FC2ブログ
GWも始まったばかりですが、部屋の片付けのほうも順調で、リビングでテレビなどをぼんやり見ていても片付いた部屋だと気分がよいです。それで、今日はMSさんが家に来てくださいました。29日と1日のどちらかとおっしゃっていたのですが、GWに入って部屋を片付ける気まんまんでしたので、1日にしていただきました。MSさんもリビングへ入ると、ずいぶん片付きましたね、と言っていただきました。ここまで片付けたのは久しぶりですが、こうしてお付き合いのある女性の方が自宅へ来ていただけると少しはきれいにしておかなくちゃと思うので、そんなにひどいことにはならずに済んでいます。

GWですが割とお付き合いのある方は忙しくされている方が多いようで、私だけのんびりと過ごしている感じがあるのですが、MSさんもこのところいろいろと忙しくされているようです。リビングでお話しているときも珍しく何度もあくびをされていました。今日はいつもより早めに帰るとのことで、少しお話をした後にシャワーを浴びていただきました。私が歯を磨いている間にしばし寝室でお待ちいただいて、歯磨きを終えてからMSさんの横たわるベッドの中へするすると入らせていただきます。

14621595740.jpeg

いつものように最初は抱き合うところから始めさせていただくのですが、脚を絡めたりしているとすべすべで気持ちよいのでこういうのは好きですね。そのあとは、掛布団を落として、MSさんの脚の間に入らせていただいて、太もものあたりから舐め始めます。だいたい脚の付け根あたりまで来たところで、MSさんも、は~、と気持ちよさそうに舌の感触を味わっておられます。最初に小陰唇のひだに舌を触れると、ひゃっ、とおっしゃるのですが、そのあとはひだの両側を舐めたりしている間はまったりと過ごされます。だんだんと感じてこられると、徐々にご自分で腰を動かして気持ちよいところが舌に当たるようにされます。これまでのところ、ソフトに軽く、という舐め方を進めてきましたが時には強めの刺激的なクンニがお好きな方もいらっしゃって、MSさんもガツンとくる刺激がお好きみたいですので、今日はちょっと強めにしてみようかと思います。

そうは言っても最初はさすがにじっくりと舐めて、クリトリスがしっかりと固くなるのを待ちます。その間、膣のあたりも舐めるのですが、今日はなんだか舌を膣の入り口に当てているだけで、中のほうから盛り上がるような動きをしています。これまでも何人かそういう方がいらっしゃいましたが、ぐっと盛り上がって舌を咥えこむとそのまま引き込んでいくような動きですごくエロいです。MSさんはこれまでそうでもなかったのですが、その時の感じ方によるのでしょうか。クリトリスの方もかなりしっかりと固くなってきましたので、唇を押し付けるようにしてさらにぷっくりとさせて、まずは包皮の上から刺激していきます。

MSさんは逝きそうになられると大きな声を出されるので、そうなるまではじっくりとクリトリスを同じ調子で舐めていきます。声のトーンが変わってきたところで、ぐいぐいっと押すようにして逝っていただきました。ここで、少し舐めかたを緩めにして様子を見ますが、クリトリスも落ち着いてきたところで、今度は固くなって先端が露出したクリトリスを直接刺激していきます。先端に触れたときには、また大きな声をあげられますが、クリトリスの固さを確認しながら時折こうして先端からその裏側あたりを直接刺激していきます。再び逝きそうな感じになってくると、MSさんも私の唇にクリトリスを押し付けるようにしてこられますので、そうするとかなり強めにしても大丈夫ですから、完全に逝ききっていただくまで舌を押し付けて、クリトリスがしぼんでいくのを感じます。

逝かれている間にぐいぐいと舐めていると、MSさんが私の頭のところに手を伸ばしてきて、本当に限界になると手で押さえてストップをかけられるのですが、できるだけ逝っている時間を長くするために手が伸びてくるとちょっと力を抜いてソフトに舐めていきます。こうして、本当に限界になったところで、しばし休憩をさせていただいて、抱き合いながら余韻を楽しんでいただきます。今日はお疲れのせいか、抱き合っているときにふっと寝落ちされそうになっておられました。

14621595250.jpeg

途中で2,3回休憩をはさんで舐めさせていただきましたが、最初に強めに刺激をしてクリトリスが完全に敏感な状態になってしまったようで、そのあとは、かなり深めに逝っておられたようです。唇を押し付けてクリトリスがパンパンになるくらい固くなっていると逝ける状態になっているので、クリトリスの先端から裏側のあたりをぐいぐいと刺激します。ここを直接刺激すると痛くなる方もおおいのですが、MSさんは大丈夫でむしろ強めの方が深く逝っていただけるようです。逝きだすとクリトリスはしぼんでくるのですが、そこでさらに唇を強めに押し付けて、先端だけでも固さを保つようにしてさらにぐいぐいと舐めていると、さらに逝きつづけるような感じになります。逝ききった後には軽く舌を触れるだけでも、声が上がってしまうくらいに敏感になっておられます。

最後の休憩の時にはMSさんが私のものを手と口で元気にしてくださって、MSさんが上になると挿入をされました。MSさんが起き上がるようにされると、奥の方へ当たるのか、声をあげられると崩れるようにして私の上に身体を預けて挿入したまま余韻を楽しんでおられます。クンニで十分に逝かれたあとですので、挿入はそれなりの時間で満足されてそのままじっとされるのがいつものことです。今日はそのまま寝てしまいそうになられていましたが、お帰りになる時間も近づいてきましたので、今日のところはこれくらいにして、シャワーを浴びていただきました。

リビングで買ってきていただいたケーキを食べながら、お帰りの時間まで少しお話をしました。このところ続けて初めての方とお会いしたのですが、ソフトに軽めの舐め方のはずが逝っていただけるとついつい2回目、3回目と思ってしまって、強めになっていたのを反省していたのですが、MSさんのように十分に感じてこられると強めがお好きな方もいらっしゃるので、いろいろ反応を見ながらその方に合った舐め方をするのが大切ですね。最初からぴったりと合う舐め方を見つけるのは難しいので、何度か試していただけると嬉しいのですけどね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/880-603e3032