FC2ブログ
台風か来ているそうで、気温が妙に高くて湿度も高くてとても不快な感じですが、そんな中でもめげずにYSさんとお会いしました。夏休みも終わる日曜日の夜にもう寝ようかなとしたところで、YSさんからLINEでメッセージをいただきました。何度かメッセージのやり取りをして今日お会いするお約束をしました。30代半ばのOLさんですが、元彼がクンニが好きでわりと長めにしてくれたとのことで、それでクンニの気持ちよさに開眼して、私のブログに興味を持たれたとのことです。

仕事帰りに待ち合わせをしましたが、YSさんは清楚な感じとおっしゃっていましたが、お会いしてみるとかなり美人な方で仕事バリバリでやり手のイケメンな彼氏が似合いそうな感じです。私なんかで申し訳ないような気もしつつ、ラブホの方へ向かいました。さすがに台風が近づいているこの時にラブホへ来る人も少ないのか部屋はたくさん空いていました。サービスのケーキを持って部屋へ入ってしばしお話をしました。30代になるとやはり20代とはちがってムラムラするようになったとのことで、そういうお年頃なのですよね。

14713583840.jpeg

ケーキも食べ終わったので、YSさんにシャワーを浴びていただいて、そのあとで私がシャワーを浴びてムシムシして気持ち悪かったのもすっきりです。部屋を少し暗くして、YSさんとベッドの方へ移動します。YSさんにベッドで横になっていただいて、脚の方から軽く触らせていただきます。脚は細いのですが、凹凸がはっきりしていてはりのある太ももをされています。いきなり脚の間に入らせていただこうとしましたが、さすがに恥ずかしそうにされているのでもう少し脚を触らせていただいて、少し感じてこられたところで、脚を開いていただいてその間に入らせていただきます。太ももの内側から脚の付け根へと舌を移動させているだけで、少し身体をくねらせるようにしておられるので、かなり感じやすい方のようです。

脚の付け根から小陰唇のひだの間を舐めている間に腰のくねくねがだんだん大きくなっていきます。小陰唇に舌を触れると声もおおきくなり、舌を平たくして小陰唇を覆うようにしただけで、ヒクヒクしてくるのがわかります。普通ヒクヒクは尿道のあたりがそうなるのですが、膣の入り口あたりからかなり大きくヒクヒクしておられます。今まででも2,3人くらいですが、膣の内側から盛り上がるようになるくらい大きな動きがあります。YSさんもそうなのですが潮を吹くとのことで、他の方も潮を吹くのですよね。潮を吹くのとこういう膣の動き方は関係があるのでしょうかね。内側から浮き上がってくるのでそこへ舌を軽く差し入れるだけで、すごく奥まで舌先が届いているような感じになるのか、YSさんはかなり感じておられます。最初のうちはクリトリスよりも膣へ舌を入れる方が感じるのではないかと思うほどです。

クリトリスを舐めているときにはかなり激しく腰を動かして声をあげておられるので、逝かれているのかまだなのかはっきりと分からなかったのですが、小さめのクリトリスははっきりと分かるくらいに固くなっています。腰の動きが大きいのでクリトリスをしっかりと捕まえられないのですが、かわりに舌全体で小陰唇を覆うと、膣のところも大きくヒクヒクして気持ちよさそうにされています。そうこうしているうちに、膣の中へ舌を差し入れていると、逝く、とおっしゃてこちらで逝ってしまわれました。それと同時に口の中にじゅわっと暖かいものが広がったのですが、潮を吹かれたようです。今まで潮を吹かれた方はみな挿入している時で舐めていて潮を吹かれる方は初めてです。

潮ではないのかなとも思ったのですが、味が違うんですよね。そうならもう少ししっかりした味がすると思うのですが、、、それからもYSさんの腰の動きは大きいままなのですが、クリトリスのほうで逝きそうとおっしゃったときにちょっと腰を押さえるようにしてクリトリスのあたりをしっかりと舐めてようやくクリトリスでしっかりと逝っていただけたみたいです。そのあとは軽く下から上へペロ~んと舐めても気持ちよさそうにされています。それからも何度か逝っていただいて、ちょっと休憩にさせていただきました。

14713584110.jpeg 14713584220.jpeg

一休みしてクンニを再開すると膣の方のヒクヒクは少し落ち着いたみたいですので、ここからクリトリスの方をじっくりと舐めさせていただきます。最初は小さいと思っていたクリトリスですが、長く舐めている間に小陰唇と一緒にややふっくらとしてきました。私もようやくクリトリスを包皮でくるむようにできてきたので、その状態で軽めに舐めていたところ、何をしているですか!、とおっしゃるので何かいけないことをしたのかと思ったのですが、そうではなくて気持ちよすぎるのでいったいどんな舐め方をしているのかということだったのでした。包皮で包んだ状態で特にクリトリスの下の方を舐めていると確実に逝っていただけるようになりました。それから後は時々膣の方へ舌を差し入れたりもしますが、何度も連続して逝っていただけました。

YSさんもこんなに何度も逝ったことがないので、そんなに逝けるものなんだとちょっと驚いておられました。終わってから、これはなにかいけない世界に足を踏み入れてしまったのかも、とおっしゃっていました。クリトリスで逝かれる時も時々潮を吹かれるので、出てくる感じからどうやら潮ではないようにも思ってきたのですが、味が違うのでちょっと分かりません。まぁ、気持ちよくなっていただければどちらでもよいのですけどね。

逝くときにはやはり力まれるので何度も逝きすぎてちょっとお疲れかも知れませんが、ウエストも引き締まって腹筋がしっかりとしていたので、大丈夫かな。最後に挿入も希望されたのですが、私の元気がいまいちで残念ながら今日はだめでした。ブログと写真もOKということでしたので、綺麗な脚を撮らせていただきました。今日は初めてでしたので、YSさんが感じるのに任せてこちらも少し強めに舐めさせていただきましたが、もう少しソフトにまったりとしたクンニも今度は味わっていただきたいものです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/904-ec1158ca