FC2ブログ
まだ寒さには慣れないですねぇ、昨日から床暖房をいれていますが、なんだか身体がついてきていない感じです。今日はMDさんにお会いしました。いつもならMDさんが来られる時刻には駅ビルでお茶をしているところなのですが、家でお昼を食べたのでMDさんから到着の連絡をいただいてから駅までお迎えに行きました。MDさんも今日は暖かそうなコートを着ておられましたが、昼間は日が差すと少しは暖かいものの日陰に入るとかなり寒いので油断は禁物です。いつものようにコンビニでお茶を買って家まで来ていただきました。リビングでしばらくお話をしてから、シャワーを浴びていただいて、MDさんは黒のスリップで出てこられました。寝室の方も暖かくしてありましたので、そのまま寝室へご案内して、私が歯をみがくのを待っていただきます。

布団の中に入って待っておられたMDさんの横に入って、少し脚のあたりなどを触らせていただいてから、布団を落として足元の方へと移動します。太ももの内側から舐めさせていただきますが、パンティの際のあたりを舐めているところで、MDさんも声を漏らし始めて感じてきておられます。パンティをとらせていただいて、脚の付け根のあたりから徐々に小陰唇のひだへ舌を進めていきます。それから小陰唇のひだの上に舌を乗せるようにすると、気持ちがよいようで声も少し大きくなりました。ひだの両側へと舌を差し入れながらゆっくりと動かしていきます。最近思うのですが、最初のうちはひだに舌が当たるだけでもかなり気持ちがよいようですので、極力舌の動きはゆっくりにして、舌の感触をじっくりと味わっていただいた方が感じていただける気がします。

14487236030.jpeg

ひだの間に舌を入れるようにしても相変わらずゆっくりと舌を動かして、じっくりと舐めていきます。ほとんど舌を動かさないくらいにして小陰唇の上に舌を乗せているだけなのですが、徐々に、MDさんのクリトリスがヒクヒクとして、頭を出してきているのが分かります。ヒクヒクしている感じを壊さないようにして、今度はクリトリスの上あたりを舌で覆うようにして、またヒクヒクが始まるのを待ちます。だんだんとヒクヒクする頻度が多くなってきていますが、まだ逝っていただくのは早いので、もう少し舌は動かさないようにして、MDさんのクリトリスの動きを舌で感じるようにしていました。もうすぐにも逝けそうなところを焦らすようにしていましたので、MDさんが腰を浮かせて舌の方へクリトリスを押し付けるようにされてきましたので、ここでクリトリスを包み込んで押すようにして、しっかりと逝っていただきました。そのあとも、クリトリスを押し続けていましたので、MDさんは声を上げ続けていましたが、完全に身体が脱力してがくんと腰を落とされたところで舌をはずしました。

一度逝ってしまわれるとクリトリスも大きくなったままですし、少し押すようにするとまた逝っていただけるのですが、タイミングをはかりながらしばらくは軽く舐めておいて、クリトリスがいっぱいに大きくなったところでぐっと押すようにして逝っていただきます。クリトリスの先端の下の方がかなり敏感なのですが、そこを舌で軽く撫でるようにするとMDさんも声をあげられます。あまりここばかりを刺激していると痛くなってしまいそうなので、しっかりと感じていただいたあとは包皮で包み込むようにして、クリトリスを刺激して逝っていただくようにします。時々膣の入り口の方も舐めさせていただきますが、MDさんの膣は入り口を舐めていると内側から盛り上がってくる感じで、そこが気持ちがよいのかMDさんの声も大きくなりますので、舌をできるだけ差し入れるようにしていきます。

何度も逝かれたあとでちょっと休憩ということで、横に並んで抱き合うようにします。太ももをMDさんの股間の間に差し入れるようにするとMDさんは股間を擦り付けるようにして感じておられます。乳首や背中などを触らせていただくのですが、クンニの余韻が十分の残っているようで、背中を撫でているだけでも股間を強く擦り付けて感じていただけます。落ち着いたところで再びクンニを始めさせていただきますが、軽く舐めているだけでも感じてこられて、クリトリスが固くなるとすぐにも逝っていただけます。ほとんど連続して逝っていただけるような状態が続いたところで、MDさんが指も入れて欲しいとおっしゃるので、指を入れながらクンニをさせていただきます。指を入れたところで、膣の上の方を押すようにすると気持ちがよいようです。クリトリスを押すようにしながら指も上の方へ押し付けるようにすると、声も今までよりも大きくなってさらに深く逝っていただけているようです。

また何度も逝っていただいたところで、MDさんが、そろそろ入れたい、とおっしゃるので挿入をさせていただくことにしました。パンツを脱いだところで、MDさんが最初は手で、それから口で元気にしてくださって、固くなったところで上に乗って挿入をされました。連続して何度も逝かれたからでしょうか、なんだかいつもよりも膣がきつく締っているように気がします。少し腰を動かしてはじっとして挿入の感触を楽しんでいただいたりを繰り返します。だんだんと感じてこられると、私の頭を抱きかかえるようにして、キスをされて、腰を使いながら楽しんでいただきました。そのあと、こんどは正常位で私が上になって欲しいとおっしゃるので、正常位で挿入させていただきました。

14487236210.jpeg 14487236410.jpeg

女性が上になるときは女性のペースで快感をコントロールされていますが、私が上になると膣が締っているときに動かすと気持ちがよいようですので、締りがきつくなるとしばらく動かしていて、MDさんの声もかなり大きくなったところで動かすのをやめると、MDさんの下半身が小刻みに震えるような状態になって、私にギュッと抱き付いてこられます。何度かそうしていると、今度は動きをやめたときに脚を私を身体に絡ませて、挿入されたままになった感触を楽しんでおられました。挿入しているときには女性の方が逝かれているのかどうなのかはよく分からないのですが、動きを止めるたびにかなり感じていただけたようです。

挿入を終えたところで、外もすでに暗くなっていましたので、終わりにして写真を撮らせていただきました。そのあと、シャワーを浴びていただいて、リビングで買ってきていただいたスウィーツをいただきました。MDさんはまだ学生さんなのですが、若い方には珍しく何度でも逝ける体質のようで、これから30代、40代となってムラムラが最高潮に達してきたころにはどんなことになるでしょうかね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/838-3428adb2