FC2ブログ
今日はしっかりと仕事納めをしてここ数年の中では早めに休みに入ることができました。来年は4日から働くつもりなのでちょっと短い休暇になってしまいますが。それで、昨日連絡をいただいて夕方からMAさんとお会いしました。たびたび連絡をいただいているのでそんなにブランクがあったとは思いませんでしたが、GW以来久しぶりのことになりました。なかなか都合が合わずにお会いできないままになっていましたが、仕事帰りにラブホへ行くことが多いので、自宅でお会いするのはかなり久しぶりです。

お会いする前にLINEで、今回はできるだけクリトリスは避けて焦らしてアナルもたくさん舐めて欲しいということと、バイブを持って行くのでそれを挿入しながら舐めて欲しいという依頼をいただきました。直接マンションまで来てくださって、しばしリビングでお話をさせていただいて、今日はちょっとテンションが高めのMAさんです。そろそろということで、シャワーを浴びていただいて、いつもの赤いスリップで出てこられたので寝室の方へご案内してしばし待っていただきます。ベッドに座って待っていてくださったのですが、前回三角枕を下に敷いて舐めさせていただいたので、今日はいくつかあるうちのどれにしましょうかということで、一番低めの三角枕がやはり使いやすいのでそれを腰の下に弾いていただきます。

14828406100.jpeg 14828406340.jpeg

掛布団を下へ落として脚の間に入らせていただいて、太もものところから舐めさせていただきます。脚の付け根から小陰唇のひだの近くまで舌が近づいて行くにつれて舐めやすいように少し広めに脚を広げながら軽く声を出して感じ始められています。いつも周辺からクリトリスへと近づいては行くのですが、焦らして欲しいとの要望でしたので、ひだの両側を入念に舐めたあと、ひだの上に舌を軽く触れさせてようにしますが、クリトリス周りは出来るだけ触れないようにして、ひだのあたりをじっくりと舐めていきます。口をもっと下の方へ移動して、アナルのあたりにも舌を伸ばして、舐めているとちょっと声のトーンが違ってきます。クリトリス、膣周り、とはまた違った気持ちよさなのでしょうね。

上の方へ戻って来ても、膣の入り口あたりをゆっくりと舐めて、まだまだクリトリスへは直接舌が触れないようにしながらも、徐々に感度をあげていただきます。ひだを舌に絡めるようにして左右にゆっくりと動かしたりしながら、だんだんとクリトリスの方へ近づいていきます。ひだの間に舌を差し入れて愛液を絡めながら舐めているとかなりMAさんも感じてこられてきましたので、もういいころかなと思ってクリトリスを包皮の上から軽く舐めるようにします。包皮のぎりぎり切れ目あたりを舌先で軽くチロチロとしていると、MSさんも声を出し始めて、腰の動きも大きくなってきます。クリトリスの上に舌を乗せたまま腰の動きに合わせて舌が外れないようにして、気持ちよくなっていただきます。腰の動きも落ち着いてきたところで、今度はじっくりとクリトリスの包皮の上に舌を触れさせて軽く左右に動かしたりしていきます。このまま強めに舐めると逝きそうな感じだったのですが、できるだけ時間をかけたいと思って緩めに舐めていきます。

ちょっと緩すぎたのか、MAさんが指を挿入してほしいとおっしゃるので、指をゆっくりと挿入しましたが、すでにかなりきつく締って指が締め付けられます。半分ほど挿入できたところで、口もクリトリスを舐めるようにすると、一気に絶頂を迎えられて、それを見て少し強めにクリトリスを押すようにして逝きます。そのままかなりクリトリスが小さくなるまで口を離さずにいると、一度逝き終わったかなというところでまた声をあげて逝ってしまわれて、いつもより長く逝っていただけたようです。はぁ~、とちょっと一息ついたところで、すぐに唇をかるく触れさせるようにして舐めていきます。クリトリスからは少し離れて膣の入り口に舌を差し入れたり、鼻を膣の入り口あたりに押し付けながら舌をアナルのあたりに触れさせて舐めていきます。

