになって、逝きそう、とおっしゃって逝っていただけました。逝っていただいている間もしっかりと舌はクリトリスの上に触れたままにしています。

余韻も治まってきたところで、再び普通に舐めさせていただくのですが、一度逝かれたあとはやはりクリトリスは敏感になっているので、できるだけ軽めに舐めさせていただきます。クリトリスも大きくなったままですが、軽く唇を押し当てて、ぷっくりとさせるとさらに気持ちがよくなるようです。KTさんはいつもヒクヒクと何度かなってから逝かれるのですが、今回はそのタイミングがかなり分かってきましたので、逝きそうになられたときに少しだけ強めに押すことで自然に逝っていただけるようです。コツがつかめたみたいで、感じてこられるとタイムリーに逝っていただけるようになってきました。KTさんも今日は今までよりもよく感じてくださっているようで、逝かれる時には今までよりも身体をくねらせたりしながら深く逝っていただいています。

3回ほど逝っていただいた後でしばし休憩をさせていただきます。舐め始める前に今日は顔面騎乗を試してみたいとおっしゃっていましたので、休憩後再開した時には上に乗っていただきました。顔面騎乗で舐めさせていただいているときは両手が空いていますので、KTさんの腰のあたりから背中まで手のひらでさするようにして、時にはアナル周りも軽く触ることでより感じていただきます。上になったままでは逝かれたしませんでしたが、気持ちよくなって来られて、舐めてもいいですか?、とおっしゃるので、向きを変えて69の体勢になって、舐めさせていただきます。KTさんも私のものをしっかりと舐めて気持ちよくさせてくださいます。

最初はお互いに舐めあっていたのですが、そのうちにKTさんがさらに感じてこられると、気持ちよさに耐えることで私のを舐める余裕がなくなって、私の身体に抱き付いたままでクンニの快感を味わっておられるようになってきます。さすがに逝くまでには至りませんでしたが、脚がガクガクとしてきたりするくらいには、感じていただけました。

14392074220.jpeg 14392074350.jpeg

最後は、気持ちよかった~、とおっしゃって私の上から降りられたのですが、まだ逝っておられませんでしたので、引き続いて普通のM字開脚の体勢で舐めさせていただいて、最後はすっきりと逝っていただこうと思います。クリトリスも包皮で覆うようにして、その上から舐めていると長時間でも大丈夫なようですので、唇を押し当ててクリトリスをしっかり固くさせながらも直接触れないように気を付けながらクリトリス周辺を中心に舐めさせていただきます。KTさんが逝かれる時のパターンがだんだんと分かってきましたので、クリトリスを中心に舐めるときには逝きそうな感触が得られると、少し強めに押して逝っていただけます。

だんだんと逝く深さも深くなっているようで、最後に逝っていただいたときは、逝っている時間も長いのですが、身体をよじったりの動きも今までにないくらいに激しくなっておられます。KTさんも、あまりに気持ちがよいので今日は乱れてしまいました、とおっしゃっていました。最後にしっかりと逝っていただけて、KTさんもちょっとぐったりというところで、クンニは終了になりました。

写真を撮らせていただいてから、駅の方までお送りしたのですが、舐めれば舐めるだけ気持ちよさそうに感じてくださっていましたので、明日は筋肉痛になりそう、とおっしゃていました。女性にもよりますが、逝きそうな感じになってくると自然と腹筋に力がはいったりして筋肉痛になる方は多いですね。でも、さすがにその理由まではお話はされないのでしょうね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/808-ca46655e