FC2ブログ
OKさんとは少し間があきましたが、もろもろの用事などがあって一段落したところでお会いしました。今日はちょっと寒かったですが、待ち合わせをして、そこからいつもよく行くラブホへ向かいました。まだ時間も早いので部屋はたくさん空いていて、サービスのケーキやアイスクリームを持って部屋へ入りました。このところ自宅での舐め犬が続いていたので、ラブホは久しぶりな感じがします。とりあえず、お話をしながらアイスとケーキをいただいてから、OKさんにシャワーに入っていただきました。そのあと、私がシャワーを浴びて、すでにベッドの中に入っておられたOKさんの横に入らせていただきます。

いつも上半身から舐めさせていただくのですが、しばらくの間脚を絡めながら抱き合っていました。OKさんも久しぶりの舐め犬で性欲が溜まっていたのか、抱き合っているだけで、腰を少しくねらせながら私が背中からお尻、太ももへと手を伸ばしていくと、呼吸も少し荒くなってすでに感じておられるようです。それから乳首を左、右と順番に舐めさせていただいたあと、布団をめくって、お腹から腰のあたりと徐々に下へ移動して行き、脚の間へ入らせていただきました。OKさんから、じっくりと焦らして、と言われましたので太ももから脚の付け根へ進んだところで、すぐには小陰唇には触れずに、脚の付け根と小陰唇のひだの間をゆっくりと舐めていきます。まだひだへは舌が触れていないにもかかわらず、久しぶりの舌の感触に下半身が小刻みに震えるくらい感じておられます。

そしていよいよ小陰唇のひだの上に舌を触れさせていきます。ひだの下のほうは今までにないくらいに愛液がたっぷりと溜まっていて、一度では舐めとれないくらいの量です。ひだの両側をソフトにゆっくり舐めた後に、ひだの間にへ舌を差し入れて、平たく舌を密着させて感じていただきます。感じてこられるといつものようにお好みのAVを選択して、それを見ながらクンニを楽しんでおられます。クリトリスの上のあたりもできるだけソフトに舐めていきますが、OKさんは声をあげながら、下半身をプルプルさせておられます。いつもは最初に逝かれるまで少し時間がかかるのですが、今日は最初からとても敏感なようですので、いつもより早く逝っていただけそうな感じです。実際にクリトリスのあたりを軽く舐めていると、太もものあたりが熱くなってきて、OKさんも脚を伸ばして力んでおられたので、ちょっと早いかなとはおもいましたが、クリトリスのあたりを少し強めに押すようにしてみました。

14508677340.jpeg

そのまましばらく押すようにしてなめていたところ、逝きそう、とおっしゃって脚を閉じ気味にして私の頭を太ももで挟み込むようにして、エビぞりになって腰を浮かせると、大きな声をだして逝かれました。その間もクリトリスを押すようにしていましたが、かなり長い時間絶頂を感じておられたようです。最後には腰を落として脱力されたので、舌のほうも力を抜いて軽く添えるだけにしました。逝き終わってすぐに、OKさんが、挿入したい、とおっしゃるので、上の方へ移動して元気になったところで、私が上になって挿入させていただきました。舐めているときから膣の入り口がものすごくぴったりと閉じられてきつく締っているのが舐めていて分かったのですが、少し挿入できたのですが、あまりに締りが強くて、押し出されてしまいました。起ち方がちょっと弱かったのもありますが、それからうまく入らなくなってしまって、しばしそれで休憩させていただきました。

逝ったあとの余韻もまだ残っていて、軽く指で触れるだけでも感じておられたので、挿入できなかった分、クンニで感じていただこうと思って、すぐにクンニを再開させていただきました。逝かれて敏感になっている状態なので、軽く触れているだけでも、気持ちいい、とおっしゃっていつになく感じておられるようです。これまでは2回目は時間を空けるか、かなり時間がかかっていたのですが、すごく感じておられるようなので2回目の割と早く逝っていただけそうです。小陰唇のひだを口の中に吸い込むようにするのがお気に入りみたいで、軽く吸い込んだだけでも声をあげて感じておられます。ソフトに舐め続けていたところで、再び脚を伸ばして力んでこられたので、私も少しクリトリスを押すようにして舐めていたら、やっぱりすぐに、逝きそう、とおっしゃって2回目もしっかりと逝かれました。

そのあとは余韻を感じながら抱き合って身体を触ったりさせていただきました。いつもならこのあたりでAVはやめて普通の映画をご覧になるところなのですが、今日は、映画はご覧にならずに横になって脚を絡ませたりしていました。また挿入できるようになるかなと少し自分で触ったりもしていたのですが、今日はちょっと元気がないみたいです。私が自分で触っているときにはOKさんも腰を私の太ももに擦り付けたりして挿入を待っておられるようでしたので、代わりに指を挿入して舐めさせていただくことにしました。軽く舐めるのですが、感じてこられると指がギュッと締め付けられます。私も入り口あたりで指をすこし動かしながら舐めていると、今までよりも声を大きく出して、感じておられます。十分に感じてこられたところで、指は抜いて腰を両手で抱えて、しっかりと舐めさせていただくことにしました。途中ちょっと舐め方が強すぎるようになりましたが、軽めに軽めにと気を付けながら舐めていると、再び太もものあたりが熱くなって逝っていただきました。OKさんはいつも逝くのに少し時間がかかる方なので、何度もお会いしていますが多分3回逝っていただけたのは初めてではないかと思います。

そのあともAVなどを見ながら並んで横になっていて、時間もありましたので、再びクンニをさせていただきました。さすがに4回目は少し時間がかかりそうな感じではあったのですが、そろそろまた性感が高まってこられたかなというところで、設定してあったアラームが鳴って時間となってしまいました。OKさんももう一度逝けそうな感じになってきたところだったので、かなり残念そうにしておられました。写真を撮らせていただいてから、シャワーを浴びていただきました。シャワーから出てこられて着替えながら、OKさんがこれから年齢が上がってこれ以上性欲が強くなったらどうしよう、とおっしゃっていました。お会いしているアラサーの方はほとんどが仕事へ行く前にもオナニーをして行くくらいなのですが、他のアラサーの女性の皆さんはどうしておられるのでしょうね。

舐め犬に連絡をいただく方は確かに性欲を満たしたくて連絡をくださるのですが、その方たちが特に性欲が強いというわけでもなさそうなので、みなさん仕方がないときには我慢されているのでしょうか。やっぱりオナニーは何回してもなかなか満たされないみたいで、こうして舐め犬のクンニですっきりするとしばらくは落ち着くみたいです。今日はしっかりと挿入をできなかったのが悔やまれますが、OKさんに3回も逝っていただけたので、それはよかったなと満たされた気分で舐め犬を終えることができました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/847-8e32ff1f