FC2ブログ
夏休みもちょうど真ん中くらいまで過ぎましたが、2日ほどお約束のキャンセルがありましたので、しばしのんびりと過ごしました。今日はSAさんが家のほうへ来てくださいました。駅のところで待ち合わせをして、一緒に昼ご飯を食べに行きました。お腹も膨れたところで、家の方へ戻ってリビングでしばしゆっくりとします。テレビの横にあるPerfumeのBRDを見つけたSAさんが見たいとおっしゃるので、しばし一緒にライブの映像をみます。SAさんの場合は舐め犬で家に来ているというよりも、なんだか友達の家へ来て休日を過ごしているような雰囲気です。

ソファーにゴロゴロしながらライブ映像を見ているところで、前回のラブホと同じように一緒にお風呂に入りたいとおっしゃるので、お風呂をわかします。お風呂がわいたところで、入浴剤を持参されているということで、それをお風呂に入れたところプチプチと音がして溶けていくのでなかなか面白いです。SAさんは前回も服を脱がされるのが好きとおっしゃっていましたので、今回も私がSAさんの服を脱がして、反対にSAさんが私の服を脱がして、お風呂に入りました。シャワーでSAさんの汗を流した後にボディーソープを手に取って、SAさんの肩から胸、お腹へ泡を付けて洗っていると、男性に洗ってもらうの初めてとおっしゃって楽しそうでした。そのあと、SAさんに私も身体を洗っていただいて、一緒に湯船につかります。熱すぎずちょうどいい感じの温度で気持ちよいです。SAさんを後ろから抱きかかえるようにしてお湯につかっているのですが、エロい感じはまったくなくて、子供がじゃれ合いながらお風呂に入っているような感じです。

14708395290.jpeg 

お風呂から出るとやはり暑くて汗が出てくるのでアイスを食べてしばしリビングで涼んでいましたが、SAさんもブログで家にあるBALMUDAのトースターに興味をもって、パンを焼きたい、とおっしゃるのですが、せっかくお風呂に入ったところだし、まずはクンニをしてからにしましょうとSAさんを促して寝室の方へ移動します。足元に移動する前に、今日は上からにしてほしい、とおっしゃってキスから始めることになりました。抱き合いながらキスをして、手で胸やら背中、お尻あたりを触らせていただきます。これまで3回クンニをさせていただきましたが、なかなか逝っていただけるところまでいきませんでしたので、今日はもう逝っていただくことは半分は諦めて、軽い気持ちで舐めさせていただくことにします。太ももからパンティの際まで舐めていくのですが、このあたりも多少は気持ちいいのだそうです。

パンティをとらせていただいて、脚の付け根から小陰唇のひだの近くまでを舐めた後に、小陰唇のひだの上を軽く舐めていきます。ここで少しSAさんの太ももがピクンとして反応がありましたので、やはりキスとかから始めた方がいきなりクンニするよりはSAさんには合っているのかなと思います。クリトリスの上あたりに舌をのせて舐めているとちょっとヒクヒクしたりして、今日はいい感じで進みそうかなと思わせます。クリトリスに直接舌がふれると痛いそうなので、包皮の上からチロチロと舐めているとやはり軽くヒクヒクとしています。いい感じで進んでいたように思ったのですが、その後はそれ以上の反応はなくて、確かにクリトリスは固くなっているように思うのですが、逝きそうになる気配はないとのことです。

ここでAVを見ながらしてみるということで、SAさんがスマホで普段オナニーの時に見ているAVを見ながら舐めてみることにしました。SAさんにAVを見てもらいながら舐めていきましたが、やはりあまり効果はないようでした。そのあと、横に並んで指で触っていたのですが、前回は指を入れようとすると痛いとのことでしたが、今日はそれなりに濡れていたようで中まで入りました。SAさんは中は割と気持ちがよいということで、中の方で指を曲げるとそのあたりがちょうどよかったみたいで、この時は声を出して感じておられました。クリトリスで逝く時とはまた違った気持ちよさなのだそうですが、逝くという感じではないみたいです。いろいろお話を伺っていると、オナニーの時もAVを見ながら淫らな気分になってそれで逝けるとのことなので、そういう気分にならないとなかなか逝ける感じにはなってこないとのことです。

抱き合ったりしていてもそういう淫らな気分にならないそうで、そのあたりが逝っていただけない原因みたいですね。SAさんはまだ若いのでそんなに焦って逝っていただかなくてもいいのかなと最近は思っているので、抱き合って背中を触ったり、しばらくはイチャイチャして過ごします。舐めているとだんだんとクリトリスは固くなってきているのですが、包皮の上からでは刺激が弱くて、クリトリスに直接舌が触れると痛いので、なんとか淫らな気分で自然にクリトリスが固くなったところで舐めさせていただくしかないようです。そのあと、ベッドで横になっていたところかなり長い間眠ってしまったようです。外ももう暗くなっていましたので、少しだけSAさんの身体を触らせていただいたりしてから終了になりました。

14708395180.jpeg

SAさんは私と過ごしているとすごく楽でそれがいいとのことですので、まぁ、今回も逝っていただけませんでしたが、楽しく過ごしていただけているならそれでもいいかなという感じですね。クンニの前に、パンを焼きたい、とおっしゃっていましたので、パンを焼いて一緒にいただきました。焼きたての食パンなのでBALMUDAの威力を発揮せずともおいしいので、違いは分かっていただけなかったみたいです。そのあと、お寿司を食べたいとのことでしたので、一緒に夕ご飯にお寿司を食べにいきました。

指を挿入すれば気持ちいいのでその間に舐められると逝けるのかも知れない、とSAさんがおっしゃるので、次回はそういうこともしてみたいと思います。舐め犬のお付き合いでは、自宅へ来ていただくときもどちらかというとクンニするのが目的なのですが、SAさんの場合はクンニもしますが、それ以外も楽しく過ごしているので、舐め犬としてはなんだか不思議に関係です。また、仲良くなってイチャイチャとかしていると、淫らな気分にはなりにくいところも逝っていただくには問題です。まぁ、じっくりと時間をかけていればそのうち何かのきっかけで逝っていただけるようになるかも知れませんね。

関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/901-f0d08aa3