FC2ブログ
GWですね。今日あたりからここ用賀周辺もちょっと静かな感じになっています。舐め犬のお誘いも一時期ほどでもなくなったので、連休に入ってから部屋の片付けやら掃除をしてのんびりと過ごしていました。そんな中、午前中にUNさんから連絡をいただきました。当日でも大丈夫ですか、ということでしたが、予定もありませんでしたので、夕方からお会いすることになりました。たまたま年齢をお聞きするのを忘れていたのですが、既婚者とおっしゃっていたので30代の方かなと思っていたところ、お会いしてみるととても若い方なので、年齢をお聞きしたところ20代前半で、かなり細身な方でした。

年齢の差はありましたが、気さくにお話ができて、お話をしながらラブホの方へと向かいました。結婚されてからあまり旦那様とのセックスがほとんどないとのことで、このような割り切った関係を求められていたのだそうです。まだ若いのに最近は夫婦もそんな感じで草食の時代なのかなと思っていたのですが、お話をしているうちにUNさんの緊張が高まってきたとのことです。ラブホも入ったことがないとのことで、タオルの場所などをお話してシャワーを浴びていただきました。私も続いてシャワーを浴びて出てくるとテーブルの方に座っておられたので、ベッドのほうへ移動していただきました。

14620191540.jpeg

写真だと身長があることもあり脚がかなり細いように見えてしまいますが、ベッドの横へ入って太もものあたりを触らせていただくとさらっとして気持ちの良い弾力をされていました。掛布団を落として脚の間に入らせていただきながら、舐め始めると、ちょっと笑いながらも緊張するとおっしゃっています。パンティはすでにとられていましたので、そのまま脚の付け根の方へと進んでいきます。最近お会いする方には少ないですが、ヘアーは自然にされていて(私は結構好きなのですが)、小陰唇のひだまでのところをヘアーの上から軽く舐めさせていただいて、徐々にひだのところへと近づいていきます。ひだのところに舌が触れるとUNさんから軽く声も漏れました。

舌全体で小陰唇のひだの上から覆うようにして舌を軽く動かしていると少しUNさんもヒクヒクとしていましたので、かなり感じやすい方なのかなと思いました。しばらく静かにされていましたが、小陰唇のひだの両側をゆっくりと舌を舐めあげるようにしたところ気持ちよさそうな声が聞こえてきました。舐め進めていくうちにクリトリスもだんだんと大きくなってくるのが分かります。包皮の上からクリトリスの先端のあたりと舌で左右に刺激していくと、UNさんも気持ちよさそうな声を出しておられます。UNさんの性感も高まってきたり、またもとに戻ったりを何度か繰り返していたのですが、最後に私がクリトリスを少し押すようにしたタイミングと同時にUNさんもそれまでよりも大きな声をだして、私の口にクリトリスを押し付けるようにされたので、そのままぐいぐいと押すようにして刺激してしっかりと逝っていただけたようです。

しばらく舐めるのを中断してお話をしたところ、旦那様の前にお付き合いのあった男性がUNさんの性感を開発されたそうで、そのときにクンニに病みつきになったそうです。舐め始めてすぐにとても感じやすそうな方だなと感じたのはそういうことだったのですね。M字開脚の体勢のままでお話をしていましたので、そのまままた軽くクンニを始めてみました。まだ性感が高まったままのようで、軽く舐めているだけで感じておられます。クリトリスのほうはすぐにも大きくなってきましたが、この後の舐める強さがよくわからないので、軽く舐めたり、ちょっと押すようにしたりを繰り返して様子を見ながら舐めていきます。

感じやすい方なのでこのまま2回目もすぐに逝かれるかなと思っていたのですが、まだタイミングがうまくつかめていないみたいです。胸のほうへ腕を伸ばして乳首を触らせていただくと、それまでとはっきりと反応が違うくらいに感じておられて、そのまま乳首を触りながら舐めているうちに、UNさんの腰から太ももにかけてがかなり熱くなってきて、そろそろ逝かれそうな雰囲気になってきます。できるだけ同じ調子でクリトリスを包皮でくるむようにして舌で押すように舐めていると、1回目と同じように大きめの声を出して逝っていただけました。

14620191860.jpeg 14620192470.jpeg

オナニーはあまりしないとおっしゃっていましたが、これだけ感じるということはかなりしっかりと性感を開発されたのでしょうね。これまでのところ舐め方が特に痛いということもないとおっしゃっていましたので、かなり刺激に強い方かなと思い、少し中断した後、再開した時にはちょっとクリトリスに直接刺激をしてみることにしました。舌がクリトリスの先端の露出した部分に触れると、あ、と声を出されるので無理はしないようにして、代わりにクリトリスを包皮で包むようにして少し強めに押すようにして舐めることにします。もう1回逝っていただけるかなと、調子に乗ったのがいけなかったようで、途中で、ちょっと痛くなってきました、ということで、中断しました。

時間の方を気にされていて、お話ではなんとお子さんがいらっしゃるとのことで(ちょっと、いやかなり、びっくりしましたが)、それは遅くなってはいけないですね、と今日のところはこれで終了とさせていただきました。子供ができてレスになる夫婦の方は多いみたいですが、やはり家族になってしまってレスになってしまうのかも知れませんねとお話をしていました。結婚したことのない私には分かりませんが、こんな若い愛らしい奥さまがいてもそういうものなのですかね。

お子様が小さいとなかなか大変だとは思いますが、ちょっとした息抜きに、こうして舐め犬を使って性欲を満たしていただけたらいいなと思います。写真もOKということで、撮らせていただきましたが、写真にするととても脚が細く見えてしまいますね。お会いする女性の方の多くは多分これくらいのモデル並みの細さの脚がいいとおっしゃるのですが、ご本人としてはもう少し肉がついていて欲しいらしいです。今日になって突然のお誘いではありましたが、いろいろお話もできたし連休最初の楽しい舐め犬でした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/879-e6887562