FC2ブログ
昨日のことになりますが、SYさんと仕事帰りにお会いしました。先月は結局お二人の方とお会いしただけだったのですが、なぜか今週の水曜日には4通も連絡をいただいたりして、なにか女性の方が連絡を下さるのは不思議なタイミングが隠されているのかと思うくらいです。SYさんはその中でも初めて連絡をいただいたのですが、金曜日に泊りでお願いしたいとおっしゃっていました。私の都合で泊りはちょっと無理だったのですが、夜の時間帯で舐め犬をさせていただくのでもよいとのことでしたので、お会いすることができました。1年ほど前から舐め犬のブログはご覧になっていて、一度経験してみたいな、と思われていたそうなのですが、思い切って連絡をしてくださいました。

20代後半のOLさんですが、細身な感じで、写真を撮ってみて膝から下が特に細いのに気が付きました。最初から気さくにお話ができて私も緊張しなくて気楽にお話をしながら、いつも行くホテルへ行ってみましたがちょうど部屋が空いていました。部屋へ入ってすぐにSYさんがシャワーを浴びておられる間に、買ってきたおにぎりをいただきました。入れ替わりで私がシャワーを浴びてから、ベッドのほうへ来ていただいて、照明を少し暗くして、さっそく舐め犬を始めさせていただきました。掛布団を下へ落として、ガウンを着ておられるSYさんの足元に割り込むようにして、太ももの間に入らせていただきます。太ももはすべすべでプルンした気持ちよい感触です。太ももの内側にキスをするようにして始めましたが、ちょっとくすぐったいということでしたので、もう少し脚の付け根に近い方から舐めさせていただくことにします。パンティはすでに脱いでおられたので、脚の付け根にそって舌を平たくして上下に舐めていきます。

14571000510.jpeg 14571000070.jpeg

そのあたりからSYさんも軽く声を漏らし始めて、気持ちよさを感じていただいているようです。やはり最初は緊張されているでしょうから、できるだけ軽くソフトに舐めてSYさんの気持ちもほぐれてくるのを待つことにします。小陰唇のひだの両側にそってゆっくりと舐めた後は、少しずつ合わさったひだの間に舌を差し入れていきながら、奥への舌を進めていきます。続いてクリトリスの上あたりを舌で覆うようにしてゆっくりと動かしていましたが、クリトリスが小さいようでこの時にはまだクリトリスの位置が分かるほどではありません。それでも声のトーンも少し高くなったようなので、このあたりが気持ちがよいのは間違いないようです。

初対面の時にはどれくらいの強さがよいのか全く分かりませんので、軽くソフトに舐めながら焦らないようにしてSYさんの気持ちよい舐め方を探していきます。クリトリスの上あたりに舌を軽くのせるようにしていたところ、少しだけヒクヒクしてきた感触があったので、ひだの先端あたりで舌をチロチロと動かしてみたところ、今度はヒクヒクの動きがはっきりと分かりました。全体がほぐれるように少しずつ場所を変えながら時間をかけて舐めさせていただいていたのですが、クリトリスの形はまだはっきりとは分からないくらいです。でも、徐々にSYさんも慣れてこられたのか、気持ちがよいポイントではSYさんの方から私の口に少しだけ押し当てるようにされてきましたので、私もSYさんの気持ちの良いところがだんだんと分かってきます。

少し口を押し当てるようにしてみるとかすかにクリトリスが固くなって盛り上がっているところが分かるようになってきました。そろそろ全体的にほぐれてきて、これから気持ちよさもどんどん増していくところかなと思います。クリトリスを押すようにして舐めていると、SYさんもそれに合わせて脚を緊張させて力んでおられるのが分かります。このまま逝っていただけるかなと思いつつ、あまり押し付けて舐めるのが続いて痛くなってしまってはいけないと思い、少し弱めにして様子をみたりします。そういうことが続いて、うまい具合に口の当たる角度がクリトリスの固くなった盛り上がりとマッチしたところでくいくいっと押してみたところで、SYさんも浮き気味にされていた腰をガクッと落として脱力されました。逝かれました?とお聞きしたところ、はい、とおっしゃって、しっかりと逝っていただけて私も嬉しかったです。

そのあとも続けて舐めていても大丈夫そうでしたので、舐め続けていました。胸の方へも腕を伸ばして乳首を触らせていただいたりしていたのですが、舐めながら下から見上げるとSYさんの胸は大きくて仰向けになっているのにすごくいい形をされているのです。身体も細身なんですが、少し肉が付いた感じで、下から見上げていると、かなりエッチな身体をされているように思いました。逝かれたあとに、膣の入り口あたりを舐めさせていただくと、逝く前とは反応が全く違って、かなり気持ちよさそうにされています。そして、舌を差し入れるようにして舐めていると、愛液がどくどくと湧いてくるような感じです。なのでそのあとは、クリトリスのあたりと、膣の入り口あたりを交互に舐めさせていただくようにしました。

一度逝かれた後は、クリトリスの方も少し唇を押し付けると固くなってとがっているところがはっきりと分かるようになってきました。包皮の中に隠れているようですので、直接舌が当たってしまう心配はないようですので、ちょっと安心して時々強めに押すようにして舐めたりしました。SYさんが逝けるポイントも分かってきましたので、そのあとも何度か逝っていただけたみたいです。そのころには身体全体も快感が蔓延しているようになっていますので、腕を胸だけでなくわき腹やお腹の上あたりに移動させて、指先で撫でるようにしながらクリトリス以外も感じていただけるようにします。

14570999820.jpeg 14570999630.jpeg

途中から指も挿入してほしいと言われたので、人差し指を挿入して舐めさせていただきます。中はたっぷりと濡れているのですが、舐めながらクリトリスに舌を押し当てるようにすると締ってくるのがわかります。Gスポットあたりを刺激しながら舐めていたのですが、普通の方よりもクリトリスと膣の産道の距離が近いみたいで、舐めているクリトリスのすぐ下に自分の指が感じられます。なんだか舌と人差し指でクリトリスを挟み撃ちにしているような気分でした。

そうこうしているうちに設定していたアラームが鳴って時間になってしまいました。まだ余裕はありましたので、もう少しだけ舐めさせていただいて、終了になりました。SYさんとは初めてでしたが、時間が経つにつれてどんどん感じていただけるようになっていたので、最初に言っておられたように泊りでお会いできていたらこの後ももっと快感に深く浸っていただけたのになぁ、とちょっと残念な感じです。SYさんも、あっという間ですね、とおっしゃっていましたが、本当にクンニで楽しんでいただくと時間が経つのが早いものですよね。いつもは1時間くらいで休憩したりするのですが、先日のUSさんもそうでしたが、休憩せずに2時間ちょっとの間ずっと舐めさせていただいていたのにそんなに舐めた印象はなかったです。

最後に写真もOKということで、撮らせていただきました。SYさんはしばらくはお会いできなくなるのですが、一度お会いして安心感も増していると思いますので、また会える時になれば今度はもう少し長い時間舐めさせていただいて、もっと深く快感に浸っていくSYさんを見たいと思いました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/867-185bacef