FC2ブログ
お正月も終わって完全に通常モードですが、CHさんとお会いしました。年明けか今日かということで連絡をいただいたのですが、年明けは仕事が終わるかどうかという感じでしたので、休日のほうがゆっくりお会いできるということになりました。お近くなので直接家まできてくださいますので、私のほうは自宅で洗濯などしながらお待ちしていました。天気もよかったので自転車で来られたみたいです。リビングでちょっとお話をしてシャワーを浴びていただきました。CHさんはいつもだいたい黒の下着ですが、今回も黒の下着で出てこられて、布団乾燥機でちょっと熱いくらいになった布団の中に入って待っておられました。

私もベッドの横に入って、太ももを触りながら、掛布団を落として下のほうへ移動します。ベッドのマットもぬくぬくになっていて、腹這いになってCHさんの脚の間に入らせていただくとお腹が暖かくて気持ちよいです。太もものところから舐めさせていただいて、パンティの際間を軽く舐めていきます。CHさんからちょっとだけ声も漏れたりします。パンティをとらせていただくと、脚の付け根のところから小陰唇のひだの間を軽く舌を触れる程度にして、上下に舐めていきます。小陰唇のひだに軽く舌を触れてみると、愛液がひだの間に溜まっているのがわかります。CHさんも少しトーンの高い声を出し始めました。

DSC_0394_convert_20160111084241.jpg

ひだの両側へ舌を差し込むようにしてひだが伸びてくると舌を平たくしてじっくりと下から上へと舐めていきます。感度も上がってきてひだのほうも少しふっくらとしてきたところで、ひだ全体を覆うようにして上下に舐めていきます。時折、ひだを吸い込むようにしてみますが、やっぱりひだを吸い込むのは気持ちよいみたいですね。できるだけ舌を平たくして密着させながら少しずつ動かして舐めていきますが、愛液が舐めとったあとも少しずつ出てくるのが味わいで分かります。こうしてできるだけソフトにして舐めながら逝くときにはしっかりと逝っていただきたいと思っていたのですが、ゆっくりと舌を動かして、クリトリスもまだしっかりとは固くなっていない状態で、CHさんが脚を閉じ気味にして腰を浮かすようにされたと思ったらヒクヒクヒクとなって、逝ってしまわれました。私もあまりに急に逝かれてしまったので、対応不足で、しっかりとクリトリスを押すようにできなくて、普通に逝ってしまわれました。

CHさんもそんなに何度も逝けるわけではないので、じっくりと高めてから大きく逝きたかったそうなのですが、急に逝きそうになってそのまま逝かれてしまったそうです。逝かれたあとも続けて舐めさせていただいていて、CHさんが指も入れて欲しいとおっしゃるので、人差し指を挿入しながらクリトリスを中心に舐めていきました。逝かれた後ではありますが、膣も締ってきて指がだんだんと強めに包まれていくので、CHさんが再び気持ちよくなって来られたのは分かりますが、逝くところまでは達しないまま、ちょっと休憩することになりました。CHさんも逝ったあとだから連続しては無理かなと思って、指も入れてもらったけど、やっぱり時間がかかるみたいとおっしゃっていました。

しばらくお話をしてから、再びクンニを始めさせていただきました。再びソフトなクンニから始めさせていただきます。クリトリスはすでにしっかりと形が分かるくらいになっていますので、しばらくは膣の入り口あたりを舐めさせていただきますが、入り口のあたりに舌を当てるようにしてゆっくりとうごかしていると、新たに愛液が少しずつ溢れてくるのがわかります。CHさんもこのあたりを舐めていると声を漏らして気持ちよさそうにされています。だんだんと感じてこられると、膣の入り口が狭くなって膣も締ってきているのがわかります。膣の入り口をゆっくりと舐めたあとに、クリトリスへと戻るとCHさんの声のトーンも少しかわります。クリトリス全体を包み込むようにして軽く動かしていると、CHさんの太もものあたりが熱くなってきたのがわかります。そのまま続けていると、逝きそうになってこられたので、CHさんが腰を浮かすのに合わせて、舌をクリトリスに押し付けるようにして、今度はしっかりと逝っていただけました。

同じようにして続けて舐めていると、再び逝っていただけそうになって、CHさんも腰を上げて脚を閉じ気味にされたので、クリトリスから舌を離さないようにしていましたが、逝っている途中でCHさんが脚が釣りそうになって、中断することになりました。CHさんは逝きそうになて力んだときに脚が釣りそうになることが多いので要注意ですね。そのあとはベッドで横に並んで脚を絡めたりしながら少し長めに休憩させていただきました。舐めているのも好きですが、こうして休憩しているときに身体を寄せ合ってまったりと時間を過ごすのも気持ちよくて好きです。もう一度クンニを始めようかなというところで、CHさんが胸も舐めて欲しいとおっしゃるので、CHさんの背中に手をまわしながら乳首をゆっくりと舐めさせていただきます。もう片方の乳首に移るときにちょっと起き上がって膝をCHさんの股間に押し当てるようにしながら、乳首を口に含ませていただきました。

DSC_0395_convert_20160111084226.jpg DSC_0396_convert_20160111084212.jpg

そのあと、するするっと下の方へ移動して、そのままクンニを再開させていただきました。乳首をしっかりと舐めさせていただいた後だからでしょうか、クリトリスの周辺を舐めているときにすでにCHさんの声も漏れてきて、感じておられるのがわかります。また最初は軽く舐めていると、そんなに長くは舐めていなのですが、いままでよりもずっと短い時間で逝ってしまわれました。やはり、何度か逝ったあとは、感度が高まっているので、徐々に逝くまでの時間が短くなるみたいですね。(これは男性とは逆ですね)。ソフトな舐め方に戻してクンニはそのまま続けていましたが、またすぐに逝かれましたので、今度は逝かれている間に少し強めに唇を押し付けて舐めさせていただきました。逝っている間に、少しクリトリスもしぼんだところで、唇を押し付けるとまたぷくっとしてきますので、そこを舐めるのですが、完全に逝ききってしまうとクリトリスも完全にしぼんでしまうのです。

もう最後なのでクリトリスに直接舌を当ててなめていたのですが、CHさんの声も今まで以上に大きくなっていましたが、さすがに直接だったので刺激が強すぎで途中でストップがかかりました。CHさんも最後はびりびりとしてきたとおっしゃっていましたが、こうして逝ったところでさらに舐めると気持ちよさの質がちょっと違うそうです。一旦逝ってしまったあとに、再び波が来るという感じらしいです。そこで直接クリトリスを舐めるときは人によっては刺激が強すぎることになるので、注意しないとですね。

クンニを終えてから、リビングで買ってきていただいたエクレアをいただきました。CHさんは前回もそうでしたが、ドリップコーヒーも持参してくださって、コーヒーでいただきました。以前のブログで、モンカフェというのを、モンプチと私が書いてしまっていたそうで、あれでは、猫の餌です、と言われてしまいました。まぁ、そういう間違いもありますよね。クンニを終えて、二人で猫の餌を味見している図もなかなかシュールですけど。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/856-16453ade