FC2ブログ
今日からかなり寒くなりましたが、今日はMSさんとお会いしました。仕事も終わって休みにはいると心置きなく舐め犬に徹することができるので気分もよいですね。少し前に連絡をいただいて、いつものように車で自宅まで来てくださいました。リビングで少しお話をしてからシャワーを浴びていただいて寝室へご案内します。歯を磨き終えてから寝室へ戻って、MSさんの隣へ入らせていただきます。抱き合いながら脚を絡ませたりして気持ちを高めていただきます。キスをしながら背中から胸のあたりまで手を移動させていきます。ゆっくりと時間をかけた後に掛布団を落として脚の間に入らせていただきます。

もう何度もお会いして舐め犬にも慣れてこられたので、最初から脚を大きく広げて舐めやすくしてくださっています。脚の付け根から小陰唇のひだのあたりまでを舐めているとMSさんの呼吸も少し変わってきて、徐々に感じてこられているのが分かります。今日も最初はソフトに舐めていきます。ひだの上に舌を移動させて、間に差し入れていくと、愛液がたっぷりと溜まっています。それを舌に絡めながらひだの中全体にいきわたらせて、全体にしっとりしたところで舌を平たくしてひだの中全体を覆うようにして、軽く左右に動かしていきます。軽く舐めていますので、刺激もソフトですが、このくらいの刺激で徐々に感じていただいて、感度をあげていただくのがよさそうなので、焦らずにゆっくりとMSさんが感じてこられるのを待ちます。

14512116130.jpeg

いつもよりもソフトにじっくりと舐めていますので、MSさんもちょっともどかしく感じられたかもしれませんが、時間が経つにつれてクリトリスの方もしっかりと大きく固くなってきます。クリトリスの上の方を舐めているとだんだんとMSさんが私の口に押し付けるようにしてこられるので、そろそろもっと強く舐めて欲しいと思っておられるのだろうと分かってきます。唇を軽く押し当ててみると、クリトリスの盛り上がりもはっきりとしています。MSさんがクリトリスを押し付けてくるのに合わせて私も徐々にクリトリスを押す力を増していきます。クリトリスを包皮でくるむようにしながら、少し舌の方を押すようにしながら左右に舌を動かしていくと、MSさんが、あっ、と声をあげられました。そのまま強めに押すようにして舐めていくと、腰を少し浮かして、脚も閉じ気味になってきましたので、そろそろ逝っていただけそうなので、さらに強めに舐めていきます。

ちょっと強すぎるかなと思って、少し緩めると、それに合わせてクリトリスがぷくっと大きくなっています。そこを再び刺激していくと気持ちよさそうに感じておられるのが分かります。だんだんと絶頂に近づいているようですので、その調子で舐めていくと、最後に大きな声をあげて逝っていただきました。そのあともまだクリトリスはしっかりとしていますので、続けて舐めていきます。少しクリトリスがしぼんだかなと思ったところで、唇を緩めると再びクリトリスは固さを増してきます。同じように強めに舐めていくと、MSさんも再び声を出しながら感じておられます。一度逝かれてそれが少しは収まったようですが、すぐにもまた同じように絶頂を迎えておられる感じがします。その後も、少し唇を緩めるとクリトリスが固さを戻すので、さらにぐいっと舐めてみると、また感じてこられるというのを繰り返していました。

最後はクリトリスの先端がむき出しになっているところを直接刺激するような感じになりましたが、MSさんの声はさらに大きくなって深く逝かれているようです。さすがにMSさんの手が私の頭に伸びてきて、これ以上は無理、とおっしゃるのでここで休憩にさせていただきました。いつもならもう少し逝かれている時と、その間のソフトに舐めているときが交互にやってくるのですが、今日は快感が上り詰めていくのもゆっくりではありましたけど、反面そのあとは感度が落ちることなく感度の高いままで逝ったり、少し戻したり、を繰り返していたような印象がありました。休憩になってMSさんの横に並んで抱き合いながら余韻を楽しんでいただきましたが、そのままうとうとしたりして、MSさんも余韻に浸りながら眠ってしまわれたようです。これまでも何度か休憩をはさんで、最後の方にうとうとすることはありましたが、今日は最初の休憩からそんな風になられたので、かなり深く逝っていただけたのかなと思います。

目が覚めてから再びクンニをさせていただきましたが、最初はまたソフトに舐めながらゆっくりと感度をあげていただきました。最初と同じようにまた絶頂を迎えると、感度があまり落ちることなく、何度か逝っていただけたようです。最後の方はほとんど叫ぶように声をあげられていました。休憩に入ると、私のものを握って元気にしてくださって、私もMSさんの身体を触ったり、太もものあたりを触ったりして、最後にひだの間に指を挿入すると愛液でヌルヌルになって、指で少しだけクリトリスを触っただけでも声を出して感じておられます。そこで、再び脚の間へ移動してしっかりと舐めさせていただきました。最初の休憩と違って感じたまま、また舐め始めましたので、すぐにも絶頂に近づいてクリトリスが固くなりっぱなしで感じておられます。今日はなんだかクリトリスにあたる口の向きがちょうどクリトリスを包皮で包みながら舐めるのにいい角度になっているようで、いい感じの強さでクリトリスを舐めることができているように思います。

最後はまたクリトリスの先端の部分に直接触れるように舐めていましたので、かなり強烈に感じておられて限界に達してしまわれたようです。そのあと休憩でまたいつものように私のものを手で元気にしてくださって、そのあと、舐め合いたい、ということで69の体勢でお互いに舐め合いました。このまま挿入になるところなのですが、その前の休憩でMSさんに手で触られていた時はすごく元気になっていたのですが、今回はちょっと起ち方に力がなくて、MSさんが逝かれたあとで挿入しようとしたのですが、MSさんが上になったところで柔らかくなってしまって、結局そうにゅはできませんでした。今週はなんだか勃起力がないのか、女性の方が挿入をしたいところでうまくいかず残念です。まぁ、舐め犬ですから舌が動けばよいのですが、やっぱり女性の方が望まれていことはして差し上げたいものですね。

14512115980.jpeg 14512115820.jpeg

そのあとはしばらく抱き合って余韻を感じながら過ごさせていただきました。いつもなら私の肩口にMSさんの頭が来るような位置で抱き合っているのですが、私がMSさんの胸元あたりに頭が来るような位置で、MSさんに抱きかかえられるような感じで抱き合っていました。MSさんの背中からお尻のあたりまで手を動かしながら、そんな体勢でしばらくの間まったりとしながら過ごして今日は時間になりました。

写真を撮らせていただいた後に、シャワーを浴びていただいて、リビングで買ってきていただいたケーキを一緒にいただきました。MSさんとは今年はたくさんお会いさせていただいて、クンニに対する反応もお会いするたびに新しいものがあり、最初のころに比べるとほんとにMSさんも感じやすくなって、何度も絶頂を感じていただけるようになって、今考えてみるとびっくりしてしまいます。さすがにこれ以上はなかなかないくらいまで毎回深く逝っていただけるようになっていますので、さらに何かがあるとは考えにくいところですが、来年はまた今の感じ方を毎回楽しんでいただけるように舐めていきたいものですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/850-3d147393