FC2ブログ
SMさんとお会いするのは気が付いたら今年初めてなんですね。長いお付き合いなのでそんな感覚もなかったのですが、引っ越しやらもろもろでずっとお忙しくされていて、今月からようやく落ち着いてきたとのことで連絡をいただきました。お出かけされた帰りにうちに来てくださったので、夕方からお会いすることになりました。部屋へ来ていただいてお話をしてから、買ってきていただいたデザートをいただきました。いつもお弁当を買ってきていただいて終わったあとに身体が落ち着くまでの間ご飯をいただくのですが、今日はデザートもありましたのでそれだけ先にいただくことにしました。

そのあとシャワーを浴びていただいて、ピンクのスリップ姿で出てこられましたが、私も汗を流すのにちょっとシャワーを浴びてから一緒に寝室のほうへ移動します。ベッドに入って最初は少し抱き合いながらSMさんに気持ちを落ち着かせていただきます。すごく感じやすい方なのですが、やはりオナニーではうまく逝けないことが多いとのことで、それがいつも不思議なのですよね。落ち着いた来られたかなというところで下のほうへ移動して脚の間に入らせていただきます。太ももの内側からパンティの際までを舐めてから、パンティを脱いでいただきます。このところはいつも全部処理されていてツルツルです。脚の付け根から小陰唇のひだの間の柔らかいところをゆっくりと舐めているだけで、身体が少し震えるようにして感じておられます。

14626671840.jpeg

小陰唇のひだの上に舌を乗せただけで声のトーンも変わってきます。ひだの両側にそって舌をゆっくりと舐めあげていくと、それまで以上に身体がブルブルと震えるようにして感じておられます。一度逝ってしまわれるとそのあとは何度でも逝ってしまわれるので、最初に逝かれるまでにできるだけソフトに優しく舐めていきます。ひだの間に舌を差し込んでいくと愛液が溢れているのが味わいでわかります。膣の入口のあたりはちょっと声のトーンが変わるような気がするのですが、まだ別の気持ちよさがあるとこのことです。十分に感じてこられて、これなら唇と押し当てて舐めてしまうとすぐにも逝っていただけそうなくらいになってきましたが、簡単に逝っていただいてはと思い、クリトリスの周りを軽く舐め続けます。

SMさんも舐めに合わせて腰を浮かせて来たりして、いよいよ限界に近づいてきたかなというところで、クリトリスを覆いながら軽く押すようにすると脚を閉じ気味にされて、逝ってしまわれました。逝かれている間もだんだんと唇を強く押し付けるようにして、しぼんでしまう前のクリトリスをぐいぐいを押していくと、う~、と快感に耐えるように声をあげながらしっかりと逝っていただけました。逝かれた直後は軽く舌で触れただけでも身体が震えるくらいに敏感になっておられるのですが、すこし落ち着いてくるとまたすぐにでも逝けそうなくらいにクリトリスは固さを取り戻します。そのまま押すようにするとすぐに逝かれるのはわかっているのですが、また軽く舐めるようにして、ぎりぎりまで様子を見ながら舐めさせていただきます。

やはりSMさんが腰を浮かせてかなりぎりぎりまで感じてこられたところでクリトリスを押すようにするとすぐに逝ってしまわれます。そのあとは何度でも逝っていただけるのですが、連続して逝きすぎて限界になってくるとSMさんは太ももで私の頭を押さえるようにして、クンニを中断させます。それでちょっと落ち着いたところで力を緩めてくださるので、再びクンニを始めて、また限界になるまで何度も連続して逝っていただきます。さすがにもう無理となったところで少し休憩して、抱き合いながら余韻に浸っていただきます。今日は久しぶりということもあるかも知れませんが、抱き合っているときに私の太ももを股間に差し入れているとそれをしっかりと挟みながら腰を動かして擦り付けるようにされていましたので、余韻に浸るというよりもそれでまた逝きそうになるような感じです。

始めてお会いした時でも何度も逝ってしまいこうして休憩しているときに無意識のうちに股間を私の脚に擦り付けるようにされる方が何人かいらっしゃいましたが、みなさん後からそのことを話しでも覚えておられないことが多くて、そんな風に知らぬ間に快感を得るために女性から腰を使って感じておられるのってすごくエロい感じがして興奮します。今日のSMさんは無意識にということではないですが、こんなことしてたらだめだめ、と途中で挟み込んでいた私の脚を解放されました。そのあとはまたクンニを再開して何度も逝っていただくのが続きます。

14626671660.jpeg 14626671500.jpeg

再び限界になって休憩させていただきましたが、抱き合いながら余韻に浸っていただいたあとで、ちょっと落ち着いたところで、SMさんが私のものを手で触って元気にされて、そのあと少し口でしてくださって、挿入することになりました。前回も確かそうだったのですが、何度も逝かれてかなり膣が締っている状態で挿入されるので、とてもきつくて全体がぎゅーと締め付けられる感じで、SMさんからすると私のものが大きくなって入りにくくなったように思われるらしくて、マカでも飲んで大きくした?、と聞かれるのですが、何かを飲んで大きくなることはなくて、締っているからこんなきついんですよ、とやり取りをしながらSMさんに上になっていただいて腰を使っていただきます。

以前から女性上位でSMさんが身体を起こすとちょうど気持ちのよいところに当たるらしくて、少し身体を起こして腰を使われたあとには、だめだめ、と言って私に身体をあづけて、少しだけじっとして挿入の感触を楽しんでおられます。SMさんが呼吸をするのに合わせるように、膣もぎゅっぎゅっっと締ってきて、動かなくてもかなり気持ちがよいらしいです。そうしてじっとしているとずっと気持ちがよいのでなかなか自分から終わりにすることができなくて、そろそろ抜かないといけないのに抜けない、とおっしゃいながらしばらく私の上で快感に浸っておられました。最後にようやく意を決して挿入を終えられて、少し休憩をしました。

夕方からお会いしたので結構時間も遅くなっていましたので、最後にまた少しクンニをされていただいて、連続して逝っていただいたところで、今日のところは終わりにしました。シャワーを浴びていただいてから、買ってきていただいたお弁当を食べました。お弁当を食べている間にSMさんは身体が落ち着いてきて帰れる状態になるのだそうですが、久しぶりのこともあり帰る途中でうとうとされて電車の乗り換えをやり過ごしてしまいそうになられたとか。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/884-009b5dad