FC2ブログ
前回お会いしてから少し時間が空きましたがOKさんとお会いしました。OKさんはいつも前日か当日に連絡をくださるので、何度か連絡はいただいていたのですが、すでに予定が入っていたりして何度かごめんなさいをしていたので、今回は予定が空いてお会いできることになってよかったです。午前中は私が出かけていたのですが、お会いするのはその近くがOKさんも便利だとのことで、ラブホもあまりないのでシティ・ホテルのディユースで部屋が見つかったのでそれを利用することにしました。OKさんとディユースでシティ・ホテルを利用するのは初めてですが、入るときも周りの目を気にする必要もなく、部屋の中も落ち着いた気分なのでそれなりにいい感じです。ただ、ディユースだと周りの部屋がまだ清掃中だったりしてやや騒がしいときがあるのが欠点といえば欠点かなと思います。

私が先にチェックインして、そのままロビーでOKさんと待ち合わせをしました。OKさんは夏らしい涼しげなワンピースを着ておられたのですが、考えてみれば今までは舐め犬のあとに身体を動かしに行くことが多くて、スウェット姿でお会いすることが多かったので、今日はなんだか女性らしさが際立っていました。一緒に部屋の方へ上がって入ってみると、セミダブルの部屋なのでちょっと狭いですが、綺麗なお部屋でした。OKさんはいつもクンニをされながらAVをご覧になっているのですが、シティ・ホテルなのでAVのサービスはないものですから、その辺がちょっと残念そうでした。

14709398800.jpeg

とりあえずOKさんからシャワーに入っていただいて、そのあとに私がはいります。セミダブルの部屋なので通常の宿泊の時はシングルで使用するのだろうと思いますが、バスタブとかは大きめで、やはり普通のいわゆるビジネスホテルよりはこのあたりがいいところです。OKさんにベッドに横になっていただいて、さっそく舐め犬を始めさせていただきますが、いつものように上の方から焦らしながら舐めて、ということで、胸をゆっくりと舐めさせていただきます。最初は普通にTVもつけたままでしたが、徐々に感じてこられたところで、TVは消して、舌の感触の方に意識を移していただきます。両方の乳首をしっかりと舐めた後に少しずつ下の方へ移動して、脚の間に入らせていただきます。

脚の付け根と小陰唇のひだの間を舐めているうちに、OKさんが脚を開いたり閉じたりしながら感じておられます。ふと気が付くと舐めながら鼻や頬にあたるヘアーがすごくふわふわしていて気持ちがよかったのですが、こんなにふわふわだっけと思って後からお聞きしたところレーザー脱毛を何度かしてから生えてら柔らかいヘアーになっていたとのことです。こういう効果もあるのかとちょっと感心しました。それから、小陰唇のひだの上をつんつんとする感じで、軽く舌を触れさせて行くのですが、やっぱりこの時は格別気持ちがいいみたいで、OKさんも声を出し始めました。ここでOKさんが、AVが見れないので、代わりにスマホでいつも見ているAVを見始めました。ムラムラが周期的だったのが最近はいつもムラムラになってきて、毎日のようにオナニーをしているとのことなので、こんな風にAVを見ながらされているのでしょうね。

小陰唇のひだの中はすでに愛液でいっぱいで、全体をうねうねと舐めていても、ふっくらと全体に充血していて、いらしい感がいっぱいです。軽く全体を時間をかけて舐めていきますが、膣の入り口に舌を少し差し入れるようにすると腰を浮かせて感じておられるので、かなりいいみたいです。徐々に、クリトリスの固さもはっきりとしてきましたので、クリトリスの包皮の上から舌でやさしく刺激していきます。そうするうちにも尿道あたりがヒクヒクとしだしてきましたので、そろそろ逝ける状態になってきたかなというところで、OKさんの腰の動きも大きくなってきます。逝っていただいた方がいいかなと思い、クリトリスを包皮で包み込むようにしてみるのですが、角度の関係か、今日はこれがしっくりときません。

時々あるのですが、クリトリスを直接刺激しないように気を付けながら逝っていただくときは、包皮で包むようにしていますが、それがなんだかピタッとはまるときと、うまい具合に包皮でくるめないときがあるのですよね。OKさんもクリトリスを直接刺激するとその時はいいのですがだんだん痛くなってきてしまわれるので、できるだけ包皮で包みこんだ状態で強めに舌で押して逝っていただくと調度よいのですよね。しっくり感はかけていましたが、少し強めに舌で押すようにしていくと、腰を浮かせながら、逝きそう、とおっしゃってしっかりと逝っていただきました。逝っておられる間は舌を離さずにそのまま押していくのですが、OKさんはこの逝っている時間がどんどんと長くなっているように思います。逝ったあとにも、また波がやってきて、すぐに再び逝くというか、逝くのが連続しているというのか、そんな時間が長く続くので、逝ったときの満足感も高いのかなと思っています。

逝かれたあともしばらくは軽く舌を触れる程度に舐めていたのですが、一段落したところで休憩しました。可能だったら挿入もということだったのですが、ちょっと元気がなくて、それは出来ずにおわったので、クンニを再開してソフトに舐めさせていただきます。OKさんの場合、一度逝かれたあとに再開したクンニで、途中でストップとかけられるのですが、あまり何度も逝けないときにそうされているのか、とにかく何度かストップがあって舌を離して、またしばらくすると再開して舐めるというのを続けていきます。OKさんの太ももは少しムチッとして挟まれてクンニをしていると心地よいのですよね。

今日はもうこれ以上逝きたいという感じでもなかったので、クンニの方はそれくらいにして、横に並んでしばらくの間は抱き合いながらOKさんに余韻を感じながらゆっくりとしていただきます。少しの間いい感じでまどろんでいただいて、そろそろいい時間になりましたので、終わりにすることにして帰り支度をしました。今日は初めてのディユースでしたが、AVがないなどの欠点はありますが、OKさんは家も近いということもあり、入りやすいということもあって、ちょっと気に入られたみたいです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/902-7558cfeb