FC2ブログ
先週初めてお会いしたAYさんですが、さっそくまた連絡をいただいてお会いしました。先週は何度も逝かれて翌日から筋肉痛になられたそうですが、それが治まってまた舐められたいと思ったところ、今秋を過ぎると生理になってしまって、しばらく会えないので今週のうちにと連絡をくださったそうです。先週家に帰ってからぐったりとしてしまうかと思ったら反対にすっきりした感じだったそうで、AYさんも逝くとすっきりするタイプの方のようですね。まだまだ蒸し暑い中待ち合わせ場所から一緒にラブホへ向かいました。

あまりに暑いのでラブホのサービスのケーキを食べる前にAYさんはシャワーを浴びてすっきりとされました。その間に私はケーキを食べて、AYさんが出てこられたところで、私がシャワーを浴びてすっきりです。前回はAYさんがすごい汗をかいていたので、冷房もちょっと涼し目の設定にして、ベッドへ入らせていただきます。今日は胸から舐めて欲しいとおっしゃっるので、胸の方から舐めさせていただきます。今日はゆっくりと舌の感触を味わっていただこうと思っていましたので、乳首をゆっくりと舐めながら身体を触らせていただいて、それから下のほうへ移動して脚の間に入らせていただきます。太ももの内側を舐めていきながら、脚の付け根のところをじっくりと舐めさせていただきます。

14732570220.jpeg 14732570350.jpeg

小陰唇のひだのぎりぎりのところまで舌を進めて、上下に軽くなめていると、気持ちいい、とおっしゃってすでに感じておられます。それからひだの先端のところを舌で触れるか触れないかくらいにつんつんと舐めていきます。AYさんも前回よりは落ち着いて舌の感触を味わっておられるようです。だんだんと舌の接触する部分を多くして、ひだの両側を上下に舐めていきます。クリトリスの先端の部分に舌が直接触れるとすぐに逝ってしまわれるので、できるだけ直接触れないようにして、包皮の上から舌で覆うようにして、じっくりと快感が高まって行くようにします。AYさんもこの時には逝ってしまわないように我慢をしておられたそうです。舌を平たくして小陰唇を覆いながら、少しずつ舌を動かしていきます。

AYさんもだいぶ慣れてこられたようで、前回はもう体中が汗でびっしょりになるくらいでしたが、ガウンも脱いで裸になっておられたのもありますが、まだまだ快感の入り口のところに踏みとどまって舌を受け入れてくださっています。ときどき膣の入り口あたりを舐めるのですが、こちらもかなり気持ちがよいようで、少し入り口あたりに舌を差し入れるだけで声のトーンが変わってきます。AYさんの場合は最初から膣の入り口がせまくて、舌を差し入れると膣の穴が丸くなっているのがよく分かります。クリトリスも少し固くなってきましたし、太ももの後ろあたりもかなり熱くなってこられたので、そろそろ逝かれるのではないかという感じです。クリトリスの包皮の上から小刻みに舌を動かしてして刺激していると、逝きそう、とおっしゃるのでそこで初めてクリトリスの先端に舌が触れるようにしてしっかりと逝っていただきます。一度逝き始めるとクリトリスから舌をはずさなければいつまでも連続して逝きそうな感じなので、ひとしきり逝ききってしまわれたところで、舌を離して軽くるれるだけにします。

逝っておられる間は腹筋がひくひくと激しく動くのですが、クリトリスから舌をはずしたあとも、しばらくは余韻が続いて腹筋がひくとしばらくは動いています。落ち着いてきたところで、再び小陰唇全体を舌で覆うようにして、再び感じていただきます。一度逝ってしまわれると、後はクリトリスを直接刺激すると確実に逝かれるので、しばらくは私のほうで様子を見ながら次に逝っていただくタイミングをはかります。もう身体も落ち着いて汗も少し引いたかなというところで、再びクリトリスへ直接刺激を加えて逝っていただきます。逝かれている間にクリトリスの先端のAYさんが最も感じるところを軽くし舌で刺激つづけてみることにしましたが、舐めている間ずっと逝かれているようです。そうしているうちにクリトリスもようやくしぼむような感じになってきたので、そのまま舐め続けて完全にしぼんでしまったところで、AYさんが、もう無理、とおっしゃるので一休みすることにします。

ガウンを脱いでおられたのでさすがに前回ほどは汗はかいておられませんが、うっすらとは汗が残っています。両手で胸を包み込むようにして触り始めて、余韻を感じておられる間に身体中を触らせていただきます。落ち着いたところで、再びクンニを始めさせていただきますが、最初はやはり軽く舐めていきます。それでもクリトリスを直接舐めるとすぐに逝ってしまわれる感じです。なので、時間をかけてじっくりと舐めさせていただくのですが、やはりクリトリスの周りは包皮の上からでも敏感になってしまっていて、長く舐めていると逝きそうになられます。途中で前回と同様に指も挿入してほしいということになり、人差し指を挿入しながら舐めさせていただきます。舐めるだけでもすぐに逝きそうな状態だったのですが、指も挿入したのでそのまま逝きつづける状態になってしまいました。クリトリスをぐいぐいと舐めていくと、やはり最後はしぼんできて、それと同時に、もう無理、とおっしゃるので再び休憩となりました。

クリトリスで逝っておられる時は膣の締め付けもしっかりと指を握りしめられているような感触です。逝っておられる間にクリトリスを軽くではありますが、刺激し続けていると、その間はずっと逝っておられるようなので、こちらも軽めになめるようにして、逝っておられる時間ができるだけ長くなるようにします。その時間が他の方よりもかなり長いのですが、ずっと逝きつづけるのは拷問みたいな感じだそうで、ぎりぎりまで我慢するのですが、やはり最後には、もう無理、となってしまわれるようです。AYさんは感じてしまえば後はいつでも逝っていただけるような状態なので、私のほうでそろそろいいかなと思って逝っていただきますが、AYさんとしては、完全に逝くのをコントロールされているように感じられたとか。

14732570470.jpeg 14732570610.jpeg

軽く舐める気持ちよさも味わっていただきたいと思ってはいたのですが、少し舐めているとすぐに逝ってしまわれるので、そうなるとせっかくですから逝っておられる間はずっとクリトリスの先端を刺激し続けるものですから、最後には、もう無理、となってしまいます。そのためか、前回よりも舐め始めてからもう無理となるまでが短くて、何度も一息入れるようになりました。もう無理となった時にはほんとに苦しそうにぐったりとされているのですが、少しすると元気になられます。何度逝っても眠くなったりはならないようです。ただ、だんだん脚の方もがくがくとするようになってきて、油断すると脚が閉じられなくなるような感じになっているとおっしゃっていました。

休憩しているときにお話していたのですが、AYさんも昔はこれ以上連続して逝ってしまうと変になると途中でストップをかけていたことがあったそうですが、それをやめて我慢しなくなってから、今のように連続して逝けるような身体になったのだそうです。これ以上したら変になると、おっしゃる女性の方は多いのですが、その変になるというのはどんな状態なのか、変になるとか体験したこともない男性の私としては非常に興味がわくところです。意識が飛びそうになるとかそんな感じなのでしょうかね。ともあれ、今回も時間いっぱいまでたっぷりと何度も逝っていただけてよかったです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/908-6d9e7778