FC2ブログ
かなり寒くなりましたね。気が付けば11月ももう終わろうとしていて、月の初めにブログを書いてから全然書いませんでした。舐め犬の体験談でなくても何か面白いことを書ければよかったのですが、なかなかネタが浮かばなくて、、、あ、腰のほうはもうすっかりよくなって、挿入の方も普通にできるようになりました。舐め犬の方もぼちぼちという感じで今月の休日はのんびりとしていることが多かったのですが、今日はOTさんとお会いしました。だいぶ前にメールをいただいて、お休みの都合で今日お会いするお約束をしていました。同年代の女性の方で、これまでに男性とのセックスでも逝くという感じにはいたらなかったそうなのですが、そういう経験ができればということで連絡をいただきました。

待ち合わせ場所で声をかけていただいたのですが、スマートな体型の方でした。メールでは最初はお茶をしてからということでしたが、私もお会いしてみて大丈夫でしたし、お茶するといってもやはりそんなに深い話は公衆の中ではできそうもないので、そのまま直接ホテルの方へ行くことになりました。ホテルの中へ入ってから、ホテルのサービスのケーキをいただきながら、しばし舐め犬を知ることになった経緯などをお聞きしながらお話をしました。オナニーも逝ける時と逝けないときがあるそうなのですが、これまでの経験から言っても、オナニーで逝けるのであればゆっくり舐めさせていただければ逝っていただけるかなと思ってはいたのですが、こればっかりは実際に舐めてみないことには確実なことは言えないですね。

14802564280.jpeg

ケーキの方も食べ終わったのでさっそくOTさんにシャワーを浴びていただくことにします。ガウンを着て出てこられたので、交代で私がシャワーを浴びさせていただきます。ベッドに座って待っていてくださったので、部屋の照明を暗くして、ベッドへ横になっていただきます。最初は少し太もものあたりを触らせていただいていたのですが、すべすべして気持ちのよい感触をされています。お仕事をされていることもあると思いますが、それなりに筋肉がついているので、割としっかりとした太ももの感触です。横になっていただいたので、それではということで、掛布団を落として脚の間に入らせていただくのですが、初めての舐め犬の体験でいきなり脚の間に私が入ってくるのがかなり恥ずかしかったようで、クッションで顔を隠されました。そんな中で太ももの内側から舐めさせていただきます。

だんだんと脚の付け根の方へ舌を近づけていくのですが、パンティの際のあたりを舐めているところで、OTさんから少しだけ声がもれて気持ちよさそうにされています。パンティの際をゆっくりと舐めた後に、パンティをとらせていただいて、脚の付け根から小陰唇のひだの間を舐めさせていただきます。お腹のあたりもすっきりとされていて、すべすべな感じが気持ちよいです。いよいよ小陰唇のひだのところをつんつんと舌を触れさせていると、OTさんの声もはっきりと聞こえて、感じやすいところが分かります。徐々に舌を広く触れさせるようにして、クリトリスの上あたりを覆うようにしていくのですが、まだ舐め始めてそんなにたってはいないのですが、小ぶりですがしっかりと固くなったクリトリスが舌ではっきりと分かる状態になっています。

クリトリスの上あたりを舐めた後には、小陰唇のひだ全体を口に含むようにして、舌をゆっくりと動かしたりします。だいぶ落ち着いてこられたところで、OTさんも顔からクッションをはずして舐めているところを見ておられます。クリトリスもしっかりと固くなっているので、少し強めに押すようにしてみると、OTさんも腰を浮かすようにしたり少し力んでおられたのですが、何度かそういうことがありつつも、逝きそうで逝かない、とおっしゃっています。時間をかければ大丈夫だろうと思いつつあまり焦らないように緩めに舐めたり、強めにしてみたりを続けていきます。そのうちに、OTさんが私の頭を脚で挟み込むようにしながら、あ~、と言って逝かれた感じだったのですが、逝ったのかな、とちょっと違うようでしたので続けて舐めていたところOTさんが手で開くようにされたのでクリトリスを直接刺激する方がお好きなのだと思ってそれまでよりもしっかりと固くなったクリトリスを舌で刺激すると、再び、あ~、と大きな声を出して今度はしっかりと逝ってしまわれました。

そこでOTさんも脱力されてベッドに身体を横たえるようにされていたのですが、そのまま軽めに舐め続けていきます。しっかり逝ったあとなのでもう身体が受けるつけないようでしたので、ここで少しお休みをすることにしました。横に並んで胸を触らせていただいていたのですが、胸も敏感になっていて、乳首を触っていると気持ちよさそうにしておられました。しばらくして、触ってもいい?、とおっしゃるのでOTさんに私のものを触っていただいて、元気になってきたところで、舐めたい、とおっしゃるので口でしていただきました。口でされるのがかなり上手なのでとても元気になってきて、そのままOTさんが上になって挿入をされました。それほど腰を使わずに、挿入した状態でじっくりとその感触を味わっておられるようです。しっかりと逝った後ですので膣もすごく締ってしっかりと咥え込まれているような感じです。

14802564410.jpeg14802564640.jpeg

ときどきOTさんは私の上で身体を反らすようにしておられたのですが、そうすると当たり所がよいのでしょうか、結構長いあいだ上に乗っておられて、腰をグラインドさせたりしながら、気持ちよさを味わっておられます。後でお聞きしたところ、これまで挿入でこんなに気持ちいい感じになったことがないとのことでしたが、多分逝った後に膣がしまった状態で挿入しているのでそんなに動かしたりしなくても気持ちよいのでしょうね。あと、これまで以上に、膣の中で擦れる感じがはっきりと伝わってくるとおっしゃていました。それは初めてお聞きすることだったのですが、やはり全体に敏感になっているということでしょうか。少し私のが柔らくなったところで抜けてしまったのですが、するとOTさんがまた口でしてくださって、元気になったところで、再び上に乗られて、挿入の感触を楽しまれました。女性の方がこうして自ら気持ちよくなるように遊んでくださっているのはなんだかうれしい感じです。

入れたままで膣がヒクヒクするのを感じていたのですが、少しOTさんが腰を使って出し入れされるようになって、入れるときが何とも言えない、としばらく続けておられたのですが、そこでだんだん私も気持ちよくなってしまって射精してしまいました。なんだかこのところ今までになく射精することが増えていて、どうしてなんでしょうね。

そのあとはベッドでしばらく横になってお話とかしていたのですが、まだ時間もありましたので、軽く舐めさせていただくことにしました。やはり最後にはクリトリスを直接刺激するくらいに強めの方がお好きにようで、OTさんが手で剥いた状態で舐めさせていただいたら、すぐに逝ってしまわれました。OTさんは触るのがお好きみたいで、逝ったあとのまどろんでいるときに私のものを触っておられました。

OTさんがシャワーを浴びてから、買ってきてくださったお菓子がありましたので、温かいコーヒーを入れて一緒にいただいてからホテルを出ました。出たときには雨が降っていましたが、ホテルの部屋がかなり暖かかったので、少しひんやりとした外気が気持ちよいくらいでちょうどよかったです。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/921-5255948b