FC2ブログ
MHさんから今月の半ばくらいに連絡をいただいたのですが、少し遠くに住んでおられるアラフォーの奥さまで、東京へ来る用事があるので都合が合えば会いたいとのことでした。今週はちょうど都内のオフィスにいましたし、仕事もそれほど忙しくもなかったのでちょうど仕事帰りにお会いすることができました。最初はシティホテルのディユースを考えてみましたが、MHさんが都内のラブホはほとんど入ったことがないので興味があるとのことでしたので、ラブホへ行くことにしました。

待ち合わせをした駅に着いたところでメールをしたところ、ちょうどMHさんからもメールが届いて、実際に会うときになって緊張してきてどうしよう、とやはり最初はそんな感じになりますよね。とは言っても気さくな感じの方で普通にお話をしながらラブホの方へ歩いていきました。途中で軽い食事でも買おうかと思っていたのですが、MHさんが買ってきてくださっていたので、飲み物だけ買ってラブホへ入りました。平日の夜もちょっと早目の時間でしたので部屋もたくさん空いているようです。

14617693400.jpeg

部屋へ入って改めて自己紹介でもないですが、買ってきていただいたお弁当をいただきながら、ブログへのたどり着いたいきさつなどをお聞きしたりしました。もともとは女性用の性感マッサージのようなところを探しておられたそうなのですが、ちょっと怖い感じもあったりして舐め犬へたどり着いたそうです。旦那様とはそれなりにレスではなくあるのですが、今年に入ってから妙に性欲が強くなってきたのだそうです。アラフォーはみなさんおっしゃいますがそういう時期なのですね。

ご飯も食べ終わったところでMHさんに先にシャワーを浴びていただきました。たまたま更衣室の区切られていない部屋でしたので、部屋を暗くして見えないようにして入っていただきました。MHさんに続いて私がシャワーに入って出てくるとベッドに入っておられたので、その横にすっと入らせていただきました。しきりに恥ずかしそうにされていましたが、少し身体を触らせていただいてから、掛布団を落として脚の間に入らせていただこうとします。恥ずかしさから脚を開いてくださらないので、伸ばしたままで太もものあたりにキスをするようにして舐め始めます。それからようやく身体は入るくらいに脚を広げていただいていつもの体勢になりました。普通は太ももの内側から脚の付け根をたどって、小陰唇のひだの周りを焦らすように舐めるのですが、脚を閉じ気味にされているので、少し周辺を舐めた後はすぐに小陰唇の上に舌を乗せていきました。

最初は舌もそんなに動かさずに小陰唇を舌で覆うようにしていたのですが、MHさんがギュッと脚を閉じるようにされたりして、少し声を出しながら感じておられるようです。太ももで頭を挟まれると外の音が聞こえないのですが、その中でもちょっとだけ声が聞こえてきました。本当ならもう少し粘っこく舌を小陰唇に絡めていきたいところなのですが、脚で挟まれているのでどちらかというとペロペロな舐め方になっていました。それでもだんだんとクンニの感触にも慣れてこられたのか、脚も少し広げてくださって、落ち着いて舐められるようになってきます。舌を平たくして下からゆっくりと舐めあげるようにするとMHさんの声も大きくなるので、それがお好きみたいです。

クリトリスもだんだんと固さを増してきて、うまい具合に包皮で包み込むようにできたので、ちょっと強めに押してみたりします。逝きそうになられていればそれで逝っていただけるところなのですが、最初ですしどれくらいのタイミングで逝っていただけるか分からないので、時々そんな風にしてみて様子を見ます。クリトリスの固さも十分に固くなってきたあたりで、MHさんはちょっと唸るような声を出される時があって、そん時が気持ちよいときのようです。タイミングを見てはちょっと強めに舐めていたところ、MHさんが、もっと、とおっしゃるのでそこでMHさんは強めに舐められるのがお好きなのだということが分かりました。それからは、ぐいぐいという感じで舌で押すようにしたり、先端が露出してきたクリトリスの下の方を直接舐めて刺激したりをしていました。

MHさんは、逝く、とはおっしゃらないので、逝かれたのかどうかはっきりとは分からなかったのですが、クリトリスがややしぼんだ感じになってそこをさらに押すようにすると、MHさんも唸り声が大きくなって身体をくねらせておられるので、途中からこれで逝っておられるのだというのが分かったきました。大きく逝かれたあとにちょっと休憩をしてMHさんの横にならんだところ、キスをしたいとおっしゃるので、かるく抱き合いながらキスをしました。かなり長いあいだ舌を絡ませたりしていましたので、キスがお好きなのですね。そのあとは、胸も舐めて、ということで乳首を舐めさせていただいて、そのままの流れて再び下の方へ降りて行って、クンニを始めました。

もうクリトリスは固くなったままで、先端部分を直接刺激する時は痛くならないかなと思いながら加減を見ていましたが、ずっと強いままでも大丈夫そうで、ペロンを舐めあげると、クリトリスの下の方へ舌があたるので、とても感じておられました。2回ほど休憩を入れたところで、MHさんが、触ってもいいの?、とおっしゃるので、ご自由にどうぞと最初は手で私のものを触っていただいて、それから、舐めてもいい?、と口でたくさん舐めてくださいました。とても上手なので途中でちょっと止めていただいたりして、最後に、入れて欲しいと言われたのですが、それまで元気いっぱいだったのですが、ごそごそしているうちに柔らかくなってしまって、残念ながら挿入の方は楽しんでいただけませんでした。

代わりに指を挿入しながら舐め始めたところで設定してあったアラームが鳴ってしましました。もう少しだけ舐めさせていただいた後に帰り支度をすることにしました。MHさんはオナニーで逝くことはあっても、人にされて逝ったことはなかったのが、今日初めて逝くことができたそうで、そう逝っていただけて舐め犬としては嬉しい限りです。旦那様にはなかなかもっと舐めてとは言えないものですしね。舐めているときに恥ずかしいとおっしゃるので部屋はかなり暗くしていましたので、写真のほうも恥ずかしいということでNGでしたので、ホテルの部屋の写真だけ貼り付けておきます。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/878-9b191f39