FC2ブログ
寒くなったり暑くなったりですが、今月に入ってから舐め犬のほうは冬眠状態というか、お誘いがなかったので週末ものんびりと過ごしたりしていて、このまま永眠してしまうのではないかと思っていたところ、先週末にMSさんから連絡をいただいたのですが、私の都合が悪くてその時はお会いできませんでした。それで、今週は平日の夜も大丈夫ということで、昨日仕事帰りにお会いすることになりました。いつものように車で自宅のほうへ来られたのですが、仕事帰りということで、夕食も買ってきてくださって、まずはリビングのほうで食事をしながらお話をさせていただきました。年末以来お会いしていなかったのでいろいろ話もありましたが、時間も短いので食べ終わって少しお話をしたところで、シャワーを浴びていただきました。そのあと、私も帰ってきたところですので、軽くシャワーを浴びて寝室の方へ入りました。

しばらく舐め犬をしていなかったのもありますが、ちょっと浮ついたような気分と、しっかりと舐めて感じていただけるだろうか、などと考えながら、ベッドでお待ちいただいたMSさんの隣に入らせていただいて、抱き合いながらキスなどをしたりして、気持ちを高めていただきます。部屋は暖かくなっていたので、掛布団を下へ落としてMSさんの脚の間に入らせていただきます。いつもの舐め犬のポジションですが、若干の違和感を感じつつも、いつものようにMSさんの太もものあたりから脚の付け根へと舌を動かしていきます。脚の付け根からは小陰唇のひだとの間をゆっくりと舌を上下させながら舐めていきます。最初にひだのところに舌があたると、MSさんも声をだして感じ始めておられます。

14558059360.jpeg

ひだの上を舌で覆うようにしてゆっくりと舌を動かしているうちに、だんだんといつものこの体勢がしっくりとくるようになってきました。舌を軽く動かしているうちに、ひだの間は愛液でしっとりとしてきて、ゆっくりとそれを味あわせていただきます。クリトリスの上あたりも軽く舐めていくのですが、だんだんとクリトリスは形をはっきりとさせて、大きくなってきます。ちょっとだけ唇を押し付けるようにして、ぷくっとさせて舐めたりもしますが、まだゆっくりと時間をかけた方がよいみたいですので、また軽い舐め方に戻って、MSさんの感度が高まってくるのを待ちながら舐めていきます。クリトリスがしっかりと固くなってくると、MSさんも股間を私の口へ押し付けるようにされてきますので、そろそろかなと思ってクリトリスを包皮で包むようにしてすこしだけ押すようにして、舐めていきます。

何度かそんな風に押してみたりしているうちに、MSさんも身体をこわばらせてこられて、あ、っと声を出されたので、いよいよ逝っていただけるタイミングかなと思い少し強めに押していきます。MSさんも身体をややのけぞらすようにして声をだしておられたのですが、ガツンと逝く感じではなく、クリトリスも少ししぼんでしまいました。再び軽く舐め始めて、クリトリスがしっかりと固くなって、はち切れんばかりになってきたところで、MSさんもまた身体をこわばらせるようにして、逝きそうな感じではあったのですが、なかなかすっきりとは逝っていただけないのが続きます。結局、逝きそうな感じにはなるのですが、そのあとがなだらかに落ち着いていく感じで、突き抜けるような感じで大きな声を出してしっかりと逝くいつものMSさんの絶頂を見ないままに、一休みとなりました。

ベッドでMSさんの横にならんで抱き合いながら一息入れていただいていましたが、その間にMSさんも、今日はなかなか上がって来ないのでまったり楽しむ感じですね、とおっしゃっていました。3週間くらいのブランクでそんなに逝く時おポイントを逃してしまうものかなと、ちょっと反省していたのですが、うまく逝くポイントが合うときにはなんの問題もないのですが、一度悩みだすと、難しいのですよね。少し休憩をはさんだので、また仕切りなおせば逝っていただけるかなと思い、再び脚の間に入って舐めさせていただくことにしました。

こういう時は、初心に帰って軽くソフトに舐め始めるのがいいので、舐め始めてすぐにもクリトリスは固く大きくなってはいますが、逝きそうになる直前までは軽く舐めるようにしました。もう唇を押し付けたりしなくても、ぷっくりとなるほどにクリトリスは大きくなってきています。その上から、舌でさするようにして舐めていると、MSさんもだんだんと声を大きくされて、身体をこわばらせるようにしてこられました。もういいかなと少し舌でクリトリスを押すようにするのですが、ふと気が付くとクリトリスがしぼんでしまって、不完全燃焼のままMSさんも脱力されます。時折、クリトリスからは舌をはずして、膣の入り口あたりも舐めさせていただきますが、愛液もしっかりと溢れて、かなり感じてはいただけているのですけどね。

ご飯を食べた後で食欲が満たされたのもあるのかなと考えたりしていました。舐める方の私の感じでは空腹のほうが何だか興奮度が高いような気がしているのですが、女性の方はどうなんでしょうね。まぁ、単なる言い訳に過ぎないのかも知れませんが、なかなかうまくタイミングが合わないみたいなので、MSさんが身体をこわばらせて逝きそうになられた後は、再びソフトに軽くから始めて舐めさせていただくようにしていました。MSさんとの舐め犬では最初のうちはお会いするたびに逝くときの深さが大きくなっていく感じだったですし、かならず何度かは突き抜けるような絶頂に達していただいていたので、ちょっと残念なクンニになってしまいました。

14558058970.jpeg

そうこうするうちに夜も遅くなってきましたので、休日のお昼からお会いする時に比べるとちょっと短いのですが、クンニの方は終了となりました。MSさんもこのところいろいろお忙しくて、ぱっと晴れやかな気分でなかったので、それもあるのかなとおっしゃっていました。たまにはこうして突き抜けるような絶頂はないですが、まったりとじんわりした快感を感じていただきながら過ごすクンニもありでしょうか。

リビングへ戻ってから、本当なら先週末にくださる予定だったチョコレートをいただいたので、それをつまんでお話をしてから、お別れしました。これまで平日の夜にお会いしたことはなかったと思うのですが、今週末を待っていると生理になってしまうかもと、ちょっと無理をして時間を作っていただいたそうですが、奥さまですので平日の夜にあまり遅くなってしまってはいけませんものね。

それにしても、私が久しぶりの舐め犬だったためにタイミングをしっかりと感知することができなかったのかという思いもあり、ちょっと不完全燃焼でした。お帰りになってからLINEでメッセージをいただいて、来月は絶頂までいけるように期待しましょう、ということで、お互いに次回をまた楽しみに待つことにしました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/863-c54e709b