FC2ブログ
三連休の最後ですが、OKさんとお会いしました。このところ月に1回くらいのペースでお会いしているので、脚の間に挟んでいただくのもすっかりなじんだ感じがします。いつもはラブホでお会いしているのですが、久しぶりに自宅のほうでお会いすることになり、用賀の駅で待ち合わせをしました。以前に一度自宅でお会いしたのですが、かなり前のことになります。途中で飲み物を買って自宅の方へ来ていただくと、リビングでしばしお話をしました。

昨年4Kテレビに買い替えたのですが、4Kってどんな感じ?、ということで4Kで録画してあった熊川哲也のバレエの番組をご覧いただくことにしました。ちょうどこの公演を観たかったとのことで、これを見ながら舐めてもらえる?、ということになって、久しぶりにリビングのソファーで舐めさせていただくことになりました。そうと決まったらOKさんはシャワーを浴びることにして、バスタオルを巻いてでてこられました。念のためソファーに別のバスタオルをひいてその上に座っていただきます。私もソファーでのクンニはしばらくしていなかったので、床に座ってOKさんのパンティをはいていない脚の間に顔をうずめるのはベッドの寝ころんで脚の間に入るよりもちょっといやらしい感じがして興奮するものですね。家のリビングはカーテンをしてもそんなに暗くはならないので、OKさんも最初はちょっと恥ずかしそうにされていましたが、舐め始めるとそういうこともなくなってきたいみたいです。

今日お会いするのが決まっていたのですが、OKさんは朝から我慢できなくて一度オナニーをされてきたそうです。それでも、舐め始めると小陰唇のひだの間には愛液がたっぷりと溜まっていて、舌で掬い取って舐めがいがあります。愛液を全体に絡めながらひだのあたりをまずはゆっくりと上下に舐めていきます。感じてこられるとひだも充血してきてぷっくりと厚みを持ってくるのですが、それを舌で左右に動かしたりします。時々は口の中に全体を吸い込むようにして舐めるとOKさんも気持ちがよいみたいです。だんだんとクリトリスも固くなってきて、太もものあたりも熱くなってきましたので、そろそろOKさんも逝ってしまわれるかなとちょっと強めに包皮でくるんだクリトリスを押すようにしてみますが、もうちょっとタイミングが合わないみたいでなかなか最後までは逝けない状態が続きます。

14525232140.jpeg

あまり強くなるのもどうかなと思いつつ、強めにしたり弱めにしたり、強弱を付けながら舐めていましたが、最後はぐいぐいぐいと舌を押し付けるようにするとともに、OKさんも、あ~、と言いながら逝っていただけました。逝っている間に身体も微妙にピクピクと震えるようになって、かなり深く逝っていただけたようです。そのあと、エッチなビデオはないの?、ということでサーバーに保存してあるビデオをテレビでそのまま見れるので、それをちょっと見ていただきました。OKさんはラブホではだいたいAVを見ながら逝くときにはいいシーンを見ながらということが多いので、やはりビデオがあったほうがよいみたいです。

同じビデオなら寝室のテレビでも見られますよ、ということで、今度は寝室の方へ移動して、ビデオをご覧いただきながら舐めさせていただくことにします。保存してあるビデオはほとんど無修正で、OKさんも無修正のはあまりご覧になったことがないので、ちょっと興味を持たれたようです。ビデオをご覧いただきながらゆっくりと舐め始めました。1回目はソファーで口の当たる角度がちょっといい感じではなかったのですが、ベッドのでだとちょうどいい具合に口がクリトリスのあたりに当たるようになりました。クリトリス周辺は一度逝ってしまったので、かなり敏感になっていて、あまり強くするとOKさんの手が伸びてきて、ちょっと休憩となってしまいますので、できるだけ軽く舐めるようにします。

OKさんの方も好みのビデオを探しながら、逝けそうなシーンでは脚にも力がはいってきますので、私も少し強めにクリトリスを包み込むようにしながら舐めていきます。途中で休憩なども交えて、その間はOKさんを後ろから抱きかかえるようにして、胸のあたりを触らせていただいたりしました。暖かい部屋でこうして抱き合いながら少しだけ汗ばんだ身体を寄せ合っているのは気持ちよくて癒されます。そのあと、胸を舐めて欲しいとおっしゃるので、胸をしっかりと舐めさせていただきましたが、そのまま下のほうへするすると降りて行って、クンニを再開しました。

軽く舐めるだけですでにかなり感じておられるのですが、それにもまして愛液が下へ垂れるくらいにたっぷりと溜まっています。それまでちょっと強めに長く舐めてしまったので、クリトリスの周辺では軽く舐めていきます。それでも、クリトリスの気持ちいい部分いい部分い軽く舌が触れているだけでも気持ちがよいみたいです。逝きそうになられた時もそんなに強くせずに、舌は離さないようにして、舐めていましたが、今日は身体を震わせるようにして、逝ってしまわれました。そのあとも一休みしてから舐めさせていただきましたが、逝っていただくという感じよりは軽く舐めているうちに身体が震えてきてそのまま限界に達したという感じでした。

クンニが終わってシャワーを浴びてから、一緒に買って来てくださったケーキを一緒にいただきました。最後のほうは逝っていただくために舐めているというよりは、軽く舌が触れているだけでも気持ちよさそうにされているので、舌の柔らかくて暖かい感触をゆっくりと味わっていただいた感じでした。OKさんはお付き合いは長いですが、そんなに何度も逝くという体質ではないので、こんな感じで何度か逝っていただいた後はまったりと舌の感触を楽しんでいただくのもいいかもしれないです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/857-7d92ba91