FC2ブログ
お盆を過ぎてちょっと涼しくなったのにまた暑い日になりましたね。いつもより早い時間からMAさんとお会いしました。先週の夏休みの期間にお会いするお約束をしていたのですが、旦那様の予定が変更になってお会いできなくなっていました。今日は多摩川の花火ということで、実は別の方とお約束していたのですが、お盆にもお会いしているので、お願いしてMAさんに譲っていただいたのでした。MAさんとはだいだい平日の夜にお会いしているのですが、私が最近は平日がダメになっているので、この機会をのがすとまたお会いできる機会がのびてしまいそうでしたので、ちょっと無理を言ってお願いしました。駅で待ち合わせをして、夏らしいワンピースを着たMAさんとお会いして家まで来ていただきました。

リビングでしばしお話をしてからシャワーを浴びていただいたのですが、お話しているときに私が最近買った低周波マッサージ器をお見せしていたところ、興味を示されて、これを写真を撮るときに貼って撮ると面白いね、とおっしゃって、それで写真に変なものが写っていますが、低周波マッサージ器のパッドで、決してなにか新しいおもちゃの類ではございません。シャワーから出てこられるといつもの赤いスリップを着ておられて、リビングへ戻ってこられてそこで私がシャワーをするのをお待ちくださいました。MAさんは最初にお会いした時から裸だったり、下着姿だったりするのに抵抗はあまりないようで、明るいリビングでもスリップ姿のままふつうにしておられます。

14402415830.jpeg 14402415480.jpeg

私もシャワーを終えて、一緒に寝室の方へ移動しました。前回、三角枕を使ったのですが、3つほどある三角枕から一番角度の緩いのをお気に入りということで選ばれました。普段オナニーをするときにヘアーのあたりとか、ひだの周辺なども性感帯だからそのあたりも触ったりするので、そこも舐めてほしいと言われたので、それではそのあたりをじっくりと舐めてからクリトリスを舐めるようにしますねとお話しました。早速足元の方へ移動して、太もものあたりから舐めさせていただきます。脚の付け根あたりまで進んだところで、付け根と小陰唇の間を時間をかけて舐めていきます。MAさんからも少し声がもれてきます。それからクリトリスから少し離れた周辺もじっくりと時間をかけて舐めさせていただきました。

いよいよ小陰唇のひだへ舌を触れさせたところで、MAさんの声も大きくなります。それから小陰唇のひだの両側をゆっくりと舐めあげたりするのですが、MAさんの声も大きくなってきて、腰をくねらすようにされています。ひだの間に舌を差し入れると愛液がたくさんあふれているのがわかりますが、このあたりでMAさんも自ら腰を動かして、私の舌にこすりつけるようにされてきます。クリトリスの上のあたりを軽く舐めていると、すでにぷっくりと固くなったクリトリスの形がはっきりとわかるくらいになっていて、MAさんも舌に押し付けるようにされるのですが、少しじらすようにして、舌は軽く触れる程度にさせていただいて、じっくりと性感を高めていただくことにします。

クリトリスのあたりをあまり舐めていると逝ってしまわれそうだったので、少しそこは外して、膣の入り口あたりへと舌を移動します。MAさんは普段セフレさんとセックスはよくされているからでしょうか、膣の入り口あたりもかなり感じるところのようで、舌を少し差し入れただけで声も大きくなり、もっと奥まで舌を差し入れるのを要求されるかのように腰を浮かせて舌に押し付けてこられます。それに応じて私も舌をできるだけ差し入れるようにするのですが、それとともに新たな愛液がわいてくるのが舌の味わいでわかります。しっかりと膣のあたりを舐めさせていただいた後、再びクリトリスの方へ戻って、軽く舐めていましたが、クリトリスもかなり固くなってそろそろ限界かなと思い、少し強めに押すようにして舐めさせていただいていたところ、MAさんも大きな声をあげて逝ってしまわれました。

逝ってしまわれている間も、舌をクリトリスから離さないようんしていると、やはりいつもよりも長めに逝かれていたようです。今まではもう少し静かに逝っておられた印象があるのですが、やはりクリトリスから舌を離さないのがいいようで、いつもよりも大きな声をあげて乱れるようにして逝っておられます。逝くのがおさまったところで少し軽めにしてクンニを続けていきます。すぐにクリトリスも固さと大きさをとりもどしたのですが、むき出しになったクリトリスの先に舌が触れるとMAさんが大きく反応されます。あまりそこばかりを舐めて痛くなってしまってはいけないので、時々触れる程度にしていました。再び逝きそうになられた時に先の方へも舌を押し付けるようにしたところ、再び逝っていただけましたが、その時に脚がガクガクしたとおっしゃって、よくブログに書いてあるのはこのことなのね、とちょっと喜んでおられました。

少し舌を離したままでクンニを休憩してそんなお話をしていました。それでまたクンニを始めさせていただいたのですが、そのあともクリトリスの固さがしっかりとしてきたところで、押すようにすると逝ってしまわれるようになりました。今まではMAさんはそんなに何度も逝く前に満足されて終わりになっていたように思うのですが、今回はもう一度休憩したとも何度か逝かれて、最後は逝かれている間もしっかりとクリトリスを刺激するようにしたところ、大きく逝ってしまった、とおっしゃっていました。MAさんは普段上品なかたなので、逝かれるときもそんなに乱れたりしなかったのですが、今回は声も大きく、身体もくねらすようにされて、素のままに快感に身をゆだねてしまわれたのかなと思います。

14402415280.jpeg 14402415040.jpeg

お盆からお会いしている方がいつもよりたくさん逝かれるようになって、逝っておられる間も乱れてしまわれてしまうので、ちょっと自分でもびっくりしていますが、夏というのはムラムラ感も高まってそうなっているのか、クンニが上手になったのか、よくわかりませんが、不思議なことですね。

今日はMAさんもなんとか時間を見つけてくださったので、時間も少し限りがあったのですが、それにしてもいつもよりもアッという間に時間が過ぎてしまった感じです。最後に写真を撮らせていただいたのですが、最初に書きました低周波マッサージ器のパッドをいろんな位置に貼って撮らせていただきました。リビングへ戻ったところで、実際にスイッチを入れてみたら気持ちいいかな、と試してみましたが、腹筋のあたりは筋肉があるのでビリビリとくるのですが、クリトリスのあたりは筋肉がないのでなんとも感じなかったそうです。これでオナニーできそうだと思ったんだけど、とちょっと残念そうにされていました。

MAさんは写真を撮るときに今日はどんな風に撮りましょうかといつも楽しそうに小物を考えたりされるので、写真を撮るのも楽しみです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/815-5935f54e