FC2ブログ
連休の最終日ですが今日もいい天気で気分がいいですね。今日はMSさんがいつものように車で来てくださいました。MSさんとはお会いするようになってから、舐めるたびに新しい発見というか新たな快感の世界を見つけるようなお付き合いだったのですが、前回は平日の夜といういつもとは違ったシチュエーションでもあり、なんだか停滞気味な舐め犬となっていてちょっと残念な感じがありました。今日はまたいつものようにお昼過ぎからゆっくりとお会いできるので、うまくいくかなって思いながらお会いしました。リビングで結構いろいろな話をしてからシャワーを浴びていただきました。まだ、少し裸になるには肌寒いので、MSさんもスリップの上に薄いカーディガンを羽織って出てこられて、寝室でしばしお待ちいただきました。

私が歯を磨いてから寝室へ入り、ベッドに入られていたMSさんの横に並んでしばし抱き合いながら徐々に気分を高めていただきます。そのあと、掛布団を下へ落として、MSさんの脚の間に入らせていただきます。前回は私もしばしのブランクがあってこの体勢で舐めるのがいまいちしっくりと来ていなかったのですが、今回は違和感なく太ももの間に挟まれて舐め始めることができました。パンティはすでにはいておられないので、太ももから脚の付け根へ進んで、そのまま付け根と小陰唇のひだの間を舌を上下に動かしながら中心へと近づいて行きます。ときおりは舌を平たくしてまったりと密着させて舌の感触を味わっていただきます。

14585737060.jpeg

小陰唇のひだに舌が触れると、いつものように、あ、と声をあげられて感じておられます。最初はやはり性感が高まってくるまではゆっくりと軽めに、舐めるというよりは舌を密着させてぐにょぐにょ動くような感じで、舌の感触と暖かさを感じていただきます。ひだの両側をじっくりと舐めた後に、ひだの間に舌を差し入れると、MSさんの声もトーンが変わってきます。クリトリスを中心に刺激する前は、舌を平たくして下から上へとペロンと舐めるのが気持ちよさそうにされていて、そのあとにクリトリスの方へと舌を移動させると反応もそれまでとは違ってきます。だんだんとクリトリスもふっくらと大きくなってきて、MSさんも私の舌へ押し付けるようにされてこられたので、性感もかなり高まってきているのが分かります。

少しだけ強めにクリトリスを押すようにしてみますが、まだ逝くには十分には感じておられないようですので、もうしばらくまったりと舐めながら性感を高めていただきます。MSさんが腰を少し浮かせて押し付けるようにされたところで、私も唇をつぼめるようにしてクリトリスをぷっくりとさせると、固くなったクリトリスの下の方に舌が来るようにして、舐めさせていただいて、MSさんの、あ~、という今までよりもずっと大きな声を合図に、強めに押すようにして、MSさんが身体を硬直させて逝かれている間にさらに刺激が続くようにします。通常は逝くのが収まると脱力されて一息となるのですが、今日は逝かれた状態が長く続いて、その間クリトリスの刺激を続けて、かなり長い間ずっと逝っておられたような感じでした。

1回目は逝っていただいているときも、できるだけクリトリスに直接舌が触れないように包皮で包んでその上から強く舐めるようにしています。MSさんがほんとに感じてこられたらクリトリスを直接舐めても大丈夫みたいなのですが、最初からそうしてしまうとやはり痛くなってしまったりすることもありますので、直接舐めるのはもっと性感が高まってからにします。逝かれた後はちょっと軽めに舐めていますが、まだ敏感になっておられるのか、クリトリスの上を舐めるとちょっと腰をひくようにされます。代わりに膣の入り口あたりを時間をかけて舐めさせていただいて、敏感な状態が少し落ち着いてくるのを待ちます。

敏感さが落ち着いてくるとクリトリスも大きさを取り戻して舌の中でクリッとしてるのがはっきりと分かります。軽めに同じ調子で舌を左右に動かして舐めていると、再びMSさんが腰を持ち上げ気味にして私の舌へ押し付けるようにしてこられたので、それにあわせて少し強めに押すようにしていると、大きな声で、あ~、と言いながら再び逝っていただけました。MSさんが身体を硬直させて私の頭を挟んでいる間にもクリトリスからは舌を離さずに押していきます。硬直が解けて脚を大きく広げられたところでも、まだ舌を離さずに少ししぼんだクリトリスを追いかけるようにして、さらに刺激していくと、再び声のトーンも大きさが戻ってきて、連続して逝っておられるのが分かります。この時はMSさんが限界になるまでクリトリスに直接舌が当たってもそのまま刺激を続けて、もう無理というところで舌を離します。

ここで一休みして、横に並んで抱き合いながら、MSさんの呼吸が落ち着いてくるのを待ちます。落ち着いたところで再び足元の方へと移動して舐めさせていただくのですが、もう十分に感度も高まっていますので、それまでよりも短い時間でまた絶頂を迎えられます。クリトリスへの刺激もだんだんと直接舌を触れさせるようにして舐めていきますので、そのたびに、MSさんも声を大きく上げて逝っていただけるようになって、直接の刺激が続くとやはり限界を迎えて少し休憩をさせていただくのを繰り返しました。

14585736810.jpeg 14585736580.jpeg

今日はそんな繰り返しがいつもよりも多いように思いました。途中から休憩中はMSさんも私のものを触って元気にさせてくださるのですが、MSさんの声が落ち着いたところで再び足元へ移動して舐めさせていただきます。いよいよ感度もいっぱいいっぱいに上がったところで、トランクスタイプの私のパンツの横から引き出して触っておられたのですが、私の上に移動されると挿入をされました。いつもはちゃんとパンツを脱がそうをされるので、私から脱ぐのですが、今日はそんな風にパンツを脱がずに横から出して挿入されたので、なんだか新鮮な感じです。

MSさんが上になって腰を使われるのに合わせて私も動いたり、少し休んでMSさんの締った膣の中に入っている感触を感じたりしながら、MSさんにも挿入を楽しんでいただきました。最後はいつものようにじっとして挿入したままの状態を続けて、自然と抜けてしまうまで抱き合ったまま余韻を楽しみます。完全に抜けたあともしばらくはMSさんが上になったまま抱き合っているのですが、MSさんが私から降りられたところで、今日の舐め犬は終わりとなりました。

MSさんがシャワーを浴びられてから、買ってきてくださったパイをいただきました。前回は不完全燃焼で終わってしまったのですが、今回は目一杯逝っていただけて、すっきりとしていただけたみたいで、今日はたっぷりと感じることができてよかったですねとお話をしていました。何度もお会いしていると、いつでもいっぱいまで逝っていただけるとは限らないものですが、やはりお会いしている時間に目一杯逝っていだいてもうこれで十分となってお別れする方がいいですよね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/872-099e469a