FC2ブログ
KFさんとは今年のGWのころに初めてお会いしたのですが、先月久しぶりに連絡をいただいたところ夏休みの時ですでにお約束が入ってしまっていました。KFさんは平日しかお会いできないのですが、たまたま都内にいる日がありましたので、どうでしょうかとかなり前からお約束をしていました。仕事帰りに待ち合わせをして、かなり暑かったですが、近くのラブホへ向かいました。KFさんがサンドイッチとかを買ってきてくださっていたので、シャワーを浴びる前にいただきながらしばらくお話などをしていました。広めの部屋なんですが、なぜか脱衣所がないくて、シャワーを浴びるときはバスタオルを持って浴室へ入られました。

変わって私がシャワーを浴びている間にKFさんはベッドに入ってくつろいでおられました。その横へするっと入らせていただいて、少し脚全体を触らせていただいたあとに、掛布団を落としてKFさんの脚の間に入らせていただきます。メールで、ほかの女性の方と同じように焦らしてくださいね、とおっしゃっていましたので、太ももの内側をゆっくりと舐めていきます。前回のブログを読み返してみたところ、途中で少し強くし過ぎたみたいでしたので、今日は軽めに舐めるように注意します。脚の付け根あたりに舌が進んでくると、ちょっとビクンとされたりしています。付け根から小陰唇のひだの間はゆっくりと舌を平たくして舐めていきますが、KFさんも感じてきているらしく、あ~、ではなく、ふぁ~、が近いような声を漏らし始めました。

DSC_0210_convert_20150904223506.jpg

小陰唇のひだに触れてからは舌の動くもかなりゆっくりしながら、できるだけ広い範囲を覆うようにして、舌を乗せている感じで味あわせていただきました。ひだの間には愛液が染み出ていて、舌で味わいを楽しむことができます。ひだの両側に沿って舌を上下に動かしながら舐めているうちに、ひだのほうもやや充血してふっくらとしてきました。FKさんのクリトリスは少し大きめだと思いますが、ゆっくりでも時間をかけて舐めているうちにはっきりとした形が舌で分かるようになります。クリっとしたクリトリスは大きくなってくると半分くらいが露出しているのが分かります。できるだけ露出した部分には直接舌が当たらないようにしながら舐めていきます。

だんだんとKFさんの声もよく聞こえるようになってくるとともに、M字開脚した脚を開いたり閉じたりされ始めました。それが私の頬を軽くはさむように感じになるのが心地よいです。クリトリスはもうしっかりと固くなっているのですが、もうしばらくは軽く舐めていくことにします。そろそろクリトリスもパンパンに固くなってきましたので、ちょっと押すようにして舐めてみると、KFさんの声も大きくなってきました。M字開脚した脚も伸ばしたりされて、逝きそうな感じになってくると、力んでこられたりします。前回と同じでこういう状態になってから逝くまでのタイミングがよくわからないので、少し強めに舐めていたのですが、逝きそうでいかない状態が続いています。後でお話を伺うと、その時はちょっとふわふわした感じで、それはそれとして長く続くのは気持ちがよいとのことでした。

割と長い間逝きそうでいかない状態が続いて、時折、KFさんも私の頭を太ももでしっかりと挟むくらいに感じておられたのですが、何かの拍子に、逝きそう、ということになって、ちょっとぐいぐいとクリトリスを押すようにして、しっかりと逝っていただけました。なかなか逝っていただくときの舐め方とかまだ分からない状態ですが、時間をかければ逝っていただけたので、よかったです。少し休憩ということでベッドの横に並んで、お話をしていました。

KFさんの身体もほうも落ち着いてきたところで、再びクンニをさせていただきます。クリトリスの上あたりで軽く舌を左右に動かしているだけで、すぐにもクリトリスは固くなってきます。左右に動かすよりは全体を下から上へペロンと舐める方が気持ちよさそうにされているので、しばらくペロペロと舐めたりしていました。舐めていると時折脚がガクガクとなるようですが、その時はクリトリスに直接舌が当たっているようで、あまり続けるとダメかなと舐め方を変えたりしていきました。1回目もやはりクリトリスに直接当たらないようにうまく包み込むようにして逝っていただけたので、できるだけそんな風に舐めるのですが、もともと半分くらいは露出しているくらいの大きさがあるので、なかなか難しい感じです。

それでも、強くなりすぎたかなと思ったら再び軽めに戻して、KFさんの感じておられる様子とクリトリスの固さを見ながら舐めていると、1回目ほどは時間がかからずに、逝きそう、となって2回目もしっかりと逝っていただけました。逝かれている間もやはり舌はクリトリスから離さないようにしていますが、そうした方が長く感じていただけるので、KFさんの腕が伸びてきて限界というあたりで、舌を離します。

DSC_0212_convert_20150904223549.jpg DSC_0211_convert_20150904223529.jpg

逝かれたあと、またベッドで横になりましたが、少し乳首の方を舐めさせていただいたところ、とても気持ちよさそうにされています。脚も絡ませ合いながら、両方の乳首を舐めさせていただきました。今度はKFさんから背中を舐められるのが好きとのことで、横を向かれたところで、胸を触らせていただきながら、背中を舐めさせていただきます。背中から首筋のあたりがかなり感じるようで、時間をかけて舐めさせていただきました。逝った後ということもあるのでしょうけど、背中だけでもかなり感じておられて、私も空いた手はKFさんの胸から太ももあたりまでを触らせていただきながら舐めていて、とても気持ちいい感触です。

スベスベで気持ちいいですねとお話をしていたところ、エステとかでも肌がすべすべですねと言われるそうです。クンニも好きですが基本的に女性の身体に触れているのが好きなので、楽しい時間でした。そろそろ時間が大丈夫かなと思ったところ、ちょうどよい時間でしたので、写真を撮らせていただいて帰り支度をしました。ホテルを出るときに新しいカップルがちょうど入ってきたところですが、さすがに金曜日の夜ということもあって、満室のようでした。私たちが出たので同じ部屋にそのカップルが入ったのかも知れないですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/818-9117e075