FC2ブログ
今日も涼しいですが、若干天気の方がこのところあやしいですよね。ご近所ということもあり、短い間に割とたくさんお会いしているCHさんとお会いしました。クンニの気持ちよさを覚えてこられたのか、クンニなしで8月を乗り切るのが難しいので、と少し前にメールをいただきました。今日は天気も悪かったので自転車でとはいかなかったのですが、このところは直接家まで来てくださいます。リビングで少しだけお話をして、さっそくシャワーを浴びていただきます。私が歯を磨いている間に寝室のベッドで横になって待っておられました。

掛布団を下へ落としてさて舐め始めようかとしたところ、今日は上の方からしてほしいとおっしゃいますので、胸の方から舐めさせていただきました。黒いスリップを着ておられましたが、そのままでも簡単に胸が出せるので、少し下着をずらす感じで乳首を露出させてそこから舐めさせていただきます。お会いしている女性の中ではかなり胸の大きな方で、ふっくらとした乳房に顔をうずめるようにしながら、舌の先で乳首を転がすようにしていると、だんだんと固くなってきます。反対の乳首を舐めるときには、CHさんの上にかぶさるようにして、ひざを脚の間に入れて押し付けるようにしていると、すでに愛液で少し湿っているのが分かります。

DSC_0204_convert_20150831001646.jpg

ゆっくりと胸を舐めさせていただいて、いよいよ下の方へ移動して、脚の間に入らせていただきます。CHさんは背が高いので脚も長くて、M字開脚で顔の両側に立つ太ももの内側を付け根へと舐めていきます。脚の付け根から小陰唇のひだまでは時間をかけてゆっくりと舌を上下にさせながら近づいていきます。小陰唇のひだの先に舌を触れると少しだけCHさんから声が漏れました。ひだの両側をゆっくりと舐めあげるようにしながら、徐々にひだの間へと舌を進めていきます。下のほうへ舌を移動して行くと愛液が溢れています。それを絡めながら今度は下から上へペロンと舐めていきますが、CHさんはペロンと舐めるのがお好きのようで、終始静かにはされているのですが、ちょっとだけ声のトーンが変わるようです。

焦らずにゆっくりとひだを舌で包みながら左右に動かしたりして、クリトリスがしっかりと固くなってくるのを待ちます。最初はあまり形も分からないくらいなのですが、感じてこられるとしっかりとクリトリスの形が浮き上がってきます。逝っていただくまではできるだけ軽めに舐めるようにしていますので、こうしてクリトリスが固くなるのを舌先で感じながら、舐めているのですが、あまり無理に逝っていただくというよりは、私もCHさんのちょっとした反応を楽しみながら舐めています。最初にお会いした時もそうでしたが、CHさんは1回目に逝かれる時は尿道から膣にかけて、連続してヒクヒクされるようです。今日もそろそろ感じてこられたかなと思ったところで、連続してヒクヒクが始まりました。少しだけ強めに舌でクリトリスを押すようにしていると、ヒクヒクするのが持続しています。

ヒクヒクがおさまったあとも引き続き舐めさせていただきますが、クリトリスの固さはそのままでしっかりと固くなっています。包皮で包むようにしながらその上から舐めさせていただきますが、かなり固くなってきたところで、少し強めに舌で刺激していきます。2回目以降はCHさんが逝くときがはっきりとは分からないので、いつもまだ逝っておられないと思って、舐め続けたりしているのですが、その時でも気持ちはいいとおっしゃいます。CHさんもご自身で、まだ発展途上だから、とおっしゃいますが、まだ大きくどーんと逝く感じは経験されておられないので、小さく逝っておられる段階ではないかと思ったりしています。まぁ、女性の場合ははっきりした現象がでないので、逝ったかどうかは個人の主観によるところで、私にはどんな感じなのか分からないのですけどね。

途中で2回くらい休憩をはさんで休憩中は身体を寄せ合って乳首を舐めさせていただきたりします。2回目のクンニの時はクリトリスもかなり固くなっていましたので、少し先の方の露出した部分を舐めさせていただいたりします。あまり強くするとこれまでも脚がガクガクするとおっしゃていましたので、そこまではいかないように少しだけ舌が触れるようにします。固くなったクリトリスを少し押すようにして舐めていると、ときおりヒクヒクされるのですが、今回はいままでにない感触だったそうで、逝くのが連続しているような感じだったそうです。確かにその時はCHさんも少し声を出しながら感じておられました。

DSC_0206_convert_20150831002101.jpg DSC_0205_convert_20150831001704.jpg

CHさんは脚が冷えやすいそうで、舐めている間にも脚が冷えてくるとあまり感じにくいようなので、途中から前回と同様ににレッグウォーマー(実はアームウォーマーだそうですが)をされて、それからは少し感度も上がってきたようにおもいます。やはり一番いい状態で舐めさせていただくのがよいですよね。長く舐めていると最初はそれほどでもなかったクリトリスがどんどんと大きくなって、最後には包皮のなかでパンパンになるくらいに固くなっています。そこをどのくらいの強さで舐めるのがいいのか、まだはっきりしないですが、うまく舐めていけば、そのうちの大きく逝っていただけるようになるのではないかなと思います。

一度大きく逝くのを体験していただければ、そのあとは、自然と逝っていただけるようになるとは思うのですが、まだCHさんも私も手探り状態というところですね。そこまでいかなくても気持ちよくなって時間を過ごしていただけているようですので、大きく逝けるのかどうかは先の楽しみということにしておきたいと思います。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/817-a88ecada