FC2ブログ
今日からお休みに入りました。ここ数年はぎりぎりまで仕事をしていたので、ちょっと早めに休暇に入れると気分がいいですね。それで、少し前にお会いする約束をしていたITさんがその時は生理になってしまわれてキャンセルになったので、改めて今日お会いすることになりました。自宅の方まできていただいて、リビングで少しだけお話をしました。それからシャワーを浴びていただいて、いつものようにバスタオルだけをまいてITさんが出てこられたので暖かくしてあった寝室の方へご案内しました。実はお会いする前にITさんのメールでローターを持って行くのでローターを中に入れながら舐めて欲しいとおっしゃっていたのですが、手ぶらで寝室の方へ入られたので、そのことを伺ってみるとローターは持ってくるのを忘れてしまったとか。まぁ、私としてはローターはあってもなくてもクンニをさせていただければそれでよいのですが、以前は挿入はお嫌いだったITさんもローターを入れるくらいには中の方も気持ちよくなってこられたのだなぁと感慨深いです。

私も歯を磨いて寝室へ戻ると、さっそく掛布団を下へ下ろしてITさんの脚の間に入らせていただきます。前回は結構逝っていただけたので、今回はちょっと余裕をもって軽く舐めさせていただくことにします。太ももの内側は以前にくすぐったいとおっしゃっていたので、脚の付け根あたりから舐めさせていただきます。付け根のあたりからひだのあたりまでゆっくりと舐めさせていただくと、それだけで気持ちよさそうに腰を少しくねらせておられます。ITさんは声はそんなに出さないのですが、身体の動きで感じておられるかどうかだいたい分かりますね。小陰唇のひだに舌がふれると少し反応があって、そのあとひだの上をまったりと上下に舌を動かしていきます。

14511208570.jpeg

ひだの間にはやはり愛液がたっぷりと潤っていて、それを舌にからめながらひだの間に舌を動かしていきます。そんなに動かさないようにして舌で全体を覆うようにしていると、ときおりヒクっとするのがわかります。そんなに時間も経っていないのですが、ITさんがだんだんと脚を閉じて私の頭を太ももで挟み込むようにしてこられました。すでにかなり感じておられるようですが、まだ舐め始めて時間もそんなに経っていないので、できるだけ軽くして舐めさせていただくことにします。舌を平たくしてクリトリスの上のあたりをゆっくりと舐めていきます。軽く舐めているだけなのですが、ITさんが閉じている脚にもだんだんと力がはいってきましたので、そろそろ逝っていただいた方がいいかなと思い、ちょっと強めに押すようにしてクリトリスを刺激してきます。ITさんの太ももの挟む力も徐々に増してきたかと思ったら、今度はそのまま腰を浮かせて少しのけぞるような姿勢になってそのまま逝っていただけました。

逝かれると腰を落として脱力されますが、そのまま舐めているとちょっと刺激が強すぎるみたいでしたので、クリトリスはしばらくはずして小陰唇の周辺あたりとか、膣の入り口あたりを舐めさせていただいて、ITさんが落ち着いてこられるのを待ちます。もうそろそろ大丈夫かなというところで再びクリトリスの上あたりを舐めさせていただいていると、クリトリスも固くなってきて、それに伴って再びITさんの太ももにも力はないってきました。太ももの内側に少し熱を感じたところで、挟み込む脚の力がましてきましたので、クリトリスを押すように舐めると、身体をのけぞらすようにして腰を浮かすと2回目も逝っていただけたようです。

そのあとは後ろ向きの体勢で舐められたいとのことで、クッションを腰の下にいれていただいて、お尻を突き出した体勢で舐めさせていただきました。この体勢でクリトリスのところを舐めるのはちょっとむずかしいので、刺激も少なくその体勢ですこし長めに舐めさせていただきました。ふたたびM字開脚の体勢になるとすぐに逝っていただけました。舐めているときはITさんの身体に手を伸ばしているのですが、いよいよ限界になってくるとITさんは手をタップされて合図されるので、その合図とともに口を離してすこし休憩とさせていただきます。休憩中は後ろから抱きかかえるようにして、胸からお腹、お尻のあたりを手で触らせていただきます。逝ったあとですので、それも気持ちよさそうにされています。ちょうど目の前に背中があったので少し舐めさせていただいたのですが、それはくすぐったいとのことでした。

少し休んだところで、ITさんが今度は上に乗りたいとおっしゃるので、顔面騎乗の体勢で舐めさせていただきます。最初は私の口のところへクリトリスを持って来たり、徐々に移動させて膣の入り口あたりまで動かしたりして楽しんでおられましたが、だんだんと感じてこられるとクリトリスが中心になってきます。いよいよ感じてこられるとクリトリスを私の口に押し付けるようにしてこられるので、私も少し強めに舐めさせていただきます。だんだんといい角度で舐められるようになって、最後はクリトリスをうまく包み込めるような体勢になって、上に乗ったまま逝っていただけたようです。ふたたびM字開脚に戻って舐めていたところ、ITさんが指も入れて欲しいとおっしゃるので、人差し指を少し挿入しながらクンニをさせていただきました。クンニが気持ちがいいのか、挿入したところが気持ちいいのか、感じてこられると膣の入り口がきゅっと締って、さらに膣の中がくにゅくにゅと動くようになりました。

14511208420.jpeg 14511208240.jpeg

途中から指のほうはもういいとのことでしたので、普通にクンニをさせていただきました。ITさんが逝く感じもだいたい分かってきましたので、軽く舐めていてITさんの脚に力がはいったところで、押すようにクリトリスを舐めると逝っていただけます。また何度か逝っていただいたところで、電マを持っていましたよね、と電マでの刺激を希望されたので、電マを取り出して使わせていただきます。電マって結構振動が強いのでどうかなという感じはありましたが、感じてこられるとやはり脚を閉じてこられたので、少しだけ振動を強めにして、クリトリスによく当たるようにしているとまた逝かれてしまったようです。

それで今日のところはもう十分に感じましたということで、クンニは終了にさせていただきました。舐めているときに腰に手をまわしていて気が付きましたが、前回お腹がすっきりとされていたのでせっかくだからとくびれの写真を撮らせていただいたところですが、さらにウエストの肉がなくなったような気がしました。短い期間に結構ダイエットってできるものなのですね。

シャワーを浴びて出てこられてから下さったケーキを一緒に食べましょうかと言ってところ、ケーキは私に買ってきてくださったとのことでしたので、後から食べることにして再び冷蔵庫へしまいました。(ITさんとお別れしたあとに夕食の前にいただきました)。ITさんはほとんど声を出さないので、はっきりとは分かりませんが、今日も何度も逝っていただけたと思いますのでよかったです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/849-5c4b1a1f