FC2ブログ
連休も最後ですが、今日は初めてですが朝から待ち合わせをして、TMさんとお会いしました。先月に初めてメールをいただいたのですが、お会いできる時間が午前中がよいということで、私も休日ですが普段の平日の仕事へ行くのと同じような時間に家を出て待ち合わせ場所へ向かいました。さすがにまだ人通りも少なく待ち合わせも人が少ないのでTMさんが私を分かってくださってお会いできました。アラフォーの主婦の方ですが、かなり細身の方です。そこからラブホへと歩いて行ったのですが、少し後ろを歩いてついてこられたので、会話はかなり少なめでした。

まだ朝早いので多分泊りのお客さんとかが部屋にいるからでしょうか、部屋もちょうど1つだけ空いていたので、そこに入ることにしました。ちょっと古臭い感じの部屋でしたがまぁかなり広々としているのでそんなに悪くはありません。まずはTMさんにシャワーを浴びていただくことにしました。ガウンを着て出てこられて、それから私がシャワーを浴びます。ソファーに座って待っておられたので、そこから一緒にベッドの方へ移動しました。ガウンのすそを少し開いて脚のあたりを触らせていただきます。細身の方なので脚の方もかなり細くてすらっとした感じです。

早速ではありますが、掛布団を落として、TMさんの脚の間に入らせていただきながら、太ももの内側あたりから舐めさせていただきます。脚の付け根の方へと舌を進めて行くにしたがって、TMさんも感じてこられたようです。メールのやり取りでは最近あまり濡れないので興奮剤とか持って行った方がよいでしょうかとおっしゃっていたのですが、全くそんなものは必要がないくらいに感じやすい方なのが少し舐め始めたところで分かりました。

14742950570.jpeg

脚の付け根あたりを上下にゆっくりと舐めているあたりで少しだけ声を出し始められました。小陰唇の両側あたりまで舌を進めて、ひだには触れないようにしながらぎりぎりのところを舌で触れながら舐めていきます。脚のだんだんと慣れてこられたのか舐めやすいように開いてきました。そして、小陰唇のひだのところへ舌を軽く触れるようにして上下させると声も少し大きくなったようです。小陰唇が小さめなので舌で全体を覆うことができるくらいで、全体を覆いながら舌をゆっくりと動かしていきます。まだそんなに長くは舐めていないのですが、クリトリスがしっかりと固くなっているのが、包皮の上からでもよく分かります。大きさはそんなに大きな方ではありませんが、とがったところがかなり固くなっています。

舌でクリトリスの位置をはっきりと感じながら、それでも最初のうちは全体を舌で覆いながらゆっくりと舐めて感度をあげていただきます。下から上に向かってペローンと舐めると声もおおきくなるので、そういう舐め方がお好きのようです。ゆっくりと舐め続けているうちにクリトリスもこれ以上ないくらいに固くなってとがってきていましたので、その上から包皮で包むようにしながら少し強めに舌で押すようにして舐めてみると、ちょっとクリトリスよりも下のところを押すようにすると、身体をすこしのけぞるようにして力みながら感じておられて、そのまま押し続けている間も、声を出しながら気持ちよさそうにされて、舌を緩めたところでTMさんも脱力して、はぁはぁと激しい呼吸をされて、逝っちゃった、とおっしゃいました。

少し軽めに舐め方を変えながら、逝かれた後も続けて舐めていました。ガウンの前を開いて、乳首も触らせていただくとより感じ方が激しくなってきます。アラフォーの方にしては痩せているのに胸の張りのある方で、手の中にすっぽりと納まるきれいな形をされていました。最初に逝かれた時の様子をみながら、2回目、3回目も逝っていただけそうな方だなと思って、しばらくは軽く舐めながらまた逝きそうになられる時を待って舌の感触を味わっていただきます。かなり感じてこられたところで、クリトリスを包むようにして押していくと、やはり2回目もすっきりと逝っていただけました。

そこで少しお休みをして横に並んで抱き合うようにして、逝った後の余韻を楽しんでいただきました。このあたりからTMさんも落ち着いてこられたのか、割とお話もできるようになって、メールでおっしゃっていたよりも全然感じやすいですね、というようなお話をしました。少し休んでから、再びクンニを始めましたが、かなり感じておられたので膣の入り口あたりをなめてみたところ、入り口がかなり締って小さくなっており、そこへ舌を少し入れるようにするとクリトリスを舐めている時とはまた違った感じ方で声を出されます。膣の入り口とクリトリス周りとを交互に舐めたりしながら、また逝っていただける状態になるまで感度を高めていただいて、そろそろ逝けそうかなというところでぐいぐいと押すようにすると、やはり身体を少し反らすようにして身体に力を入れながら逝ってしまわれます。

舐めながら身体全体を触ったりもするのですが、感度が高まっているので、それも気持ちよさそうにされたいました。クリトリスを直接舐めたりとしましたが、大きく声をあげて反応をされていました。そのあと軽くクリトリスの周りを舐めたりしても逝きそうになられていたので、直接舐めるのはちょっと強すぎたかも知れません。また何度か逝っていただいたところで、再び横に並んで抱き合いながら余韻を楽しんでいただきました。それから、TMさんが、入れて欲しい、とおっしゃるので挿入もさせていただいたのですが、かなりきつくて挿入できてからも、入り口から先端までギュッと締め付けられるような感触です。TMさんとの挿入はもちろん初めてというのもありましたが、腰の動きを止めても締め付けられる気持ちよさで、珍しく射精までしてしまいました。

もう少し挿入でも楽しんでいただければよかったのですが、少し休んでから今日の舐め犬は終わりになりました。ブログのほうは書いてもOKということでしたので、書かせていただきましたが、写真はNGでしたので、ホテルの写真だけです。TMさんがシャワーを浴びられてから、外へ出ましたが、まだ昼になったばかりの時間ですので、まだまだ人通りもこれからという具合で、空いていました。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/912-ab352a16