FC2ブログ
今日も天気はよいですね、寒いですけど。今週お休みしているので、午前中は予定も全くないのでこうして今のうちにブログの記事も書いてみようかなと思ったりしています。

先日初めてお会いした方もそうだったのですが、舐めさせていただいて、感度の方もぐっと上がって声も大きくなって逝かれたのかなと思う瞬間が何度かあったりするので、一休みした時に、逝けたかんじですか?、と伺ってみたろころ、逝くってよく分からないので、とおっしゃる方がいらっしゃいます。確かに舐めていて、逝く、とおっしゃって身体を硬直させたあとに脱力されて確かに逝っていただけたというのとは違って、逝く、とはおっしゃらないのですよね。それで、私も後でお聞きしたりしているのですが、ご自分でも分からない方がいらっしゃるのですね。

男性の場合は単純に射精がありますから、気持ちよさの度合いはいろいろでも、明らかに逝ったというのは分かるわけですが、女性の場合は、太ももの裏あたりが熱くなってきてクリトリスがしぼむ感じがあると私としては逝っておられるという感触をもつのですが、ご本人はまた別のようです。なにか突き抜けるようなものがあると逝ったと実感できるものなのでしょうか。

舐め犬を始めて間もないころでしたが、何度か逝かれたような感じになられたのですが、そのうちの1回は逝かれた後にとても恥ずかしそうにされていて、後でお聞きすると、つま先から頭の先まで稲妻が走った、こんなのは初めての経験です、とおっしゃいました。それからはその方にとっては、それが逝くという経験となったわけですが、それまでは、もう少し手前のところで気持ちよい状態が逝くだったそうです。自分でも経験をしたことがない快感を経験して、その瞬間思わずすごく大きな声を出して感じてしまって、それを私に見られてしまって恥ずかしく思われたみたいですね。

なので、女性の方の逝くはかなり主観的なところがあるようですね。ただ、以前にディスカバリーチャネルで女性のオーガズムに関して科学的に分析する番組で、MRIの機械に入ったままオナニーをしてもらって逝く瞬間脳がどうなっているのかを測定していましたが、逝く瞬間は脳全体が活動状態になっていて、しっかりと逝く瞬間がとらえられていました。そう思うと、逝くというのも単なる思い込みではないようです。私も、太ももの熱さや、クリトリスの大きさの変化があるので、単に主観的なものでもないという感じではいるのです。

あとは慣れもありますよね。私も小学生のころ、手でこすってするオナニーは本でみて、こうやって握って上下させるとオナニーなんだ、と思って、部屋にこもってひたすらこすっていましたが、射精をするまでかなり時間がかかりました。逝ったときは精液もでるし、気持ちいいし、かなりびっくりしましたけど、そのあと少しするとちょっとこすっただけですぐに逝けるようになりました。女性の方も、子供のころに机の角に擦り付けたりして気持ちいいのをオナニーと知らずにしていた、とお会いした女性の方からよく聞くので、そうやってオナニーを経験してきた方は逝くという感触も得やすいのでしょうかね。

せっかく長く舐め犬をやって、お会いした女性の方にこうして舐めた方が気持ちがいい、といろいろ教えていただいているので、逝くことだけが舐め犬を使う目的ではないでしょうけど、やっぱり勇気をだして連絡いただいたのですから、できればクリトリスで感じることのできる一番気持ちいい瞬間を経験していただきたいですね。でも、やっぱり、いろんな方にお会いすればするほど、女性の方が逝くっていうのは奥が深くて神秘の世界です。みなさんが、身体が痙攣してしまうくらいに感じていただければよいのですけど、な~む~。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/861-fe92ad81