クリトリスの方へ戻って来ても軽く包皮上から小刻みに舌を動かして舐めていきますが、いつもよりかなり軽く舐めているのですが、クリトリスのあたりはこれくらい軽めに舐めていったほうがいいみたいで、しばらく舐めているとその感触をしっかりと楽しむように腰の動きも止めてじっとしておられるようになります。ときどき舌の方からペローンと舐めたりもしますが、軽めに軽めに舐めていると声のトーンが変わってきてまた逝きそうになっておられるようなので、腕を伸ばして乳首を触らせていただくと、腰を浮かせてぐっと私の唇に押し付けるようにされてきたので、唇をつぼめてクリトリスのところを少し強めに押すようにして、そのまままたしっかりと逝っていただけました。逝きそうになるまでは軽くして置いて、ほんとに逝きだしてから強めにするのがMSさんには合っているみたいです。

ここで、いよいよ持参されたバイブを使ってみましょうかということで、ショッキングピンクのバイブを取り出されました。しっかりと濡れておられましたが、少し潤滑液をつけて挿入させていただきます。クリトリスを責める部分があたるまでは少し奥まで入れなければなりませんが、しまっている膣に徐々に深く挿入していきます。調度クリトリスにも振動が伝わるようになったところで、MAさんも腰を動かして感じておられます。このままでは舐め犬の意味はありませんので、バイブは挿入したまま乳首の方を舐めさせていただきました。クンニでも乳首への刺激が加わるとかなり逝きやすくなられるので、バイブでも脚を閉じでしっかりと振動を感じながら逝ってしまわれました。クンニも一緒にということで、クリトリスへ当てる部分をアナルの方へ向けて挿入して、クリトリスは私の舌で舐めさせていただくのもしてみましたが、やはりクリトリス用をアナルにむけるとあまりよくないみたいですね。今日これを初めて使用されたそうですが、これからはオナニーで活躍しそうです。

14828406460.jpeg 14828405940.jpeg

そのあとは、普通にまたクンニへ戻って舐めさせていただきました。MAさんはいつもは割と短い時間で満足されて終了となるのですが、今日は軽く舐めていたのがよかったのか、クンニを始めると感度が上がってくるまで静かに舌の感触を味わっていただけるようになってきました。そのあと、2,3回ほど逝っていただいたと思うのですが、最後は軽くクリトリスの包皮の上を舌で触れている程度で舐めていたのですが、時折、尿道から膣の入り口にかけてビクンとなるのを感じました。普通はヒクヒクすることはよくあるのですが、明らかにそれよりも大きく波打つようになります。ここでもそのまま強めに舐めると逝きそうな感じではあったのですが、軽めに舐めるのを続けていると、何度か続けて大きくビクンとなって今までにない感じ方をされているようです。最後に逝かれた時も、唇を離さずに舌全体でクリトリスを押すようにしていると、逝き終わったかなというところで再び声をあげて絶頂を迎えるのをくりかえされました。

去年まではもうすこしあっさりとしたクンニだったように思うのですが、今日はあたらしいバイブを試したり、テンションが少し高かったのか、逝っていただく回数もそうですが逝っていただくときの声の上げ方とか今までにないくらいに乱れた感じになられて、私もうまくMAさんに合った舐め方ができるようになったみたいで嬉しい限りです。

MAさんにはいろいろはポーズで写真を撮らせていただいたりしているのですが、今日はバイブも一緒に画面に入れて撮らせていただきました。バイブはMAさんの愛液が乾いて少し色がくすんでいたのですが、フラッシュで撮ると鮮やかなピンクに写りました。そのあとシャワーを浴びていただいて持ってきていただいたケーキをいただくところで、リビングのソファーでもバイブと一緒に撮らせていただきました。MAさんは裸でいるのはそんなに抵抗はない方なので、リビングも暖かかったのでシャワーのあともスリップのままでケーキを食べておられましたが、食べ終わってから着替えられて、駅までお送りしてお別れしました。仕事納めと一緒に舐め犬もできて、よい一日でした。
関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://eurika0000.blog44.fc2.com/tb.php/928-a80802e6