FC2ブログ
昨日のことになりますが、NZさんとお会いしました。この前にお会いしたのが5月だったので半年ぶりくらいですね。用賀の駅で待ち合わせをしたのですが、髪を短く切っておられて、ちょっと大人な雰囲気になっていました。髪を伸ばしていたときは服装もありましたが、とても30代の奥様には見えなかったのですが、若干奥様な感じが出ていました。家へ来ていただいてリビングでちょっとお話をした後にシャワーを浴びていただいて、寝室のほうへご案内します。前回はピンクのエプロンみたいなスリップでしたが、今日は紫とピンクのあいだのような色で、下着も大人っぽい感じです。

歯を磨いた後で、NZさんの隣に入って太ももを触らせていただきます。前回の時よりも太ったとおっしゃいますが、太ももはいい感じに張りがあってムチムチした感触が気持ちがよいです。早速掛布団を下へ落として、脚の間に入らせていただきます。外で2回お会いしてから、前回は家へ来ていただいたわけですが、やはり家のほうが落ち着けるということで、今回も家のほうで舐め犬をさせていただきます。どちらかというと、既婚のかたは自宅の方が落ち着くからいいとおっしゃる方が多くて、独身のかたはラブホのほうがお好きなかたが多いよな気がします。まぁ、平日の夜にお会いすることになるとやはりラブホになってしまいますけどね。

14463873150.jpeg

前回も1度逝っていただいた後は何度でも逝ってしまわれたので、今回も最初はゆっくりとソフト舐めて時間をかけたいところです。太ももの内側から脚の付け根あたりまで舐め進んでいったところで、パンティを脱いでいただいて、付け根から小陰唇のひだのところまでゆっくりと舐めていきます。小陰唇のひだがほとんどないくらいなので、小陰唇の上から軽く舌を合わせていっても、小陰唇には少し触れる程度になります。少しだけあるひだの両側へ舌を差し入れてゆっくりと上下に動かしたりしていきますが、すっきりとした小陰唇の割には感じてこられるとクリトリスがしっかりとぷっくりと盛り上がってきます。こうなってしまうとちょっと押すようにするだけで逝ってしまわれるので、ちょっとじらしながら軽く軽く舐めていきます。小陰唇の間には愛液があふれていて膣の入り口を舐めてみると、入り口がしっかりと閉じたようになっていて、感じておられるのがよくわかります。

軽く舐めていても、太ももの裏が熱を持ってきているのがはっきりとわかりましたので、そろそろ限界かなと思ったところでしっかりとクリトリスを舌で包み込んで逝っていただきました。少し脚も閉じ気味になるのですが、唇はしっかりと押し付けるようにして、できるだけ逝っていただく時間をながく感じていただくようにします。ここで、ちょっと電話がかかってきてしまったので、ちょっと中断しましたが、再開するとすぐにもクリトリスがぱんぱんになるほど固くなっていて、ぐっぐっと押していくと、先ほどよりも深く逝かれました。ちょうど最初に逝った後に電話で中断されてしまって、じらされたようになった効果なのかもしれませんね。

そのあとは、前回と同じようにクリトリスが固くなったと思って少し舌で押すようにするとすぐに逝ってしまわれます。深く逝くときと軽めに逝くときがあるとのことですが、しっかりと固くなったところで、クリトリスがしぼんで逝くまでじっくりと舌を離さないようにしていると深く逝けているのかなと思ったりします。ときどきお腹のあたりから胸のあたりまで手をのせて舐めさせていただいたりしているのですが、お腹のあたりに贅肉がほとんどなくて痩せておられるので、手のひらに緊張した筋肉の感じが伝わってきます。やはり逝くときには筋肉に力がはいるので、何度も逝くと疲れ気味になるようです。それで、あいだにちょっと休憩をはさみながら舐めさせていただきます。

すぐに逝ける方なので自分でオナニーをするときも何度かするのかを思ってお聞きしたところ、オナニーの時は1回だけで終わるそうです。1回逝ってしまうとムラムラもすーっとおさまってしまって2回目をする気にはならないとのことです。またクンニを再開させていただいて、今度は時折乳首の方も触らせていただくと、やはりクンニだけの時よりも感じ方が激しいようで、声も少し大きくなります。逝く回数が増えるにしたがって、固くなったときのクリトリスの大きさも大きくなっていきます。先のほうがむき出しになってとがってくるのが舌の感じでわかります。先を刺激するとちょっと強すぎるみたいですが、感じてこられるとどうしても先がむき出しになってしまって、気を付けながら舐めていきます。

14463873310.jpeg

前回は途中から顔面騎乗で舐めさせていただきましたが、今日はずっとM字開脚の体勢で舐めさせていただきました。上半身はすごく細い方なので、手を伸ばして乳首も触っていると身体全体を包み込む感じになって心地よいです。最近小陰唇の間に舌を差し入れて舐めさせていただいているときに、尿道のあたりに舌を触れさせたまま少しだけ動かすようにすると気持ちよいとおっしゃる方がいらっしゃったので、NZさんにもうかがってみたところ、クリトリスとはちょっと違った気持ちよさだそうです。今まではあまり気にしないで舐めていたのですが、そういう舐め方もいいみたいですね。

気が付いたみるとそとも暗くなっていましたので、あと30分くらいということで、最後にもう一度舐めさせていただきました。そんな短時間でももう何度か逝っていただけて、うれしいですね。先週は舐め犬でのお約束はなかったので、2週間ぶりになってしっかりと味わいながら舐めさせていただけました。やっぱり太ももの感触って何物にも代えがたいものがありますね。クンニが終わった後、写真を何枚か撮らせていただいて、シャワーを浴びていただきました。そのあとリビングで買ってきていただいたプリンをいただきました。やはり舐め犬の後の甘いものはおいしいです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/831-6e39e554