FC2ブログ
暑い暑いと思っていたら今日はずいぶんと涼しくなりました。今日はMSさんが家へ来てくださいました。しばらくお会いしていないと思ったら、GWにお会いしてから予定が合わなかったりしてかなり長い間お会いしていなかったのですね。何度もお会いしているのでそんなに長い間お会いしていなかった印象はなかったのですが、こうして振り返ってみると意外に時間が経ってしまっていたのにびっくりしました。いつものように車で家まで来てくださって、リビングでこのところお忙しくされていたとのことでその話などをしました。それからシャワーを浴びていただいて寝室の方へ移動していただきます。

私が歯を磨いている間しばし待っていただいて、ベッドで横になっておられるMSさんの横にするっと入って最初はしっかりと抱き合って身体を触らせていただきます。シャワーを浴びたてて身体がとても暖かいです。キスなどをしながらゆっくりと抱き合ったあとに、掛布団を下へ落として、MSさんの足元へ移動して、大きく開いた脚の間に入らせていただきます。太ももの内側を舌です~っと脚の付け根の方まで舐めていきます。脚の付け根に舌が近づくとMSさんも少し声を出して感じておられるのがわかります。

14723979730.jpeg

パンティはすでにはいておられませんので、脚の付け根から小陰唇のひだの間を舌先でゆっくりと上下させていきます。このときはひだに舌が触れてしまわないようにぎりぎりのところを焦らすように舐めていきます。そろそろ待ち遠しくなったかなというところで、ひだの先端を舌で軽く触れるようにして上下に舌を動かしていきます。ゆっくりと時間をかけたいので、今度は舌を平たくしてソフトに小陰唇全体を覆うようにして、舌をうねうねと動かしていきます。舌の先が膣の入り口あたりにふれるので、そこから溢れた愛液の味わいがよくわかります。舌を密着させたままゆっくりと上下になめていくと、MSさんも気持ちよさうに声を出されています。

時々舌先でクリトリスの包皮の上からチロチロと舐めると、MSさんの声のトーンも少し変わって、より気持ちよさそうにされています。あまりすぐに逝っていただくよりはと思い、クリトリスは包皮の上から舌で包むようにして舐めていきます。徐々にクリトリスも固さを増してきて、舌の中ではっきりとした大きさになってきます。MSさんもかなり感じてこられたようで、私の方に脚を乗せるようにして、気持ちの良いところに舌が当たりやすいようにされます。クリトリスもしっかりと大きくなっていましたので、全体を包皮で包むようにして少し強めにぐいぐいと舐めていきます。最初はソフトな感じで逝っていただこうかなと思っていたのですが、クリトリスに直接舌が触れると、MSさんはより大きな声を出して感じておられるので、やはりクリトリスを直接刺激して感じていただくと、逝っていただけました。

逝っていただけたあとに小陰唇全体を覆うようにして軽く舐めてみると、逝ったときに溢れた愛液がたっぷりとひだの間に溜まっているのが分かります。そのあともクリトリスは固くなったままですので、少し落ち着いたところで、再びクリトリスを刺激すると何度か逝っていただけたようです。あまり強くすると痛くなるかなとは思ったのですが、包皮の上からクリトリスを舐めていると、それでは物足りないのかMSさんが指でクリトリスが剥けるようにされているので、それからはしっかりとクリトリスを直接刺激して感じていただきます。何度かそんなふうにして逝っていただいたのですが、MSさんが脚を伸ばして私の頭を挟むようにされて逝かれたときに、そのまま舌を伸ばしてクリトリスの先端を刺激つづけたところ、それまでになく大きな声をあげて逝きつづけられて、そのまま私も刺激を続けていると限界に達したみたいで、手で私の頭を持って、もう限界、とおっしゃるのでそこで一息入れさせていただきました。

いつも何度も逝かれて限界になったところで休憩するのですが、今日は最後に逝かれたのがかなり深く長い時間逝かれていたような気がしました。後でお聞きしたら、変になりそう、なのでストップしたとのことでした。しばらく抱き合いながら余韻を楽しんでいただいた後に、再びクンニを始めさせていただきます。いつもなら休憩した後も舐め始めるとクリトリスはすぐにも固さを取り戻してまた何度も逝かれるのですが、今日はなんだかそんなに固くならないままです。それで、固さが戻ってくるまでソフトにゆっくりと舐めさせていただいていたのですが、そういう風にソフトにじっくりと舐められるのも今までと違ってそれはそれで気持ちよかったそうです。

じっくりと舐めているうちになんとかクリトリスも大きさを取り戻してきましたので、MSさんもクリトリスを剥くようにされているので、再びクリトリスを直接舐めさせていただいて、何度か逝っていただきました。いつもならそのあとも連続して何度も逝っていただけるところなのですが、休憩前に逝かれたのが今までになく深く逝かれたからでしょうか、あまり何度も続けてということではなく、ちょっと強くし過ぎてしまったのがいけなかったのか、数回逝かれたところで再び休憩させていただきました。

14723980090.jpeg 14723979570.jpeg

ベッドに横になって抱き合っているところで、いつものようにMSさんが私のものを触ってくださっていただのですが、今日はなぜだか元気がなくて固くならないので、もう少しクンニをさせていただいて、1,2回逝っていただきました。それからまた、かなり長くMSさんが触ってくださっていたのですが、やはりだめだったので、今日はここで終わりになりました。MSさんとの舐め犬ではいつも最後は挿入して、MSさんが上になられて私のが自然にしぼんでくるまで入れたまま気持ちよさを堪能していただいていたので、いつもと違う終わり方にちょっと違和感が残りました。MSさんには申し訳ないですが、元気にならないときは仕方ないですね。

そのあとはリビングでMSさんが買ってきてくださったケーキを食べながらしばしお話をしていました。これまでほぼ毎月のようにお会いしていたのですが、MSさんもいろいろとお忙しくなられて、いままでよりはお会いする間隔が空くようになってしまいました。そういうのもあって、久しぶりなので今日はしっかりと逝っていただきたいと思っていましたが、なにか物足りない終わり方になってしまいました。今度はまたしっかりと楽しんでいただけるようにしたいですね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/906-c797c5a2