FC2ブログ
昨日になりますが、MSさんとお会いしました。私が夕方からお芝居に出かける予定となっていたのでいつもより短くなるのですが、その分いつもよりも早めにお昼前から自宅の方へ来てくださいました。このところお忙しくされていたのですが、ようやくそれから解放されたそうです。お昼前ということでお昼ご飯を買ってきてくださったので、ちょっと早めですが先にご飯を頂きながら、いろいろとお話をしていました。まぁ、いつもお会いしてからはしばらくリビングでお話はしているのですけどね。

食べ終わったところでシャワーを浴びていただいて、寝室の方でしばしお待ちいただきました。歯磨きを終えて私も寝室へ入ってMSさんが横になっておられるそばですっと布団に入って、MSさんの太ももあたりを触らせていただきながら、そのまま抱き合ってしばらくキスなどをしていました。抱き合いながら私の脚をMSさんの股間に差し入れて脚を絡ませながら気持ちを高めていただきます。それからおもむろに下の方へ移動して、布団を剥ぎ取って、MSさんの脚の間に入らせていただきます。太ももから舐め始めて、脚の付け根あたりに舌をぴったりとくっつけてゆっくりと動かしていると、MSさんも感じてこられて少し声を漏らし始めます。

14772333960.jpeg

だんだんと小陰唇のひだの周りに舌を近づけて、焦らすようにして、小陰唇の周り舌を触れていきます。しっかり時間をかけた後に、小陰唇のひだに触れると、あっ、とMSさんも声をあげられます。最初はひだの先端ん軽く舌が触れるくらいにしてひだの上から下まで少しずつ舌を移動しながら舐めていきますが、だんだんとひだに触れる範囲を大きくして、最後はべったりと舌で覆うようにして、ひだの両側を舐めていきます。ひだの間に舌を差し入れるころには愛液がひだの中にたっぷりと溜まっています。小陰唇全体を舌で覆うようにして、少しじっとして舌を動かさないでいても、MSさんには十分に感じていただけているようです。ひだの上を左右に舌を動かして、だんだんとクリトリスの上あたりに近づいていきます。クリトリスの上から舌で包み込むようにしてゆっくりと動かしていると、クリトリスがだんだんと固さを増してくるのがわかります。

ここで、包皮と一緒にクリトリスの周辺から口の中に吸い込むようにして、舌を動かしていくと、MSさんの声のトーンも少し高くなっていきます。クリトリスを包皮でくるっと包み込んで、その上から少し強めに押すようにして舐めていくと一段と声も大きくなって、腰を浮かせながら私の口に股間を押し付けるようにされます。そうなるともう十分に感じておられるので、クリトリスの下あたりを押すようにすると軽く逝っていただけたようです。そのまま休まずに軽めに舐め続けながら、再び逝っていただけるチャンスをまちます。こういう時は膣の入り口を舐めさせていただいたりしますが、逝かれた後には愛液がさらにたくさん溜まっているのが分かります。

最初はあまりクリトリスに直接あたらないように包皮でくるみながら徐々に舐め方も強くなっていきます。MSさんはクリトリスのところを吸い込むよりは唇を押し付けるようにしてクリトリスをぷっくりとさせてから刺激する方がお好みのようです。ぐいぐいっと押すように舐めていると少し大きめに逝かれたので、そこで一休みさせていただきます。MSさんの余韻が落ち着くまでしばらく抱き合いながらMSさんの背中などを撫でたりしていきます。脚はMSさんの股間に差し入れて太ももで押すようにしていたのですが、途中でMSさんが脚を組み替えて、指で触って欲しいとおっしゃるので、キスをしながらクリトリスを指で触らせていただきます。固くなったクリトリスを包皮の上から指で刺激しているとMSさんもかなり感じておられるようです。

しばらく指で触っていたのですが、かなり感じてこられたので、下へ移動してクンニを再開させていただきました。すでにクリトリスは敏感になっていたのですが、舌で舐めていると、クリトリスを直接刺激する方が気持ちよさそうにされているので、途中からは包皮で包むのはやめて、固くなってむき出しになったクリトリスを押すようにして舐めていきます。何度か逝かれたようなのですが、クリトリスを直接刺激していても大丈夫そうで、MSさんもクリトリスがもっと剥けるように手を股間のところに添えたりしておられるので、舌の力を緩めずにぐいぐいとむき出しになったクリトリスを舐めていきます。

いつもよりはかなり強めに舐めて続けていたのですが、MSさんが、逝く~、とおっしゃるので同じ強さでぐいぐいと舐めていたところ、大きな声をあげて逝ってしまわれました。そのあとも同じように舐めていたのですが、その間中ずっと大きな声をあげ続けてかなり深く逝ってしまわれたようです。こんなに長く大きな声で逝かれたのは初めてではないかと思うくらいに、しっかりと逝かれたので、舌を離すと、MSさんはそのままぐったりと横になられてしばらくじっとされていました。いつもなら逝かれたあとは抱き合いながら余韻を楽しんでいただくのですが、今日はめずらしくそのままぐったりとされていました。

最近のお疲れもあったのかも知れませんが、そのあと、しばらく眠られたので、私も一緒に横になって眠っていました。小一時間くらい眠ったのかも知れませんが、そこでアラームが鳴ったので私が出かける時間になってしまいました。いつもなら休憩をはさんで3回か4回くらいクンニをするのですが、今日は2回だけで終わりになりました。でも、あんなに深く逝かれたので、こうして少し眠って落ち着かれた方が車で来られているので、安心できます。アラームで目を覚まされてまだすこしぼんやりされているうちに写真の方もとらせていただきました。このところずっとソフトに軽めにという舐め方をしてきたのですが、強く舐めても平気な方の場合にはたまにはこんな風に強めに舐めて深く逝っていただけるのもよいのかも知れませんね。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/917-889084df