FC2ブログ
今日はMSさんとお会いしました。いつものように車でぶ~んと家まで来てくださいました。外に出ていなかったのでどれくらい寒かったのかは分かりませんが、家の中では床暖房をつけて、寝室の方もエアコンで暖かくしてお待ちしていました。リビングのほうで少しお話をしてから、シャワーを浴びていただきました。それから私が歯をみがきに行って、布団の中に入っておられたMSさんの横に入らせていただきます。脚を絡めながら最初は抱き合ってキスをしたりしますが、シャワーを浴びてこられたMSさんの身体は暖かくて抱いていると心地がよいです。反対に私の脚はちょっと冷たかったみたいです。

しっかりと抱き合った後、布団を落として足元の方へと移動します。太もものあたりから舐めていきますが、パンティはすでにとっておられたので、脚の付け根からそのまま小陰唇のひだのところまで時間をかけて舐めていきます。MSさんはいつもいきなり感じると、ひゃ~、みたいな声をあげられるのですが、今日も最初に小陰唇のひだに舌を触れさせた時はそんな声をだしておられました。多分、敏感なところに最初に舌触れてぞくっとするような感じなのではないかと思います。舌の感触にも慣れてこられたところで、ひだの両側に舌を差し入れて上下していきます。ひだの中に溢れた愛液が時々舌にも触れるので、たくさん溢れていることがその味わいで分かります。

14488111800.jpeg

前回は最初に逝っていただくまで時間をかけすぎたのか、いざというときになかなか逝っていただけなかったようですので、今日は適当なところで逝きそうになられたら逝っていただけるように少し強めに舐めてみようかと考えていました。ひだ全体が舌に慣れてきたところで、ひだの中に舌をいれて平たくしながら尿道のあたりに舌を添えるようにして、ゆっくりと動かします。ゆっくりと感じていただいたところでクリトリスの方へも舌を動かしていくと、そのたびにクリトリスの固さが増していくのが分かります。しっかり感じていただいたところで、クリトリスの上あたりを軽く舐めていくようにします。かなり固くなってはいますが、いつものようにパンパンになるくらいまでにはもう少し時間がかかりそうですので、焦らないでクリトリスへの刺激を続けていきます。

かなり感じてこられるとMSさんは時折また、あっ、といきなり声をあげられるのですが、そうなるともう逝きそうな感じになっておられるので、少し強めにクリトリスをぐいぐいと押すようにして舐めていきます。なんどかそんなことが続いたあとで、MSさんの声も途切れずに大きくなってきますので、脚を閉じられたところでさらにクリトリスを押すようにしていくと、あ~、の声を出しながら、かなりの時間連続して感じておられました。逝かれる少し前に乳首も触るようにしてみましたが、やはり乳首を触ると、舌の快感との相乗効果で早く逝っていただけるようです。逝かれたあともそのままクリトリスを刺激していましたので、声も小さくなってきたところで、また軽く舐めるように変更します。

一度逝かれるとクリトリスも敏感になっておられるので、軽くなめているだけで、再び包皮がパンパンになるくらいにクリトリスは固くなってきます。少し強めに押してみますが、逝かれた後ですので、そんなにすぐには2回目はいけないので、また軽く舐めることにして、膣の入り口あたりから平たくした舌をゆっくりと舐めあげていったりします。この時には、急に快感に襲われたときに、あっ、という声とは違って、あ~、と緩やかにいかにも気持ちよさそうな声をだして感じてくださいます。そのあとまたクリトリスへと戻って、軽く押してみた感じでMSさんの感じ方の具合を見計らいながら次に逝っていただくタイミングを見てみます。クリトリスの下あたりはやはり一番敏感な部分のようですが、そこを包皮で包みながら押すようにしていると、再び大きな声を出してこられたので、そのまま舌を押し付けて逝っていただきました。

だんだんとクリトリスの先も露出してくるようになり、舌がそこへ触れると、あっ とびっくりしたような声を出されるのですが、逝かれている間にそこを刺激していくと、さらに気持ちよさそうにされています。あまり刺激しすぎると痛くなってしまいますが、MSさんとはもう何度もお会いしていて、最初のうちはお会いするたびに新しい快感を覚えていかれて、最近はかなり深く逝っていただけるようになってきていますので、少し刺激の強い場所も一緒に舐めてまた新しい快感を覚えていただければいいなと、ちょっと無理な舐め方もしてみたいします。何度か逝かれたあとに、舐めている途中でMSが両手で私の頭を押さえて、もう無理、というところで、舌を離して少し休憩させていただきます。

休憩にはいると最初はMSさんと抱き合って、MSさんが余韻に浸って落ち着いてくるのを待っています。そのあとは身体を触らせていただいたりして、そろそろ落ち着いたかなというところで、再びクンニを開始します。今日はちょっとクリトリスのところをスカスカという感じで早めに舌を動かして舐めていたのがあまりよくなかったのかも知れませんが、後でMSさんに伺ったところでは、今日はちょっと感じ方に波があったそうです。舐められているのに限界がきて、もう無理、となると休憩をいれるようにして、クンニを続けているのですが、やはりだんだんと限界に達するまでの時間が短くなってきます。最後の休憩では、MSさんがいつものように私のものを手と口で元気にしてくださって、上に乗って挿入をされました。

いつもよりも少し長めに出し入れをしてからじっとして挿入の感触を楽しんでおられたようです。出し入れしたあとにしっかりと奥まで含んでもらって、じっとしているのは私も気持ちがよいものです。動いたり、抱き合いながらじっとしていたりしながら、女性上位で挿入を楽しんでいただいたところで、じっとしているうちに抜けてしまったところで、終わりになって、MSさんはしばらくの間私の上に乗ったまま抱き合って、ゆっくりと余韻に浸っていただきます。

14488111330.jpeg 14488111510.jpeg

今日はちょっと感じ方に波があったと後から教えていただいたのですが、クンニをしているときにはそれほど違和感もなく、普通に舐めていたのですが、再びちょっと早く舌を動かしていた時間が長すぎたのかも知れないなぁ、と後で思いました。このところは比較的お付き合いの長い方が続いていて、何度も逝っていただけるのに慣れてしまって、連続して逝っていただこうとしすぎているのかもしれないです。逝く回数は少なくても、1回、1回が深く気持ちがよければそちらの方がいいとは思うのですが、なかなか難しいものですね。

写真を撮らせていただいた後にシャワーを浴びていただいて、リビングで買ってきていただいたケーキをいただきながらいろいろとお話をしました。最近は日が短くなって、寝室を出てきたときには外はもう真っ暗でした。今年も残すところあと1月になりましたが、時間のたつのは早いものですね。時々撮らせていただいた写真を眺めたりしているのですが、今では会わなくなった方の写真とかが出てくると、もうあれから何年になるのか、と感慨深いものがあります。秋の夜長に今はムラムラはどんな風にして解消されているのかななんて、余計なお世話ですが、舐めさせていただいていたころの様子を思い出したりしています。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/839-7c07826a